夜光虫

NOCTILUCAE

小泉八雲 Lafcadio Hearn

林田清明訳




 月なき無窮の夜空に、あまたの星がきらめいて、横たわる天の河も、ひときわさんざめいている。風はいでいるが、海はざわめいている。見渡せば、ざあと一つまた一つ押し寄せて来る小浪さざなみが、皆火のようにきらめいている。黄泉よみの国の美しさもこのようではなかろうかと思うばかりである。ほんとうに夢のようである。小浪の浪間なみまは漆黒であるが、波の穂は金色こんじきを帯びて浮び漂っている――そのまばゆさに驚かされるほどだ。たゆげに寄せる浪は、ことごとく蝋燭ろうそくの炎に似て黄色おうしよくに光っている。なかに深紅に、また青く、今また黄橙オレンジ色に、はては翠玉エメラルド色を放つものがある。黄色に光っている浪のうねりの揺蕩たゆとうは、大海原の波動の故ではなくて、何かあまたの意思が働いているように思われる――意識を持っており、かつ巨大にして漂っているもの――あの、暗い冥界めいかいに棲むドラゴンが群れなしてひしめき合い、繰り返し身もだえしているのに似ている。
 実は、この壮麗な不知火しらぬいの輝きを作っているのは生命である。――ごく小さな生命ではあるが、霊的な繊細さを持っている――この生命は無数に群れなすとはいえ、はかないものである。この小さきものは、水平線まで続く潮路の上を流離さすらいながら、たゆみなく変化して、今を生きようとかつ燃えかつ消えゆくのである。さらに、はるか水平線の上では、ほかの億万の光が別の色を脈打ちつつ、底知れぬ深い淵へと往きせてゆく。

 このくすしき様を眺めて、私は言葉なく瞑想する。「夜」と「海」のおびただしいきらめきの中に、「究極の霊」が現われたのではないかと思った――私の上には、消滅した過去が凄まじいほど融解しては輝くという秩序システムの中で、再び存在しようとする生命の霊気とともに、よみがえっている。私の下では、流星群がほとばしり、また星座や冷たい光の星雲となって活気づいている――やがて私は思い至った――恒星と惑星の幾百万年という歳月も、万象の流転の中では、一匹の死にかけた夜光虫の一瞬の閃光にすぐる意味を持つだろうか、と。
 この疑念が湧いて、私の考えは変わった。もはや炎の明滅する、いにしえの東洋の海を望んでいるのではない。私が観ているのは、さながら海の広さと深さ、それに高さとが「永遠の死の闇」と一体となったあの「ノアの洪水」――言い換えるなら、寄るべき岸辺なく、刻むべき時間ときもない「死」と「生」の「蒼海わだつみ」である。かくして、恒星の何百光年もの輝けるかすみである――天の河の架け橋――も、「無限の波動」の中にあっては、くすぶった一個の波にすぎない。

 けれど、私の胸の底にあのささやきをまた聞いた。私はもはや恒星の霞状の波を見てはいない。ただ、生きている闇を観ているだけである。それは無限にまたたいて、流れ込んできては、私の廻りをゆらゆら震えるように行き去ってゆく。きらめきというきらめきが、沸々として心臓のように鼓動している――夜光虫が発光する色合を打ち出している。やがて、これら輝いているもの皆は、たえず明滅している光のり糸のようであり、果てしなき「神秘」の中へと流れ出している……。
 あゝ、私も夜光虫の一匹ひとつである――無量の流れの中にはかなくも漂う、燐光体の一閃光ひとつである、と悟った――私が発する光は、私の思惟が変わるにつれて色合いを変えているようだ。時に深紅ルビー色に、時に青玉サファイア色にまたたく。今は黄玉トパーズ色の炎、さらには翠玉エメラルド色の炎に移り変わっている。この変化が何のためであるかは知らないけれど、地上の生命いのちの思惟は、おおかたは赤い色となるようだ。他方、天界の存在は――霊的なる美および霊的至福のいずれも備えており――、その思惟は青色と紫色とがおもむき深く燃えて、変化の妙を極めている。

 しかし、現世うつしよのどこにも白い光を見ないのは、不思議である。
 すると、どこからともなく「天の声」が聞こえきて、語った――。
 「白き光は高貴な存在ものの光なり。れ何十億もの光を融け合わせて作られん。白き光の輝きに奉仕するのが汝の役目なり。汝の燃える色こそ、汝の価値なり。汝の生きるはその一瞬なれども、汝の鼓動の光は生き続けん。汝の思惟によりて輝けるその刹那、汝は有り難くも「神々を作る者」の一人とならん。」



翻訳の底本: "NOCTILUCAE", in SHADOWINGS AND A JAPANESE MISCELLANY, by Lafcadio Hearn (The Writings of Lafcadio Hearn, Large-paper ed., in sixteen volumes vol. 10), Rinsen Book, 1973.
Reprint. Originally published: Boston: Houghton Mifflin, 1922.
入力:林田清明
校正:林田清明
2011年2月28日作成
2011年4月3日公開
2013年1月1日補訂

●青空文庫提供ファイル
 このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)に提供されています。 この翻訳に関するお問合せは、青空文庫ではなく、こちら、翻訳者のホームページ( http://www.geocities.jp/kaijyonouta/index.html ) にお願いします。

●利用許諾条項(ライセンス)
 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

 「表示. あなたは原著作者のクレジットを表示しなければなりません。
  改変禁止. あなたはこの作品を改変、変形または加工してはなりません。」
という、利用許諾条項の重要な条件があります。上記の二つのライセンスに従っていただければ、翻訳著作権者に断りなく自由に利用・複製・再配布することができます。


●表記について


●図書カード