Counter                                                                                                                                             ver.2.00                               

                                                                 

since 2010.09.25  管理人 神楽坂フジ丸

 

 

いつもお世話になっています。  神楽坂フジ丸です。

 

私は1999年初頭より医学博士・故高橋日出彦先生が開設した男性型脱毛症(女性も含む)の治療では定評があった伝説の医療機関クリニックビタボナ(東京・成城)に三年半程通院しておりました。

 

そこでは高橋先生が考案された男性型脱毛症の独自治療プログラム「新アロペシア治療法」(最新の学説と治療データに基づいて医学の力で男性型脱毛症を治療する)を受けておりました。

 

「新アロぺシア治療法」は、開発者の高橋先生より愛弟子の医師のみに密かに受け継がれる一子相伝の治療法であり、高橋先生の研究所で対AGA用に独自に開発された門外不出のスーパー治療薬とアイテムを駆使し開発者の高橋先生や高橋門下のドクターの診断・処方・経過観察の下でおこなう在宅治療法です。

私の場合、初診時に、hamilton-norwood scale(ハミルトン・ノーウッド・スケール) で第4期との診断で、完全に薄毛という状態でしたが三年半程の治療の結果、大幅な改善に至りました。

 

私が通院しだして二年後に高橋先生がお亡くなりになられ高橋門下のドクターであり学問上のDNAの継承者である栗山源慎先生がクリニックビタボナの院長に就任されましたが、2002年5月末日に突如、廃院になりました。

 

廃院の理由は高橋先生亡き後の経営者の個人的な事情と聞いております。

 

その後、栗山先生より2002年12月に開院する東京のセントラルクリニック品川(医療法人社団・土合会)で男性型脱毛症の治療を継続する旨の通知がありクリニックビタボナの患者の受入先となりました。

 

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!は、大脳生理学者であり、AGA治療では世界的権威であった孤高の天才ドクター、医学博士・故高橋日出彦先生の医学的功績を再確認し、また高橋門下のドクターであり学問上のDNAとスピリットの継承者である医学博士・栗山源慎先生の研究及び医療活動を患者レベルで全面的にバックアップするサイトです。 

 

 

さぁ私を信じてついて来なさい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

Get!Forum(公開討論室)

Get!Forum(公開討論室)開設のご挨拶 

投稿募集・情報提供のお願いとお知らせ 

                    

 

 

                         

   

 

 

 

 


 

 

    

                     

   

                  医学博士・故高橋日出彦先生            若き日の医学博士・故高橋日出彦先生             

 

 

                              

 医療法人社団 土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 診療カレンダー         AGA(男性型脱毛症)治療では世界的権威であった医学博士・故高橋日出彦先生の門下のドクターであり学問上のDNAの継承者である医学博士・栗山源慎先生の診察が受けられる医療法人社団・土合会セントラルクリニック「育毛・発毛外来の公式webサイトです。

 

NHT紀尾井町クリニック   

 

 

紀尾井町クリニックでおこなわれている自毛移植手術は米国カリフォルニアの医師スティーブン・チャン博士が、確立した世界で最先端のNHT式自毛植毛を日本に導入したものです。NHT方式Natural Hair Transplant(ナチュラル・ヘアー・トランスプラント)は自然で密度の高い仕上がりの自毛植毛を可能にした最先端の植毛技術です。この手術はフォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション Follicular Unit Transplantation(FUT)といい、毛根の単位で植毛する顕微鏡レベルの最新の植毛技術で脱毛領域の面積、植毛用グラフト採取面積、植毛後の相対的密度などを計算し、独自の綿密な分析にもとづいた治療プランをたて、科学的に治療方針を決めていきます。ドナー毛髪をできるだけ100%還元し、頭皮にダメージを加えず、休止期の毛根もできるだけ生かす工夫を重ねて、細かいノウハウを生かした植毛をすることにより、植毛治療の最終目標である自然な仕上がりとボリューム感を実現します。これが紀尾井町クリニックのNHT式自毛植毛です。

 

    

