初芝清の特集です
名鑑に戻るときはブラウザの「戻る」ボタンでどうぞ

 偉人でも美人でもなく、とりあえずは記録男でもない。 
 闘志をあからさまに出すタイプでもなく、浪花節に訴えるような過去だって特になさそうなこの選手が 
 どうしてこんなに多くの人々を、湧かせたり、心配させたりするのだろうか。 

 私たちはしばしば、赤の他人の初芝を「親戚の目」で見つめている自分に気付く。 
 三塁キャンバスにいても、打席に立っていても、ベンチを暖めていても、浦和で再調整に励んでいても 
 どんな場面で何をしてたって、私たちは常に、初芝の存在を強く意識している。 
 敵チームのスタンドからも、まるで子供でもからかうかのように「はっつしばー!」と野次られているのが聞こえる。 

 いついかなる時でも、喜びであれ、怒りや悲しみであれ、初芝にだけは感情をストレートにぶつけずにはいられない。 
   
 まるで身内の一人のように放っておけない存在だから。   

 そしてきっと彼の姿が、それぞれの自分に、どこか必ず重なっているような気がするから。 
                                王者はいつでも美しい。ハツはいつでも愛おしい。 
                                千葉ロッテマリーンズ 



初芝はいじり易いネタが豊富にある上に 
他人を責めたり馬鹿にしたりと言う言動が無いから 
嫌われる要素*1が少ない 
長くやってる生え抜きのベテランで嬉しいときも悲しいときも 
何時もそこに初芝が居たってのも大きいかな 
よく見ると素晴らしい部分もあるのだが万年Bクラスという 
ロッテを擬人化したような存在というのもあるかも 
*1不甲斐ないプレーでイライラさせられることも多いが既にみんな耐性がついている 
*2神戸3タテや18連敗、M1最強等。しかもそこで印象的な働きをしていることが多い 



ホームラン打ってスタンドから笑いが起きる選手というのは日本球界でもそうそういないだろう




「皆さーん、元気ですかー!!」「それでは早速、行ってみよ〜!!」 
「ハイ!」「6・4・3・併殺!!!」 
「88年」「ドラフト4位」「入団2年でサードのレギュラー」 
ドキドキ 止まらない 
「95年は」「三割」「ベストナイン」「80打点でなぜか打点王」 
いつかは 打撃コーチ多分…… 
ボールが三塁 行くたびに 胸が 胸が 疼くのよ 
ト・バ・シ・テ・ホ・シ・イ 初芝 気合の一振りで 
Double Play 熱いチャンスに 打席に 立って 併殺打 
怒るに 怒れず メガネを 見ては癒されて 
Mr. マリーンズは 全部初芝のための称号 36歳 
まだまだやれる All Night Long I Miss you 
きっとこのまま 素敵な選手 初芝さん 
代打もファームもスタメンも 来期の去就も 本人次第 
現役続けて 五年 十年 いっそ二十年!! 「好きだよ。……大好き!」 
初芝清! 



「まだまだいくよぉ〜〜〜!!」 
「初芝清! 初芝清!」「4番サード 初芝清!!」 
「初芝清! 初芝清!」「右の代打に 初芝清!!」 
「初芝清! 初芝清!」「昔はピッチャー 初芝清!!」 
「初芝清! 初芝清!」「落合→上川→初芝清!!」 
「初芝清! 初芝清!」「イチローのはずが 初芝清!!」 
「初芝清! 初芝清!」「併殺失策 初芝清!!」 
「初芝清! 初芝清!」「初芝清! 初芝清!」 
「初芝清! 初芝清!」「初芝清! 初芝清!」 
「最後にもいっちょー、ハイ!」 
「初芝清!」 


一般にファンタジスタの語はパリーグでは初芝にしか使われていない。 
この場合の【幕張】は枕言葉のようなものと捉えた方がいいような気がする 

初芝がファンタジスタといわれる要因には以下のものが挙げられる 

○敵味方問わず見るものの目を離さない三塁ファウルフライを追いかける際の怪 
 しげな守備 
○巧く打球を捌いた時の誇らしげなさまとエラーしたときにがっくりと肩を落とすしょ 
 ぼくれた様の対比等、スタンドからでもはっきりと喜怒哀楽が判ること 
○田吾作スタイルと呼ばれるソックスを見せるユニフォームスタイル 
○相手チームの三塁コーチにからかわれるいじりやすさ 
○チャンスで確実にゲッツー、三振を繰り返し癒し系と呼ばれる凡打の様とM1時に 
 顕現する無敵の打撃とのギャップ 
○ヒーローインタビューでの天然なコメントと妙に甲高い声 
○更にこれ 
 ttp://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/may/o20030515_40.htm 

長々と書いたが要するに守備時、攻撃時を問わず 
 「あらゆる場面で目が離せない」 
ということからついた通名である。 

関連用語 
M1最強伝説、地上最強打者、鷹専用ソーサ(鷹実況版限定) 



初芝の良さは、勝ち負けですぐ熱くなるようなファソには分からない。 
30年も優勝していない、弱小球団だから愛されてんだよ。 


漏れは美容院で「たまにはブリーチにしませんか?」って店員に聞かれて、ブリーチの意味もわからず「いいっすよ」って答えた話が好き。 
あの頭は衝撃を受けたw 


初芝は守備でやらかすと散々言われているが、 
ライン際の打球やライナーなど、一見難しそうな打球の処理は比較的巧い。 
ヤヴァイのは真っ正面のゴロとフライ。 
ちなみに昨シーズン、守備に付く機会が少なかったとはいえ、失策は0。 




ttp://www.so-net.ne.jp/marines/score/html/report/1005.html 
ttp://www.sponichi.co.jp/usa/kiji/2001/03/08/01.html 
ttp://www.sanspo.com/baseball/top/bt200212/bt2002121308.html 
ttp://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/oct/o20031004_40.htm 
ttp://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/may/o20030515_40.htm 


といううかこれくらい労力をかけてしまうくらいのキャラなんです。