東京海洋大学海事普及会
部活紹介 活動内容 活動予定 活動報告 プラネタリウム 海事資料室 リンク





プラネタリウム上映会

2017年4月23日        

4月23日(日)にプラネタリウム上映会を開催しました。
海事普及会は、海洋会の協力のもと春の星空や夏の星空そして海と星の関係性について上映いたしました。
20人ほどの方が参加していただきました。
参加者は、海や星について興味をもってきいていただきました。
最後にプラネタリウム上映会に協力していただいた海洋会の方々に、心より感謝申し上げます。



B&G東京湾海洋体験アカデミー

2017年3月30日        

3月30日(木)、B&G東京湾海洋体験アカデミーに参加させていただきました。
海と関わり、海を目指す子供達を増やすことを目的に、小学生から中学生に海に関する体験学習等を提供するイベントです。

私たちはその一環として、参加者と手旗信号を体験したり、海洋大学についてのプレゼンテーションをしました   
参加者は皆満足し、船と海の大学である東京海洋大学に興味を持って下さりました。



むさしのサイエンスフェスタ2016に参加しました。

2016年11月3日        

11月3日(木・祝)に武蔵野市で開催されたむさしのサイエンスフェスタに出展しました。

海事普及会では「ぽんぽん船を作ってみよう」と「船に働く力をみてみよう」の2ブースを出展しました。

「ぽんぽん船を作ってみよう」では、参加してくれた子供たちにぽんぽん船をつくってもらいました。   

そして、その仕組みや船の面白さを体感してもらいました。

  

  

「船に働く力をみてみよう」では実験を通して、浮力と船の原理を子供たちに説明しました。

その後に、ラジコン船を使って、実際に操船してみてもらいました。

両ブースとも、たくさんの子どもたちや親御さんが集まって、海や船について学んでくださいました。



第34回 江東区民まつり中央まつりに参加しました。

2016年10月15日        

10月15日・16日に都立木場公園にて開催された第34回 江東区民まつり中央まつり に参加しました。

両日合わせ44万人と過去最高の来場者数を記録したそうです。

海事普及会では15日に行われた毎年恒例のオープニングパレードで先頭のフラッグ隊を務めました。

また、オープニングセレモニーでは江東区が東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたPR活動の一環として作成したロゴマークをステージ上で披露するお手伝いをさせていただきました。

<ステージ上で江東区のロゴマークを披露している様子>



子供とためす環境祭りに出展してきました。

2016年9月24日        

9月24日に中央区立中央小学校にて、2016年子供とためす環境祭りが開催されました。

海事普及会ではブースで手旗・ロープワーク教室を開いた他、開会式で子供たちといっしょに手旗信号で「ヨロシク」の挨拶を実演しました。

子供たちにお仕事体験をしてもらうサーモンプロジェクトにもスタッフとして参加しました。

<海事普及会ブースの手旗・ロープワーク教室の様子>



山形県・南陽市で巡回活動を行いました

2016年8月24日        

南陽市にて南陽市中学校3校の生徒を対象とした巡回活動を行いました。
本活動では船・海を学ぶ大学生と、内陸の中学生の交流を主眼に、海事普及会学生1名と中学生数名のグループセッションを行いました。海運について、そして海の研究機関としての、商船系大学というについてお話し、ご好評をいただきました。

8/4,8/24の巡回活動では、一般財団法人 山縣記念財団より助成を受けて活動を実施しております。この場をお借りして、山縣記念財団さまに感謝申し上げます。



広島支部海事講演会に参加しました

2016年7月10日        

7月10日、海事普及会は昨年に引き続き、海洋会から参加のお話をいただき、海洋会中国支部主催の「海事講演会」に参加しました。

参加者は小学生20名以上とその保護者の皆さま。内容は、船長協会の鐘ヶ江船長の海運や、海技士についての講演、クルージング、海事普及会による、船員養成機関と大学紹介・体験教室の3本立てでした。
船乗りになるための道は1つではなく、船員養成機関として、大学、高等専門学校、海技教育機構などがあることを説明し、続いて東京海洋大学の学部の構成や、実習の内容、また、就職先などについて紹介をしました。
体験教室は、手旗信号とロープワークを行いました。ロープワークは、実用的なもやい結びや動きが派手なファイヤーエスケープノットなど、3人の部員がそれぞれ少人数の子どもたちに指導を行いました。

私たちが小学生の頃には、船乗りについて知る機会もなかったため、このような海技者について、海や船の文化について触れられるイベントは大事だと感じています。
また、ここでは子供だけでなく、これから子供の将来を時には一緒に考え、サポートしていく保護者の方にも、同じ内容を知っていただくことができます。講演の時に積極的に質問してくださる方もいて、これから海技士を目指す子供たちがいたら、大きな支えになるように思いました。

