1日3時間のゆとり習慣!効率UP仕事術
■メールマガジン・アドレス登録
メールアドレス(半角):
■メールマガジン・アドレス削除
メールアドレス(半角):


Powered by melma!
+ mail
カウンタ
1日3時間のゆとりを持って好循環を生み出しましょう!時間管理術等、効率UPの為の仕事術紹介
  • 1日3時間空けておくことは、betterではなく、must!   客先、システムのトラブルや、急なミーティング等、割り込まれる時間を考慮すると、2hは確保したい。   更に、今日1日の業務報告作成、及び、効率改善作業の時間に、1hは確保したい。   結果で勝負する為に、空けた3時間は、効率UPで対応する。
  • 判断するまでの時間が、実は一番時間がかかっている   モノを書く(タイピングする)時間は、実はそれほど費やしておらず、個人差も小さい。。   企画・問題解決する=判断する時間が、多くの時間を費やしており、個人差が大きい。
  • 2刀流システム手帳術   小手帳と大手帳を使い分けよ。   小手帳(メモ帳、ミニ5穴システム手帳)を常に胸元に携帯すれば、いつでもどこでもアイデアが拾える。   大手帳を机の上、カバンの中に携帯すれば、いつでもどこでもアイデアの展開化、体系化ができる。
  • 「あとでやろう」は、いつまで経ってもできない   優先度の高いもの、重要なもの、効果の高いものから始めよう。
  • 「捨てる」技術   頭に残っているものが全て(アインシュタイン)
  • ボールはすぐに打ち返せ!   あとで打ち返すときは、すぐ打ち返したときの数倍のエネルギーと時間が必要なボールがある。   感触・手ごたえを確かめて、判断の場合の和を減らせ。
  • 明日あなたが死んでしまっても、仕事が回るようにしておく   突然、休暇を取ってみよ。あなたに求めている最小限の役割が明確になる。
  • 苦労人で終わってませんか?   教訓を引き出して、自分のものにするまで、実行&管理を繰り返さないと、苦労した意味が無い。
  • 時間の見積もりが甘くありませんか?   無根拠営業努力見積もりが、品質に影響与える事を、よく理解していただく。
  • 他人の分まで仕事していませんか?   自分でなくともできる仕事は、他人の仕事と思え。
  • 忙しい時でも暇な時でも、仕事の品質は同じはず?   暇な時に丁寧な仕事をしている人は、多忙期に時間を多くとられるだけではなく、品質が悪くなったときに責められる。
  • マイルストーンの重要性   計画の為の計画ではなく、遂行の為の計画がマイルストーンだ。
  • 平時に戦時をシミュレートする   プロアクティブオペレーション、トレードオフオペレーション、コミュニケーションオペレーション   プロアクティブオペレーション=将来のリスクを予見する   トレードオフオペレーション=発生したリスクに、柔軟に対応する。   コミュニケーションオペレーション=現在の潜在リスクを洗い出す
  • 自分を評価する人と、評価ポイントのズレはありませんか?   残業する事を、評価者は望んでいるだろうか。   3h縮めても、生産性を保持する為の方法論があればよい。
  • 細切れ時間を上手に使ってますか?   通勤途中(歩いている時、満員電車の中)でも仕事はできる。   無駄な会議は、先にセンサーをしかけた後、自分の世界に入る。
勤務時間に3時間のゆとりを持つ事で、好循環が生まれてきます。そのためには、ちょっとした工夫で可能な事も多いのです。筆者が学んできた時間管理術、システム手帳術、整理術等、仕事効率UPの為の仕事術を紹介いたします。管理者必読です!