ヨコ美クリニックは1963年に開設された世界でもトップクラスの技術レベルを持つ自毛移植手術専門の名門クリニックです。現在の今川賢一郎院長は多くの書籍・医学論文を執筆しており毛髪再生医療の権威であるとともにアメリカ毛髪外科専門医制度(ABHRS)において現在世界中で150人程度の医師にしか認定が与えられていない最難関の称号Diplomateを日本人医師として初めて取得しました。掲示板や院長コラムは、必見です。2011年11月22日webサイトをリニューアル、2013年03月には旧掲示板から移行する形でQ&Aサイトが新設されました。

 

聖心毛髪再生外来  

  

 

聖心毛髪再生外来ではAGA(男性型脱毛症)や女性の薄毛に対し内服及び外用薬の処方の他、毛髪再生に有効な成長因子を頭皮に直接注入する画期的な治療法であるBENEV社のグロースファクター再生療法が受けられます。

  

HARG治療センター 

Dr.福岡のHARG療法開発日記  HARG療法開発者インタビュー            HARG治療センターは全国170以上の施設で実施されているHARG療法の開発者である福岡大太朗先生が院長を務めるHARG療法の総本山です。福岡先生は2005年に成長因子を用いた再生医療に着目し、国内外の専門家との協力により研究を進め最先端の毛髪再生医療であるHARG療法を開発しました。患者一人一人に対し最適のHARGカクテルを調合するHARG治療センターだけのオリジナル「Dr.福岡スペシャルHARGカクテル」など患者ひとりひとりの症状を見極め、それに応じた調整を行うことで、より大きな効果を発揮することができます。 また2008年3月22日にはHARG療法普及の為の研究機関として「日本医療毛髪再生研究会」立と提供を目的とした研究開発・啓蒙活動をおこなっています。近年はHARG療法の自宅ケア、アフターケア用としてHARGスプレーを開発して患者に提供しています。 

 

国内研究機関

 

 

慶應義塾大学医学部皮膚科学教室・毛髪保存・再生プロジェクト

慶應義塾大学医学部皮膚科学教室『毛髪保存・再生プロジェクト』は、毛髪疾患、特に臨床的に問題となる脱毛症の病態解明及び治療法開発に重点をおくプロジェクトとしてAGA(男性型脱毛症)をはじめ円形脱毛症・膠原病などの代謝性疾患に伴う難治性の脱毛症を研究対象としています。 具体的な研究テーマとして1.円形脱毛症の病態解明・新治療法開発 2.毛周期調節に関わる因子の解析 3.ヒト毛嚢再生の試み、など慶應義塾大学医学部専任講師、医学博士・大山 学先生をプロジェクト・リーダーに日夜、研究開発を進めています。

2013年01月15日には米国の医学雑誌Journal of Investigative Dermatology電子版に、研究成果 「Human induced pluripotent stem cell-derived ectodermal precursor cells contribute to hairが発表されました。

follicle morphogenesis in vivo”

 

1954年8月に、香川県三豊郡にて養鶏畜産飼料添加物として、にんにく乾燥粉末の製造販売を手掛け、現在では,医薬部外品・一般用医薬品・健康補助食品を中心に基礎研究から製品開発・製造、販売まで一貫しておこなう香川県丸亀市に本拠をおく富士産業株式会社の研究施設、富士産業研究開発センター・桐葉・桑白皮研究室の公式webサイトです。

1989年3月には毛髪科学研究の第一人者である医学博士・桑名隆一郎先生の指導の下、育毛剤研究を開始し、2002年3月に桐葉エキスを配合した女性用薬用育毛剤「リリィジュ」を発売。2002年7月には世界皮膚科学会において、桐葉エキスの育毛効果を発表するなど積極的な育毛剤研究を展開しています。

 

           

   

 理化学研究所・多細胞システム形成研究センター(CDB)器官誘導研究チーム・辻孝 研究室公式webサイトです。

日本時間2012年04月18日に科学雑誌「Nature Communications」オンライン版に発表された「成体毛包由来幹細胞による毛髪再生を実証」に関する研究成果は世界中に衝撃を与えました。

Hair Rescue™ - ACELL®+PRP(多血小板血漿)治療法で有名なニューヨークのプラサド美容外科の育毛部門のメディカル・ディレクターであるゲイリー・ヒッツィヒ博士の公式webサイト、New York Hair Loss.でもNEWSとして大々的に取り上げられており、いま世界中で最も注目されている研究機関です。 

尚、本研究は、2008年4月21日に設立された株式会社オーガンテクノロジーズとの共同研究であると発表されています。

 