本講演会でお世話になりました海洋会中国支部の皆さま、日本船長協会さまに改めて感謝申し上げます。



船の科学館の特別体験プログラムに参加しました

2016年8月6日        

船の科学館で開催された特別体験プログラムで、海事普及会が「この食べ物はどこからきたの?」の講演とロープワーク教室を行いました。

身近な食べ物が、どんな船でどこからどのように運ばれてくるかなどを子供たちや保護者の方に向けて紹介しました。
またチャイニーズスクエアマットの製作体験も楽しんでもらいました。



山形県・米沢市で巡回活動を行いました

2016年8月4日        

私立九里学園高等学校(山形県米沢市)にて巡回活動を行いました。
海事普及会は、昨年も同校で海・船の講演を行っており、本年度は65名の生徒の皆さまに講演を実施しました。参加された生徒からは、普段見ることのない船、海についての興味・関心がより深まった、との感想をいただきました。



小山市交流事業が行われました

2016年7月27日        

栃木県小山市の小学生達が東京海洋大学を訪れ、やよいの体験航海や海事普及会の講演会を行いました。

やよいの東京湾クルーズでは、コンテナ船などを海上から間近で見学しました。
講演では、船に関する話や手旗体験を行いました。

子供たちに海や船のことに興味を持ってもらう機会となれば幸いです。



海の日記念行事が開催されました

2016年7月18日        

7月18日に、東京海洋大学の両キャンパスで海の日記念行事が行われました。海事普及会では『氷川丸ものがたり』の上映会やロープワーク、史跡めぐりを行いました。

氷川丸ものがたり上映会には200名を越える多くの方にお越しいただきました。
ロープワーク教室ではチャイニーズスクエアマットの作成なども行い、幅広い年代の方にお楽しみいただけました。
史跡めぐりでは、海の日ともゆかりの深い明治丸や校内の史跡等を案内しました。





横浜研修会を行いました

2016年7月3日        

7月3日に横浜研修会を行いました。
晴れ渡る青空の中、午前中は氷川丸の見学、午後は日本丸と横浜みなと博物館に行きました。

映画『氷川丸ものがたり』の試写会を前に、アールデコ調の船内、デーンマークのB&W社製のエンジン等について、氷川丸のエキスパートの方に特別につきっきりで教えていただきました。

横浜みなと博物館では、現在の港の面白さや必要性、関東大震災における横浜の打撃からの知られざる復興などについて、ガイドの方に熱く語っていただきました。

日本丸では船のことはもちろん、船上での実体験やシーマンシップ、果ては人生についてもOBの方々に教えていただき、新たな視野が開けました。
 希望者は懇親会にも参加し、先輩方に様々なことを教わりました。

OBの方々、ガイドの皆さん、誠にありがとうございました。



古石場こども夏祭りに参加しました

2016年7月2日        

7月2日に古石場文化センターで行われた、こども夏祭りに参加しました。当日、海事普及会のブースでは、ロープワーク教室およびチャイニーズスクエアマットの製作体験を行いました。

ご家族やお友達同士で来てくださった方、6月の海王祭での製作体験で興味を持たれて今回も参加してくださった方々など、多くの皆様にお立ち寄りいただき、お楽しみいただけました。



氷川丸についての勉強会を行いました

2016年6月24日        

7月3日に行われる氷川丸、横浜みなと博物館、日本丸を見学する横浜研修会に向けて、6月24日に氷川丸についての勉強会を行いました。

氷川丸に詳しい、NPO法人日本海洋塾副理事の都築雅彦様にお越しいただき、氷川丸の歴史や構造などについて1時間ほどかけて教えていただきました。 なかでも船員の部屋が客室よりも良い場所にある理由や、チャップリンが氷川丸に乗船した際の話に興味を持った人が多かったようです。

事前に氷川丸について学ぶことで、研修当日は氷川丸についてより深く理解することができました。

氷川丸について教えてくださった都築様、ありがとうございました。



2016年06月06日        

6月4日と5日に越中島キャンパスにて、第56回海王祭が行われました。5日は午前中雨が降り一時は危ういと思われましたが、無事開催することができました。

今年も海事普及会では、ロープワーク教室・1年生によるプラネタリウム展示会・手作りの浮環ストラップ販売等を行いました。

なかでも1年に1度しか公開しないプラネタリウムは大変人気で、遠方より多くの方にいらっしゃっていただきました。

多くの方のご来場ありがとうございます。

ブースでのチャイニーズスクエアマット制作体験の様子
プラネタリウム操作体験会の様子



2016年05月12日        

戦没・殉職船員追悼式に実行委員として参加してきました。私たちは前日設営や会場の受付、入り口での車両管理などの仕事を担当しました。

戦没殉職船員追悼式は公益財団法人日本殉職船員顕彰会が主催する先の大戦で犠牲となった6万余人の戦没船員と、戦後海難などで殉職した船員の追悼を行う式典です。

写真:公益財団法人日本殉職船員顕彰会 提供



ジュニアシッピングジャーナリスト賞のお手伝い

2016年3月29日        

公益財団法人日本海事広報協会主催のジュニアシッピングジャーナリスト賞の表彰式が東京海洋大学越中島キャンパスで行われました。

ジュニアシッピングジャーナリスト賞は今年度で3年目で、審査委員を務められた歌手のアグネス・チャン先生や全国新聞教育協議会会長の木野村雅子先生、本学の黒川久幸先生が審査委員として出席されました。

