…中央沿線の山…
西原峠〜坪山 
 〜つぼやま〜
  (1102.7m) 



登山口(佐野峠を指す標識)〜西原峠
〜坪山〜御岳神社前バス停
〜びりゅう館


   
平成25年4月20日(土)
 天気  曇り 
メンバー 4人





猿橋駅で上和田行きのバスに乗車。

運転手の計らいで佐野峠を指す標識の立っているところで降ろしてもらう。

ここが登山口であり、通り過ぎた小寺が最寄りのバス停になる。

今日は小寺バス停から登山口まで歩くつもりだったが、おそらくこの辺りは自由乗降区間

なのだろう。

下車したのは仲間3人と他の登山者が一人。

標識の立つ場所から車道を離れて簡易舗装道へ。

下って葛野川を渡り、ジクザクに登り返して一軒の民家の脇を通る。

ふと振り返れば車道を挟んだ向かい側の山肌が目の覚めるような新緑だ。

[登山口] [葛野川を渡る]

尚もジクザクに辿り、それから植林の中をトラバースする。

一度折り返して間もなくで尾根に立ち、後は尾根通しで登って行く。

尾根の右側を植林、左側を雑木に分け、登山道が主に雑木林の中なのが嬉しい。

尾根を時おりからめつつ登れば足元ではしだいにスミレが目につき、見上げた雑木は

どれもこれもがみずみずしい新緑で輝いている。

ただ残念なのは若葉を映す背景があいにくの曇り空、今日は下手をすれば午後から

雨模様になるらしい。


[新緑がキレイ]

一時植林の中を通り過ぎ、それからもしばらく雑木の中を歩いてから左側で伐採地が

広がる。

スミレも種類が増え、とりわけ伐採地の方々に咲き乱れているのがネット越しで見られ

草花が春を謳歌しているような眺めだ。

他にもヒトリシズカやツルキンバイ、ヤマブキなどが次々と見られ、最後にカタクリを一輪

だけ見て作業道に飛び出す。

松姫鉱泉との表示があったようだが、この場所が西原峠になり、これからの進路は左側の

作業道へ。 ちなみに右側を進めば大寺山へ導かれる。


[フモトスミレ]


[エイザンスミレ]


[アケボノスミレ]


[フィリフモトスミレ]


[ナガバノスミレサイシン]


[伐採地の向こう側の尖った大峰は一際目立つ山だ]

目指す坪山をダンコウバイ越しに視線に留めてから歩き出し、間もなく作業道は二手に

分かれる。

左側が佐野峠への作業道、それを見送って右側へ行き、少し進んだ先で今度は左側の

トラバースする踏み跡を辿る。

登山道なら、ここにこそ何らかの道案内の標識があって然るべきところ。

ハイカーが少ないことをいいことにして、なおざりになっているようだ。

もっともこの辺りの登山道は近年まで登山地図にも記していなかったもの。

[西原峠に飛び出す手前] [西原峠から左側に進路を採る]

さて、そのトラバース道がほどなく尾根に合わさり、その場所には来し方を西原峠と

記していた。

つまりは逆の方向から歩けば西原峠はすんなり導かれる。

緩やかな登りが続き、この辺りの最高点と思われるところには読み取れない古い標示板を

掲げてある。

進行方向を指して西原峠、あるいは佐野峠とも記しているのだろうか。

ここまで登って来ると樹木は今が芽吹きの最中、これから鞍部までは急坂の下りが続く。

鞍部付近では地形が険しくなり、特に右側はなだれを打つような急斜面だ。

しかし、その中にも多くのミツバツツジやヤマザクラなどが咲き、近づいて写真を撮れない

ことに歯噛みをしたくなる思いだ。

坪山直下の登りを迎え、これを機にヒカゲツツジが増えてくる。

花は終盤の装いだが、随分早くから咲いていたとの情報から、まだこうまで咲き残っていると

は期待もしていなかった。


[坪山に登る手前のヒカゲツツジ]


[これでヒカゲツツジは十分に堪能]

[写真を撮ることに夢中] [ミツバツツジは満開]

ヒカゲツツジのそんな様子にそこそこ満足して坪山に着いたが、ハイカーがほとんど

居ないことには拍子抜けだ。

登っている間にびりゅう館方面の登山道が賑やかだったが、多くのハイカーはすでに

下山したのだろう。

昼食は先に坪山直下で済ましており、ただちに山頂を後にする。

山頂付近がヒカゲツツジの見頃であり、ロープの張ってある急坂が当面の下山道。

ヒカゲツツジに余裕を持って向き合えるのはこれを越してから。

それでも岩混じりの急坂が延々と延び、それにしてもヒカゲツツジの群落は並大抵の

多さではない。

けだし不思議とも思えるくらいであり、ヒカゲツツジを散々に見て更にはイワウチワにも

出逢えてから本格的に気持ちを一層の下山へと駆り立てた。

[坪山の下り始めは急坂] [ヒカゲツツジは途切れることがない]


[イワウチワを見て今日の山行を締めくくる]



--コースタイム--
  登山口 9:05  尾根出合 9:30  西原峠 10:45 
  (昼食 11:35〜11:55) 坪山 12:20 
  御岳神社前バス停 13:30  びりゅう館 14:00  
※ 御岳神社前に下山後、びりゅう館まで歩いたのは臨時バスに乗るためです
                      
−実動時間− 4時間40分
  
--参考地図・図書--
 
 「山と高原地図 高尾・陣馬 昭文社」 「山と高原地図 奥多摩 昭文社」

    





1