 サラヴィオ 中央研究所  第7回 世界毛髪研究会議で「最優秀賞」受賞!      2006年07月20日に大分県別府市に創立されたサラヴィオ化粧品の付属のサラヴィオ中央研究所の公式webサイトです。2013年5月4日~6日 英国エディンバラで開催された第7回世界毛髪研究会議において、サラヴィオ研究チームのマイクロセンサー理論(新規発毛活性化機構)が日本の民間企業単独では初となる『最優秀賞』を受賞しました。同社製品にも研究成果はフィードバックされ、今後最も注目される研究機関です。

 

国内製薬・化粧品メーカーブランド・サイト

第一三共ヘルスケア カロヤンシリーズ(一般用医薬品) 1980年代の第一製薬カロヤンSの有名なテレビCM  AROYAN-SALON  CM情報ページに移動します。

リニューアル前の前作、KAROYAN.comの画像。

1973年に発売された第一三共ヘルスケア発毛促進剤カロヤンシリーズ(一般用医薬品)の公式ブランドサイトKAROYAN-SALONです。

コンテンツも『カロヤンシリーズ製品情報』は、もちろん『毛髪マネジメント』をはじめ東京メモリアル・クリニック平山の佐藤明男院長(理事長)監修による頭皮のタイプ別の『毛トレ』など盛り沢山の楽しめる内容となっています。 

大正製薬 RiUPシリーズ 2009年、大正製薬のRiUPX5のテレビCM RiUPシリーズCMギャラリーに移動します。
1999年6月1日に日本初のダイレクトOTC(Over The Counter Drug)として大正製薬より発売された有効成分「ミノキシジル」を配合したRiUPシリーズの公式ブランドサイトです

株式会社 田村治照堂ハツモール・シリーズ  ハツモール・ヘアグロアーS 第2類医薬品 ハツモール内服錠180錠 第2類医薬品

昭和10年の創業以来70年以上にわたり育毛剤の研究・開発一筋の大阪のコアな老舗育毛剤メーカー株式会社 田村治照堂(大阪市東住吉区)のハツモール・シリーズの公式ブランドサイトです。

外用薬、ハツモール・ヘアグロアーS(主成分・エストラジオール安息香酸エステル)とOTC医薬品では唯一の内服薬、ハツモール内服錠180錠は小規模なメーカーにも関わらず第2類医薬品の承認を取得するなどその研究レベルのポテンシャルの高さを見せつけてくれています。

MSD株式会社の公式webサイト薄毛対策【AGA-news】 2006年に放送された健康バラエティ番組でのプロペシア特集 

MSD株式会社のプロペシアの公式webサイト薄毛対策【AGA-news】です。皮膚科の専門医がAGA(男性型脱毛症)をわかりやすく解説してあります。病院検索など役立つコンテンツも豊富です。

 

監修は東京医科大学・皮膚科主任教授 坪井良治先生。

資生堂「薬用アデノゲン」 薬用アデノゲン グレイシィ(ADENOGEN GRACY) 資生堂「薬用アデノゲン」のテレビCM ゴン中山バージョン

資生堂「薬用アデノゲン」の公式ブランドサイトです。

1872年(明治5年)9月17日に故・福原有信が東京・銀座に日本初の洋風調剤薬局、「資生堂薬局」創業し、1880年(明治13年)には育毛剤の販売を開始したとの記録があるように資生堂の育毛剤研究の歴史は古く、その研究の集大成のひとつが2005年3月21日に発売された薬用アデノゲンです。

世界初、生体内育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤。新規化合物アデノシンが毛乳頭に直接作用し、多機能性シグナル分子である発毛促進因子FGF-7を増加させ毛母細胞を活性化させます。

 

ライオン「薬用毛髪力」シリーズ  薬用 毛髪力INNOVATEイノベート 薬用 毛髪力ZZ(ダブルジー) 1986年10月20日に発売されたライオン初の育毛剤「薬用ペンタデカン」「新髪売」 のテレビCM

