串本町のお祭り    


我が町 串本町のお祭りです。
ご一緒に楽しみませんか〜?


★ 画像をクリックすると詳しくご覧頂けます ★
河内祭へ 河内祭
源平の戦いに出陣し、勝利を収めた熊野水軍の凱旋の姿を伝えたものだといわれています。
清流に法螺貝が響きわたり3隻の御舟が「河内様」と呼ばれる川の中の小島(清暑島)を回りはじめると、舟唄が聞こえてきます。
まるで絵巻物をみるようなこの祭典は、毎年7月24日が宵宮で翌25日が本祭です。
ねんねこ祭りへ ねんねこ祭り
五穀豊饒を感謝し、併せて子安信仰、子孫繁栄を願ってのお祭りとして崇拝され数百年続いています。
12月の第1日曜日に田原地区で行われる木葉神社の例祭。
早朝から行われる祭典での子守り神事は、神功皇后の皇子愛育の故事に由来すると伝えられ、乳幼児の守り神として、多くの参詣客を集めています。
火祭りへ 火祭り
本州最南端潮岬望楼の芝焼き『風・音・炎の祭典』
約10万平方メートルの芝生を焼き尽くす炎を撮影に、毎年多くのアマチュアカメラマンが訪れます。この行事には、枯れた芝を焼くことで害虫を駆除し新芽の育成を促すという目的があります。
水門祭りへ 水門祭り
大島地区の水門神社の例祭。
水門神社の祭神、誉田別命(ほむだわけのみこと)応神天皇が大島近くの通夜島に立ち寄った際に島民が船で出迎えたという由来に基づき、区民が総出で多彩な神事を行い、歴史絵巻を再現します。特に二隻の伝馬船が水しぶきを散らす櫂伝馬競漕は祭りの一番のハイライトです。


(BACK)