海事普及会は受付や誘導、受賞者対象の明治丸見学会の付き添いなどを担当させていただきました。

小中学生の発表を見る中で、子供たちが海事のどこがすごいことだと思ったのかやそれを限られた紙面のなかでどう表現していったのかは、今後の私たちの活動に活かせそうです。

     

日本殉職船員顕彰会の記録事業のお手伝い

2016年3月1日        

戦後70年の節目の事業として日本殉職船員顕彰会が行っている、元船員の体験談の資料を作成する事業をお手伝いしています。取材内容の打ち込みを中心に行ったほか、顕彰会の方と共に志摩と神戸へ取材へ行きました。

体験談はどれも想像を絶するもので、戦争というものを1人の人という視点で見直す機会となりました。



メリーポピンズ豊洲の園児たちを対象とした海事体験会

2015年11月30日        

メリーポピンズ豊洲ルームの園児たちと交流会を行いました。当日は、幼児8名と引率の方2人が東京海洋大学越中島キャンパスまで、来てくださいました。

海事普及会からは3人参加し、写真やイラストを用いて、商船や明治丸のお話をしました。その後は、明治丸前の広場をたっぷり使って、元気いっぱいの園児たちと交流を楽しみました。

メリーポピンズ豊洲ルームのみなさま、ありがとうございました。



東京都聴覚障がい者大会

2015年11月15日        

テイアラ江東にて開催された東京都聴覚障碍者大会で、当会は手旗信号を使ったアトラクションを行いました。当会は、会場にお集まりした900名の方と一緒に、手旗信号で言葉を表現し、たいへんご好評を頂きました。

都大会後、手旗信号の体験が楽しかったと言う声がたくさん寄せられたそうです。また、本大会では、本学の黒川久幸教授も講演されました。



むさしのサイエンスフェスタ

2015年11月03日        

東京都武蔵野市で開催されたむさしのサイエンスフェスタに初めて出展しました。

当会ではこれまで、主にロープワークや手旗信号を教材として地域のイベントに出展してきましたが、今回は方向性を変え、「科学を通して海を知る」をテーマに出展しました。

浮力を体験できる実験やラジコン船の模型は子供たちに好評で、述べ250人の子供たちに体験してもらうことができました。



海事教室(都立武蔵高校・付属中学校、海図海事史研究会)

2015年11月01日        

日本海洋塾と協力し、都立武蔵高校・附属中学校天文部の9名(教諭1,高校生1,中学生7)と海図海事史研究会19名を本学越中島キャンパスに招き「海事教室」を開催しました。

海事教室では明治丸や大学史跡見学、プラネタリウム鑑賞会、海事講演会を行いました。プラネタリウム鑑賞会では、「天文と航海」をテーマに、南十字星を中心とした航海にゆかりのある南半球の星々の説明を行いました。

また、海事講演会では、本学の歴史や設備、授業科目について紹介し、後半で日本海洋塾が天文航法について講演しました。



海事広報協会「ワークショップコレクション in渋谷」

2015年8月30日        

子供が主体的につくる・体験することを趣旨としたブースが集まるイベント「ワークショップコレクション」の海事広報協会のブースのお手伝いをしました。

海事広報協会の『“海と船”と遊ぼう!』ブースでは、操船シミュレーターやペーパークラフト教室、スタンプラリーなどのイベントが行われました。海事普及会のメンバーはペーパークラフト作りを教えたり、クイズラリーコーナーで、船の話をしたりしました。

イベント終了後J-CREWプロジェクトのキャラクターと歓談しました。



小山市の小学生を対象とした海事教室

2015年8月06日        

栃木県小山市の教育委員会が主催する海洋大学交流イベントのお手伝いをしました。

私たちは、手旗信号の実演や海洋教室、大学の研究船「やよい」への添乗を行いました。

子供達はもちろん、同伴された先生方からも高い評価を頂きました。



かわさき空と緑の科学館での勉強会

2015年5月24日        
        

海王祭でのプラネタリウム実動展示会に向け、1年生でプラネタリウム見学会を行いました。

少し遠いですが、かわさき空と緑の科学館まで足を延ばし、「南十字星と大航海時代」という海洋大生にぴったりな番組を見ることが出来ました。

番組終了後、解説者の方に工夫している点やプラネタリウム解説のポイント、機械について話を聞くことが出来ました。



※一般社団法人海洋会発行の冊子「海洋」への投稿記事に加筆、修正を加えて作成したものがあります。

     → 過去の活動報告
報道・取材(new) 表彰

   


       

お問い合わせ 

トップページへ
サイトマップ 東京海洋大学
Copyright kaiji_fukyukai ,Tokyo University of Marine Science and Technology All rights reserved.