1986年10月20日に「ペンタデカン酸グリセリド(PDG)」を、配合し、キャッチコピー「毛根にエネルギー、新髪売」で衝撃的なデビューを飾ったライオン初の育毛剤「薬用ペンタデカン」の後、幾多の改良を重ね2003年10月1日にライオンが発売した発毛メカニズムに革新を起こす新世代育毛剤「薬用 毛髪力INNOVATEイノベート」と2007年7月2日(月)にオキナワモズク抽出物を新配合し、発売したライオンの育毛剤研究の集大成である「薬用 毛髪力ZZ(ダブルジー)」の公式ブランドサイトです。

製品紹介をはじめ各成分の作用メカニズムの解説、開発者インタビューやライオンが1981年の研究開始から蓄積してきた育毛の技術と研究の歴史など参考になるコンテンツも豊富です。

 

 

国内育毛系サイト

2013年7月21日(日)に、管理人まさる様が開設したFC2ブログ「はげ治療、ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの毛挑戦実録!!」は近未来型の毛髪再生医療HARG療法をテーマにしています。2012年08月より開始された治療経過は、HARG療法を希望される方には参考になるブログです。

国内植毛系サイト

フサコム!  

1999年5月18日に紀尾井町クリニックで自毛移植手術受けられた日本毛髪系サイト界の重鎮中の重鎮である元「フサフサになろドットコム」の管理人であるHIRO様が2012年2月17日に新たに開設した新ブログ「ふさコム!」です。

ブログコンセプトは「自毛植毛した人たちを紹介するブログ」です。これは過去、HIRO様のもとに送られてきた読者からの膨大な手術前・手術後の画像の保存の意味もあり、HIRO様の解説を含め非常に価値の高い資料であると思われます。

2004年7月2日(金)にはフジテレビで放送されたドキュメンタリー番組 NONFIX「ぼくらはみんなハゲている マイライフアズアハゲ」にHIRO様が、出演され大反響を呼びました。また番組を題材に、2005年9月23日には大田出版より藤田慎一著「ぼくらはみんなハゲている: マイ・ライフ・アズ・ア・ハゲ」が待望の書籍化されています。

尚、新ブログからは、ハンドル・ネームをHIROからhiro2goに改名しています。

 

髪の毛情報局 

管理人ちっかー様は2001年10月27日より育毛発毛情報サイトhair@wayにおいて自らの「-植毛体験記-」を発表し、また伝説の育毛サイトfar a fact...の中期以降のスター投稿者のお一人としても有名です。faf崩壊の数ヶ月前の2002年8月7日に、それを予見したかのように自らのサイト「髪の毛情報局」を開設しました。サイト自体は総合的に毛髪問題を扱っておりご自身の経過写真を初めとする豊富なコンテンツと四種類の掲示板で構成されています。日本最大の巨大掲示板群2ちゃんねるのハゲ・ズラ板では植毛神とまで崇められ、植毛の議論では専門のドクターとも互角に渡り合えるほどの知識を持ち。その高い投稿能力から繰り出す破壊力は凄まじく某植毛クリニックの掲示板を閉鎖に追い込んだ事もありました。すでに毛髪系サイト界の重鎮のお一人となられた、ちっかー様の今後の動向が注目されるところですが現在は長期失踪中です。2012年12月中旬には「サロン、カツラ情報掲示板」は管理放棄の為に機能提供会社より削除された模様です。

 

国内科学的解析サイト

2008年12月16日に開設した毛髪培養ブログ - 毛髪再生医療による毛髪の再生 -は、管理人、クローン中山様が運営・管理している超人気ブログで海外の毛髪再生医療に関する翻訳記事を中心にコラム風に解説しているサイトです。読者のおひとりである、とも様が、2011年8月に米国アトランタの有名な形成外科医ジョン・P・コール博士のクリニックで、あごヒゲを頭皮に移植する手術と細胞外マトリクッスの治療を受けられ、その体験記である「細胞外マトリクッス」を、ブログで発表されるなど毛髪培養ブログは、強い影響力を持っていますクローン中山様は現在、日本国内において海外の毛髪系ニュースを翻訳・紹介する第一人者であり、毛髪再生医療、幹細胞、iPS細胞、遺伝子などの海外の最新ニュースをいち早く知るには最適のサイトです。2012年10月25日には有益な情報交換の場として毛髪再生医療掲示板が開設されました。

 

毛髪医学通信は毛髪医療のパイオニアであるNPO法人F.M.L.『Future Medical Laboratory(近未来医療研究会):理事長 武田克之 徳島大学名誉教授』による、毛髪医学の情報発信サイトです。

