…奥多摩の山…
 奈良倉山〜大マテイ山
 〜おおまていやま〜
  (1409.2m) 



鶴峠〜奈良倉山〜松姫峠
〜二輪草コース分岐〜鶴寝山
〜山沢入りのヌタ〜大マテイ山
〜山沢入りのヌタ〜二輪草群生地〜鶴峠


   
平成27年5月11日(月)
 天気  晴れ 
メンバー 単独




               

奈良倉山は一度、長作からバリエーションルートで登ったことがある。

今日は登山地図通りに鶴峠からのスタート。

奈良倉山から鶴寝山、大マテイ山とそれぞれの山頂を踏み、それから

鶴峠へ戻る。

これらの山頂を巡る縦走路には複数のコースが有り、僅かの間を除いて

別コースで行き来できる。

新緑は一段と深まり、歩き始めから急登だ。

しかし、その急登もすぐにおさまり、右側に散策路を分けた。

そこに立つ標識通りに奈良倉山へと目指し、林道らしき砂利敷を数回横断する。

山腹を歩き、一旦はジクザクに進んで尾根に出る。

尾根をからめて二度くらいジクザクに切り、再び山腹へ。

ほどなく松姫峠を指す標識が立っていたが、これが帰路に採るコースであり、奈良

倉山の北側で巻いているものだ。

その登山道を右側に見送って更に山腹を回り込んでから尾根に向かい、高みに

達すればそこが奈良倉山の山頂である。


[登っている間に三頭山の展望が開ける]

南面の切り開きから大きな富士山が望むことができる。

青空の中に富士山が浮かび上がり、雪は5月にしては随分と少ない印象だ。

今年は季節の巡りは早く、奈良倉山の山頂周辺でさえ、新緑から一歩も二歩も

進んで緑の香りが匂い立つようだった。

奈良倉山から先も尾根道を歩き、左側のヒノキの若木越しに富士山を見つつ

5分後には林道に出る。

林道歩きを25分こなし、小菅からの車道に合わさった場所が松姫峠である。

小菅からの車道は上和田を経由して猿橋・大月方面へと結んでいるが、その

方面に通行止めの大きな看板が立っていた。


[奈良倉山からの富士山]

さて、松姫峠からは牛ノ寝・大菩薩峠登山口と記す標識ですぐさま登山道へ。

雑木林の中にのびやかな尾根道が延び、この辺りに来て淡い新緑が尾根全体を

包んでいた。

鮮やかな若葉色が覆う中、身も心も染まるようにして歩く。

先でニリンソウコース分岐の標識が立ち、右側の踏み跡がニリンソウ群生地を

経由する巨樹のみちと言い、帰路はこのコースを歩く。

尚も尾根道へと歩を進め、この頃にミツバツツジを始めて眼にした。

この先でも一、二本を眼にしただけであり、同じ山域に属する奥多摩三山と

比較しても極端に少ない。

鶴寝山に到着したが、奈良倉山同様に富士山の眺めを得るべく南面の樹木が

切り開かれている。

富士山の写真を数枚撮り、進路を西側へ採って尾根道を進む。


[鶴寝山に向かう間の新緑はこんな感じ]


[鶴寝山の山頂はこんなところ]

次の標識で右側後方の登山道を巨樹のみちと記し、先ほどのニリンソウ群生地を

経由する踏み跡がここまで延びている。

この先を標識では日向みちと称して大マテイ山・大ダワを導き、当然のことながら

その方面へ。

先でまたもや標識が立ち、この地点が山沢入りのヌタである。

ここから西側に向かって踏み跡が三本に分かれ、登山地図にコースタイムも記す

南側の日向みちを進めば容易に大マテイ山に着く。

今日は真ん中のコースで大マテイ山を目指したが、踏み跡は若干山頂から逸れ、

必ずしも山頂まで導いていない。

ちなみにトチノキの樹を見物して小菅の湯まで下る登山道が北側の踏み跡である。

大マテイ山で昼食を終えてから大菩薩峠方面の縦走路まで下る。


[大マテイ山直下から山頂周辺の新緑]

日向みちに出たことになり、それから鶴峠に向かって東側の縦走路へ。

明るい日向みちはどこまでも緩やかに延び、山沢入りのヌタもあっという間に

戻れる。

次の標識で巨樹コースに入り、いよいよ本日目当てのニリンソウ群生地に着く。

もっとも花期をとっくに過ぎ、それもあらかじめ見越しての来訪。

咲き乱れるニリンソウは次回に期し、数輪の花を見ておもむろにこの場を

立ち去った。

この間に鶴寝山の北側に巻き、標識にも記す鶴峠方面の作業道で今度は

奈良倉山を巻く。

緑したたる木々の中を歩き、間もなく鶴峠からの登山道に合わさる。

ここまで戻って来たら鶴峠までは僅かの労で下れる。


[咲き残りのニリンソウ]


[奈良倉山を巻いて鶴峠へ]


--コースタイム--
  鶴峠 8:45  松姫峠分岐 9:45〜9:50  
  奈良倉山 10:00〜10:05  林道に出る 10:10 
  松姫峠 10:35  二輪草コース分岐 10:45
  鶴寝山 11:00〜11:05  山沢入りのヌタ 11:30
  大マテイ山 12:00〜12:20  棚倉小屋跡分岐 12:25
  山沢入りのヌタ 12:35  二輪草群生地 13:10
  松姫峠 13:20  奈良倉山分岐 14:05  鶴峠 14:30      

                     −実動時間− 5時間10分
  
--参考地図・図書--
 
「山と高原地図 奥多摩 昭文社」

    





1