…大菩薩嶺の山…
 米沢山〜お坊山
 〜よねざわやま・おぼうやま〜
  (1357m) (1421m)  



甲斐大和駅〜米沢山
〜お坊山西峰〜お坊山東峰
〜道証地蔵〜笹子駅

   
平成24年11月10日(土)
 天気  晴れ 
メンバー  5人





甲斐大和駅から国道20号に出て東側へ。

20分も歩けば道の駅「甲斐大和」に着く。

その裏手にある林道を5分も歩いたところが米沢山北尾根の取付点だ。

送電線鉄塔を指すポールが目印。

207号と記し、この巡視路を利用してまずは送電線鉄塔を目指す。

ジクザクの踏み跡を辿り、さらに溝状を直登する。

この間で雑木は一時ヒノキ林にかわったが、再び雑木の林に入る。

登ったばかりで早くも雑木が紅葉に色づき、ところが朝の今の時間帯では陽はまだ山の陰。

そのために山中が薄暗く、紅葉を愛でるどころではない。

[登ったばかりは陽が山の陰で山中は暗い] [それでも赤色を見れば心ははやる]

尾根が明らかに左側に向く感じになってから陽に照らされた紅葉を眺められ、右側では

笹子雁ヶ腹摺山が山容を出す。

送電線鉄塔はじきに着き、鉄塔下のダンコウバイは目が覚めるほどの黄葉だった。

この場所では南アルプスも視界に入り、白根三山の間ノ岳が冠雪しているのが目に付いた。

送電線鉄塔を越してから尾根らしくなり、それと同時に灌木の枝がうるさく感じる。

それでも陽のひかりを受けて紅葉が輝き、鮮やかな赤色でも混じれば気分は一変に調子づく。

うわぁ〜きれい、うわぁ〜きれい、来てよかったな〜、と心の中で何度も叫び、有頂天になって

写真を撮りまくった。

[ダンコウバイの黄色が鮮やか] [ここを登り切って1211m点]


[赤色も混ざって喜色満面]

黄葉するコアジサイが林床を占める尾根で急登を迎え、登り切った高みが1211m点である。

ここを下っている途中で前方に黒い影になって見えた高みが米沢山のようだ。

そこに至るまでに二つのコブを越すことになり、いずれもが険峻な岩混じりの登り下りだ。

急斜面を這って登り、岩稜をじかに越せない場合は巻くなりして上に向かう。

二つ目のコブを越す辺りでは樹木のおおかたが落葉といった様子である。

米沢山に立つやいなや、気になるのはやはり富士山。

樹木越しですっきりとは眺められないが、青空に映えて断然大きい。

南アルプスも米沢山に立てば南部の赤石岳、悪沢岳、聖岳が視野に入る。

少し休憩をしてからお坊山を目指す。

[登山道に出れば樹木は落葉] [ポツンポツンと紅葉が残る]


[いつの時期でも素敵な登山道]

ところどころで小笹の中の登山道を踏んで爽快この上ないのだが、アップダウンが連続して

結構きつい道のりである。

しかも紅葉が終わって意気は消沈、それでもまばらに赤色の木が見られるのが嬉しい。

米沢山から大小を含めて五回数えた登り返しで立った高みが、お坊山西峰。

手前の灌木越しでは八ヶ岳が望めるだろう。

山頂でともかく昼食にし、次はお坊山の東峰を目指す。

この間の樹木の佇まいはいつ来ても素晴らしく、本当に心がなごむ。

新緑、紅葉の真っ盛りに来たい、とは思ってもその時にはついつい忘れて他の山へ行って

しまうのだ。

[八ヶ岳が眺められる] [今日の富士山]


[お坊山東峰から東尾根へ]

半ばそぞろ歩きの態でお坊山東峰に到着である。

山頂の標識を確認し、すぐさま通り過ぎる。

東側に向かって引き続き素敵な森の中へ。

当面はお坊山東尾根を辿ることになるが、ベンチのある辺りで進路を変えるつもり。

お坊山東尾根はこれまで数回通い、今日はお坊山東峰の東側を縫っている山道で下山の

途に付きたい。

お坊山東尾根のジクザク道を歩き、分岐のベンチの場所に来た。

ガイド本の略図では、ここでジクザク道から離れて左側の山道を辿ることになっているが。

はて、さて、左側のどこに踏み跡が。


[大鹿峠からの登山道に合わさった辺り]

ジクザク道をさらに足を延ばして分岐とおぼしき場所へやって来た。

登山道が二手に分かれ、前進する踏み跡がお坊山東尾根に沿って行くもの、進路はお坊山東尾根

に背を向けて左側の山道に移る。

うつくしい森の中をそれこそたゆたうように下れば大鹿峠からの登山道に合わさる。

ベンチが置いてあり、最後の休憩をとってさらに下る。

15分後には大蔵沢大鹿林道に出て、それから10分後には道証地蔵だ。

もとより滝子山の登山口であり、後は林道をそのままのんびり歩き、もう一つの楽しみだった

新酒祭りで賑わう笹一酒造へ。

--コースタイム--
  甲斐大和駅 8:40  道の駅「甲斐大和」 9:00〜9:05
  米沢山北尾根取付口 9:10〜9:15  送電線鉄塔 10:00〜10:05  
  1211m点 10:25  米沢山 11:00〜11:10  お坊山西峰  12:00〜12:30
  お坊山東峰 12:45  登山道合流点 13:20〜13:25
  大蔵沢大鹿林道 13:40  道証地蔵 13:50  笹一酒造 14:55
                     −実動時間− 5時間15分
--参考地図・図書--
 
 「山と高原地図 大菩薩嶺 昭文社」 「地形図 2.5万 笹子」
  「バリエーションハイキング 新ハイキング社」
  
(注意) 米沢山北尾根及び下山道の一部に登山道は有りません
  
  


 

1