F.M.L.は頭髪医療分野を中心とした、最新治療情報の収集と提供を目的に各分野の専門家により結成された研究機関です。皮膚科・形成外科・精神神経科・婦人科・基礎医学・薬学など各分野の専門医師が所属しており、最先端医学と最新医療の研究を行い、正しい医療情報を提供しています。

F.M.L独自の視点で毛髪医学に関するニュース、論文、インタビュー、

学会情報などを掲載します。

海外毛髪系サイト

Regrowth.com Regrowth.com 翻訳版        

1997年に開設したRegrowth.comは男性型脱毛症に関する、世界最大のwebサイトです。頻繁に更新しており、いち早く男性型脱毛症に関する最新情報が得られます。登録メンバー 24.121名のディスカッションフォーラム(掲示板)も充実しおり、毎日、世界中から数千人単位でアクセスがあります。

2013年08月05日にサイトデザインは大幅にリニューアルされました。

 

HairSite.com HairSite.com 翻訳版 

 

1997年に開設したHairSite.comは研究者のインタビューや脱毛に関する最新ニュース、ディスカッションフォーラム(掲示板)も有名です。

特筆すべきは伝説の育毛サイトfar a fact...(通称・faf)のカリスマ的存在であったfromTokyo氏(後にkeioに改名)が、日本人で唯一取り上げられており、2001年3月16日から2002年1月20日までハンドルネームWASEDAで精力的に自らの育毛法と画像をアップしていました。また、それ以前よりHairSiteのデイスカッションフォーラムでボランティア精神溢れる投稿活動を展開していた事が高く評価され、要約された投稿内容は【WASEDA'S REGIMEN】と題されシリーズ化され今なおWASEDA氏の再登場を熱望する声は多いようです。

 

1998年1月にカナダ、ビクトリア州在住の管理人、ジュリアン・フィリップ氏と友人たちが開設したStem Cell Baldness Curesは近未来型の毛髪再生医療を中心とした男性型脱毛症と最新の製品情報に関する情報ブログです。

2012年1月にはサイトは全面的にリニューアルされています。

 

 HairlossTalk.com  HairLossTalk.com 翻訳版

1999年に開設したHairLossTalk.comは、脱毛症に関する最新情報や研究動向をはじめ製品レビューやディスカッションフォーラム(掲示板)フォトギャラリー、ビデオキャスト、リソースライブラリなどの豊富なコンテンツが魅力な消費者の為の情報サイトです。

在5.000名以上の男女メンバーのプロフィールが登録されておりweb上で脱毛症患者のためだけのソーシャルネットワーキングコミュニティ構築しています。

 

HAIR LOSS HELP HAIR LOSS HELP 翻訳版

2000年に開設したHAIR LOSS HELPは、米国カルフォルニア州サンタモニカに本拠地を置くHAIR LOSS HELP株式会社が運営するwebサイトです。

自毛移植や毛髪クローニングなど最新の情報が入手出来ると同時にディスカッションフォーラム(掲示板)や全米中の自毛移植専門の形成外科医を旅をしながら探すロードトリップなどのコンテンツも豊富です。

  

HairLossFight.com  HairLossFight.com 翻訳版

2002年に開設したHairLossFight.comはカナダ・キャンベル州ポートコキットラムを本拠地としており、WorldHairLoss.orgとは強力な友好関係にあります。非常に活発なディスカッションフォーラム(掲示板)や脱毛症に関する最新ニュースや専門家へのインタビュー、製品レビューには定評があります。

 

HerAlopecia.com  HerAlopecia.com 翻訳版 1977年にルートヴィヒ博士が考案したルードヴィヒ分類(Ludwig Classification scale)は有名で現在では女性における脱毛症レベルを計る重要な指標となっており、三段階に分けたのが特徴となっています。

2003年にHairLossTalk.comの姉妹サイトとして開設したHerAlopecia.comは女性の脱毛症に特化したサイトです。女性の男性ホルモン型脱毛症や円形脱毛症などに関する最新情報や研究動向をはじめディスカッションフォーラム(掲示板)やチャットルームも充実しています。

 

  

WorldHairLoss.org  WorldHairLoss.org  翻訳版   プロペシアの性的副作用  翻訳版  WorldHairLoss.org Introduction Video

