努力値を効率よくあげる(リトルカップ編)

努力値を効率よくあげるのに、新版からアンノーンが用いられています。
ポケモンの種族値がそのまま努力値に反映されるので(とくしゅはとくこうの種族値)、
種族値の最低が48(HP・ぼうぎょ・すばやさ)のアンノーンが好んで用いられているわけであります。
ニンテンドウカップ2000やウルトラカップなどレベルが高い場合は、アンノーンが最適です。
しかし、リトルカップではレベルが5なので、得られる経験値が多いと、そだてやリセットの回数も増えるわけです。
Lv5アンノーンの経験値は通常で43なので、一般的な経験値91でLv6に達するポケモンは2回で経験値リセットです。
ラッキーの場合は経験値72でレベルアップするので、アンノーンだとわずか1回で経験値リセットです。
さらにケーシィの場合だと経験値44なので、そだてやさんに預けて1歩でも動くとレベルアップしてしまいます。
そだてやさんに往復する分を考慮すると、ちょっと効率が悪いと思われます。
しかもアンノーンは一撃で倒さないと逃げる可能性があります。逃げられたら努力値は入りません。
では、リトルカップで最もよく努力値をあげるポケモンはどれがいいでしょうか。
考えられるポケモンは、一撃で倒せ、しかも得られる経験値が少ないポケモンです。
レベルが低いポケモンがいいですね。
コラッタやホーホーはLv2でも出現し、しかも経験値はLv2でわずか16と少なくてお得です。
クリスタル版では29ばんどうろの夜(以下、ク・29・夜)にコラッタやホーホーがたくさん出るようになりました。

ポケモン出現率と努力値

場所

ポケモン

レベル

出現率

経験値

得られる努力値

HP

こうげき

ぼうぎょ

すばやさ

とくしゅ



29

コラッタ

2

35%

16

30

56

35

72

25

コラッタ

3

10%

24

30

56

35

72

25

ホーホー

2

30%

16

60

30

30

50

36

ホーホー

3

25%

24

60

30

30

50

36

期待値

-

-

18.8

46.5

41.7

32.25

59.9

31.05

いせき

アンノーン

5

100%

43

48

72

48

48

72

アンノーンを倒して得られる経験値は、単純にコラッタおよびホーホーの2体分と考えましょう。
ク・29・夜で最低の努力値はコラッタ2体でとくしゅ50、ホーホー2体でこうげき・ぼうぎょ60。
一方、アンノーン1体で最低の努力値はHP・ぼうぎょ・すばやさ48。
経験値リセットするまでに得られる最低努力値は、アンノーン<コラッタorホーホー×2、です。
しかも経験値の都合上、コラッタやホーホーをもう1体倒せる余裕も生まれてくるかもしれません。

コラッタの種族値の最低(とくしゅ25)よりも、ホーホーの種族値の最低(こうげき・ぼうぎょ30)の方が低いので、
コラッタよりもホーホーを倒す方が数が少なくて済みます。
しかし、わざわざコラッタやホーホーを選んで倒していくよりも、
手当たりしだい出現したポケモンを倒していった方が時間がかからなくて済みます。
クリスタル版・29ばんどうろ・夜の期待値の最低はとくしゅ31.05です。
またぼうぎょは32.25なので、どちらか個体差が小さい方に合わせる必要があるでしょう。

ク・29・夜 (個体差 すばやさとくしゅ)

個体差

努力Lv

必要な
努力値

ポケモン数
(ランダム)

得られる努力値(期待値)

HP

こうげき

ぼうぎょ

すばやさ

とくしゅ

9

44

30,626

162

7,533

6,755

5,224

9,703

5,030

8

46

33,490

255

11,857

10,633

8,223

15,274

7,917

7

48

36,482

351

16,321

14,636

11,319

21,024

10,898

6

50

39,602

451

20,971

18,806

14,544

27,014

14,003

5

52

42,850

556

25,854

23,185

17,931

33,304

17,263

4

54

46,226

665

30,922

27,730

21,446

39,833

20,648

3

56

49,730

778

36,177

32,442

25,090

46,602

24,156

2

58

53,362

895

41,617

37,321

28,863

53,610

27,789

1

60

57,122

1,016

47,244

42,367

32,766

60,858

31,546

0

62

61,010

1,141

53,056

47,579

36,797

68,345

35,428

ク・29・夜 (個体差 すばやさ<とくしゅ)

個体差

努力Lv

必要な
努力値

ポケモン数
(ランダム)

得られる努力値(期待値)

HP

こうげき

ぼうぎょ

すばやさ

とくしゅ

9

44

30,626

156

7,254

6,505

5,031

9,344

4,843

8

46

33,490

245

11,392

10,216

7,901

14,675

7,607

7

48

36,482

338

15,717

14,094

10,900

20,246

10,494

6

50

39,602

435

20,227

18,139

14,028

26,056

13,506

5

52

42,850

535

24,877

22,309

17,253

32,046

16,611

4

54

46,226

640

29,760

26,688

20,640

38,336

19,872

3

56

49,730

749

34,828

31,233

24,155

44,865

23,256

2

58

53,362

861

40,036

35,903

27,767

51,573

26,734

1

60

57,122

978

45,477

40,782

31,540

58,582

30,366

0

62

61,010

1,098

51,057

45,786

35,410

65,770

34,092

上の表の使い方
1.各能力の個体差と必要な努力値を把握する。
2.ぼうぎょととくしゅの個体差を比べ、個体差の小さい方にあわせる。
3.ぼうぎょorとくしゅの個体差のところにいく。そのポケモン数がフルドーピング以外に倒す必要がある数です。
4.各能力ごとに期待値−必要な努力値を計算する。その足りない数がドーピングで補う部分です。下の表を参考。
5.各能力ごとに必要な薬を投与すれば終了。あとはポケモン数の分だけ倒しにいくだけです。
なお、ポケモン数はあくまで期待の上のものなので、当然それ以上倒す必要が出てきます。

薬投与数

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

努力値

2,560

5,120

7,680

10,240

12,800

15,360

17,920

20,480

23,040

25,600

ポケモンを倒す数は増えますが、そだてやさんに行く回数、一撃で倒せることを考えると、
クリスタル版・29ばんどうろ・夜が最も効率がいいことがわかりました。


ではどんなポケモンにとって都合がいいのでしょうか。
・アンノーンにこうかがいまひとつのポケモン(エスパータイプ・かくとうタイプ)
・攻撃能力値が低いポケモン(ラッキー・トゲピーなど)
・少ない経験値でLv6になるポケモン(ケーシィ・ピィ・ププリンなど)

リトルカップだけでなく、Lv10戦でも使えるかもしれませんね。
たまにライコウやエンテイが出現するかもしれないので注意して下さい。

コラムに戻る