2009年に開設したWorldHairLoss.orgは脱毛症に関する最新ニュースやフォーラム、ビデオ/マルチメディアアーカイブ をはじめプロペシアの性的副作用に関する記事など多彩なコンテンツが魅力のwebサイトです。 

 

海外研究機関

Histogen社公式サイト  Histogen社公式サイト 翻訳版  赤井クリニック公式webサイト

2007年に米国サンディエイゴ州で設立されたバイオテクノロジー企業、Histogen社はES細胞や付加価値の高い成長因子や成分・製品を開発する事に特化した企業です。

2015年の米国での本格的市場投入に向けて現在開発中のHSC(Hair Stimulating Complex)は特殊な環境を再現したバイオ・リアクター内で新生児の表皮細胞を培養することにより得られる成長因子とWntプロテイン(ウィントプロテイン)等のタンパク質を含む抽出液を頭皮に直接注入することにより毛髪を再生させる画期的な治療法です。2011年春よりシンガポールで臨床試験を開始し日本国内では2003年に東京・表参道に開設された赤井クリニックが、Histogen社よりHCSの供給を受けて開始しています。

 

(ARI)アデランス・リサーチ・インスティチュート社公式サイト   (ARI)アデランス・リサーチ・インスティチュート社 翻訳版   2011年03月20日に、フランスで開催された第4回脱毛症研究国際会議「4th International Congress Research Against Hair Loss」においてアトランタ(研究所)とフィラデルフィア(製造施設)を拠点にしているアデランスの米国・子会社アデランス・リサーチ・インスティチュート社(ARI)の研究主任であるKen Washenik博士が、毛髪培養「Jigami?についてのプレゼンテーションをおこないました。 (ARI)アデランス・リサーチ・インスティチュート社の公式プロモーション・ビデオ  

  

世界最大のカツラメーカーであるアデランスの米国・子会社(ARI)アデランス・リサーチ・インスティチュート社の公式webサイトです。

ARIは、アトランタ(研究所)とフィラデルフィア(製造施設)を拠点にしおり、AGA(男性型脱毛症)に対して細胞工学の領域からアプローチを試みるJi Gami™と呼ばれる最先端の毛髪培養テクノロジーを応用した治療法を研究・開発中、アデランスは、米国の自毛移植クリニックチェーン、BOSLEYを傘下に収めているために、より実戦投入に近いといわれています。

 

TRX2公式ストアサイト  TRX2?公式webストアサイト 翻訳版                        

2008年8月に英国オックスフォードで設立されたOxford BioLabs社の分子毛髪成長サプリメントTRX2™公式webストアサイト。

Oxford BioLabs社はオックスフォード大学での生化学研究や新技術の商業化を実現するためのセンターの役割を担っています。 TRX2研究プロジェクトのリーダーであるトーマス・FA・ウィットフィールド博士の指揮の下に分子毛髪成長サプリメントTRX2™を開発。このストアサイトで現在進行中のTRX2研究プロジェクトの最新情報が得られます。

 

RepliCel Life Sciences, Inc.社公式サイト Replicel社公式webサイト 翻訳版 Replicel社の公式プロモーション・ビデオ          

毛髪培養のRepliCel社(RepliCel Life Sciences, Inc.)の公式webサイトです。Kevin McElwee医師、Rolf Hoffmann医師の指導の下に免疫学や皮膚科学の各専門分野の研究者たちが、動物実験において、真皮毛根鞘に由来する細胞が、新しい毛包の形成を誘導する可能性がある事を発見し、それを応用した近未来型の毛髪再生医療RCH-01を2003年に欧州とオーストラリアで出願し特許が成立.。現在、米国、カナダ、日本においても特許申請中。

治療対象はAGA(男性型脱毛症)のみならず火傷や化学薬品による損傷、外科手術や皮膚がんによる皮膚の除去による毛髪の消失、抗がん剤治療による脱毛など多岐に及んでいます。

RCH-01nnana

 

   

 

英国のバイオテクノロジー企業、R&R Healthcare社の近未来型の毛髪再生治療プログラム、RECOVER UPの公式webサイトです。

R&R Healthcare社はA.A.A.(Adult Autologous Adipose Stem Cells)と呼ばれる幹細胞のセルバンキングを、はじめ豊胸手術、毛髪再生治療プログラムRECOVER UPを主要な事業としています。

RECOVER UPは、メスをまったく使用せず患者自身の脂肪より成体幹細胞を採取し分離培養後に移植する手術であり、2回の治療後、毛包の新生により2週間以内に毛髪が成長を開始するとされています。

毛包の寿命は、通常の毛髪同様の5年程度とされ定期的なメンテナンスが必要とされています。

 

Allergan社公式webサイト  Allergan社公式webサイト 翻訳版 allergan corporate Allergan社のヒストリーと各国での事業展開している様子を伝えるプロモーションビデオ。

1948年に米国ロサンゼルスで薬剤師のギャビン・S・ハーバートと彼の親しい友人である化学者スタンレー・ブライの二人により設立され現在、米国、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ世界60カ国以上で事業展開しているAllergan社の公式webサイトです。

2008年にFDA(アメリカ食品医薬品局)により、まつ毛貧毛症の治療薬として承認されたLatisseの主成分bimatoprostを応用したAGA(男性型脱毛症)治療薬を開発中。現在、治療薬は臨床試験フェーズ2の段階にあります。日本国内においては2010年1月にアラガン・ジャパン株式会社が設立されています。

 

Divine Skin/DS Laboratories,公式webサイト  Divine Skin/DS Laboratories,公式webサイト 翻訳版     

米国フロリダ州マイアミビーチに本拠を置くバイオテクノロジー企業、Divine Skin社(販売チャンネルはDS Laboratories)の公式webサイトです。 米国カリフォルニア州のソーク研究所(Salk Institute)で開発されたストレス阻害物質「アストレシン-B」(Astressin-B)を含有した脱毛症治療薬、製品名「DS Laboratories - Spectral.F7®Hair-Growth Booster, 60ml」を、発売すると2011年9月20日、同社がプレスリリースで発表しました。同社の得意とする領域は米国では医薬品と化粧品の中間にあたるセグメントで、主に美容関連の製品に強みを持ち、スキンケア・ヘアケア・アンチ・エイジングに特化し、研究開発を進めています。脱毛症治療薬以外では、ふたつの高度なコンディショニング特性を有する成分を配合した高機能コンディショナーRevita.CORなど製品ラインナップも充実しています。

 

 BENEV社公式webサイト 翻訳版 

米国カリフォルニア州のスキンケア・ヘアケアに特化したバイオテクノロジー企業であるBENEV社の公式webサイトです。

BENEV社の学術委員会のメンバーでもある再生医療、組織再生の第一人者である.グレッグ・マグワイヤー医師や再生医療の世界的権威として名高いアハマド・アリ・カターニ医師が開発に携わったBENEV GF Hair Care Complex は聖心毛髪再生外来のグロースファクター再生療法をはじめ日本国内の各医療機関にも供給されており、BENEVラボ(薬剤管理施設)はFDA(アメリカ食品医薬品局) の承認を取得しています。

 

   

2002年11月に米国カリフォルニア州サンノゼ・シリコンバレーで設立された医療機器メーカー Restoration Robotics社(最高経営責任者 ジム・マッカラム)の公式webサイトです。同社が開発した画期的な医療植毛ロボットシステム ARTAS®-SYSTEM™ は、ニューヨークの著名な植毛外科医であるロバート・バーンスタイン博士をはじめ全米で数名の医師が採用しており、従業員30名の小規模なメーカーながら、この分野に特化したメーカーです。

同社が開発した ARTAS®-SYSTEM™ は頭皮から直接卵胞ユニットを採取し移植する世界最高水準の医療機器であり、実際に手術を執刀する医師や、そのサポートをするスタッフをコンピュータが強力に支援します。

マシンビジョン、画像誘導、視覚サーボなどロボット工学の粋を結集して開発された、このマシンは、さらに直感的なインターフェースを導入することにより、超高解像度カメラで認識したデータを瞬時に解析し、ミクロンレベルの精度でロボットアームが針位置を制御することが可能です。

 2012年12月01日に開院したルネッサンスクリニック新宿院に国内初導入が決定しています。

  クリニックビタボナ ロゴマーク 


 Get!Forum(公開討論室)                      Get! 2010-2016 Produced by 神楽坂フジ丸