コンテストトップページ⇒ 陰陽神楽写真コンテスト

神楽ファン様へ  右の演目で演目一覧に戻ります。 演目の舞、神楽団、神楽面画像はリンクページの神楽ファンサイト、木目町内会、悪鬼同盟でご覧頂けます。 広島、島根、山口県の神楽団、社中が紹介されています。 

石見神楽の代表的演目です。6調子の旧舞と8調子の新舞が有ります。この他に数十種類の社中独自の演目が有ります。
演 目

岩 戸   岩見重太郎   恵比須   大江山   八十神   帯 舞   鹿 島

風 宮(旧舞)   羯 鼓   神 迎   五穀種元   貴 船   切 目   熊 襲  

黒 塚  五 神  塩 祓
(旧舞  四 神   十羅刹女   鍾 馗   神 楽   神祇太鼓  

塵 倫  鈴鹿山  関 山
(旧舞) 道がえし  天 蓋  天 神(旧舞) 真 榊  戻り橋

紅葉狩   八 衢
(旧舞)   八 幡   大 蛇   日本武尊   頼 政   羅生門 

武の内 皇 后
(旧舞) 佐 陀(旧舞) 弓八幡(旧舞) 五竜王(旧舞) 山の大王(旧舞) 恵美須(旧舞)

四 剣  御 座
(旧舞) 貴布禰(旧舞) 刹 面(旧舞) 八 岐(旧舞) 磐 戸(旧舞) 鍾 馗(旧舞)


(広島県の物語謡曲による演目)

大化改新  天神(1,2,3)  山姥  安珍  葛城山  土蜘蛛  滝夜叉姫  山伏

玉藻前  三浦  悪狐  殺生石  金沢  熊坂  壇ノ浦 大楠公  五竜王(1,2)

石見神楽の演目に関しては著者に了解を取り掲載しておりますが広島県の神楽に関しては了解を得ていません。
広島県の神楽の歴史、台本等は広島に著名な著者が居られますので、文献をご購入の上参考にして下さい。





岩戸 (別名)天岩戸 
演目一覧に戻る

事記と日本書紀に記されている神話を題材にしたものです。素戔鳴命(すさのうのみこと)
天上において乱暴な振る舞いばかりしているのを見て、天照大神が天の岩戸の中に隠れたため
高天の原(たかまのはら)は常闇になって悪行をはたらく神も現れた。

それを心配した天児屋根命と天太玉命が岩戸から天照大神を出すために岩戸の前で長鳴鳥を鳴かせ、
天宇津女命に舞を舞わせ八百萬の神々を笑い騒がしていると、大神がこれを怪しんでそっと岩戸を開けて
隙間から見ていたので天手力男命が隙間に手を差し込んで戸を引き開けて大神を迎え出したので、
世が再び明るくなったと云う神話です。


演者

天照大神あまてらすおおみかみ  天太玉命あめのふとだまのみこと  天手力男命あまのたぢからのみこと  天児屋根命あめのこやねのみこと  天宇津女命あめのうずめのみこと

(出典 古事記上巻、日本書紀巻一神代上)


大江山  (別名) 酒呑童子【しゅてんどうじ】
演目一覧に戻る

大江山は京都府福知山市の北に有る山で源頼光が酒呑童子を退治した山と伝えられています。

源頼光が一条天皇の勅命によって大江山の酒呑童子を退治しょうと四天王をつれて行きます。
その時鬼は出家者には手を出さないと聞き山伏姿になって山中で神から神酒を授けられ、
都からさらわれてきた姫の道案内で鬼の岩屋にたどりつき、岩屋で酒盛りをしている酒呑童子や
家来の鬼たちと一緒に酒を酌み交わしました。
そうするうちに神酒の功徳によって鬼達は酔いしれ力を失ったので、そこを見計らって鬼を退治します。

演目の中に戻り橋と羅生門が有ります、この演目が大江山につながる物語になります。


演者

源頼光  渡辺綱  坂田金時  姫  鬼 (出典 謡曲 大江山、お伽草子)

(平家物語の四天王は渡辺綱、坂田金時、確氷貞道、ト部末武です)



黒 塚   (別名) 足達ヶ原 又は 白狐
演目一覧に戻る

那須の祐慶大法印が剛力二人を連れて諸国修行の旅の途中に、
妊婦で実は白面金毛九尾の悪狐が住むという黒塚にさしかかった。
日が暮れたので一軒の家に宿をもとめたところ、その家の女主人は喜んで宿をかします。

その夜女主人が悪狐となってあらわれ剛力二人は食い殺され法印一人難を逃れます。
それを聞いて三浦介と上総介が勅命を受けて那須野に行き悪狐を退治するという物語です。


演者

浦介  上総介  法印  剛力(二人)  狐 (出典 謡曲 安達原、大和物語)


鍾 馗 【しょうき】
演目一覧に戻る

中国の玄宗皇帝の故事に基づき疫鬼を退け、魔を除く神として信じられています。
その由来とは玄宗皇帝がおこりを病んで寝ていると、夢に小鬼が現れて楊貴妃の
繍香嚢(しゅうこうのう)と玉笛を盗もうとしました。

皇帝は怒り従者を呼ぼうとしたら、破帽をかむり藍袍(らんぼう)を着て角帯を結んだ大鬼が現れ
小鬼を食おうとしたので皇帝が驚いて問いただしたところ鐘馗だと云う。
玄宗は夢から覚め、病も急に癒えたので、画人呉道子を呼んで夢の中にでた像を書かせたそうです。

神楽の鐘馗の持つ茅の輪はチガヤを束ねて作った輪です。
魔を除くと云われ現在でも神社などで茅の輪くぐりの行事があります。
これは備後国(広島県東部)風土記に記されたスサノウ伝説によるもので、中国の鐘馗とは
関係がありません。旧舞の演目鍾馗を演ずる時に
スサノウ伝説を合わせた神楽仕込みです。

(旧舞の演目鐘馗では、素戔鳴命が中国(韓国)に渡り鍾馗に成り鬼を倒した内容になっています。)

演者

鍾馗  鬼  (出典 謡曲 鍾馗)


塵 輪  (人倫)
演目一覧に戻る

仲哀天皇のころ異国より数万の兵が攻め込んで来た、その中に塵輪という鬼がいました。
塵輪は黒雲に乗り、身体には翼があって自由に空を飛びわが国の人々をたくさん殺していました。

そこで天皇が高麻呂に命じて警戒をしていたら塵輪が襲って来ることを察したので、
天皇は弓矢を持ち高麻呂とともに鬼と戦いこれを退治したという物語です。


演者 

神(天皇)  高麻呂  鬼(二匹) (出典 八幡愚童訓 上)


道がえし
演目一覧に戻る

異国からきて人々を食い殺そうとしている悪鬼を武甕槌命が退治する物語ですが、
他の演目と違うのは鬼の命が救われることです。

鬼が武甕槌命にこの国のいわれを聞いてきます。 武甕槌命はこの国は天皇が政治を して
国を治めている事を話しますが、鬼は全世界を支配しょうとしているのだから
自分に逆らうと爪先に 引っかけて空に舞い上げ落ちたところを噛み砕くと云って抵抗します。

結局争いになり鬼が降参し、鬼は許されて九州の高千穂の峰に帰って行きます。
この物語は古事記、日本書紀に書かれた物語を神楽にしたものです。


演者


武甕槌命たけみかづちのみこと   (出典 古事記上、日本書紀一巻上代)


鹿 島
演目一覧に戻る

天照大神が豊葦原の瑞穂の国をわが子孫が治める地であるとして建御雷神と経津主命を
出雲の国におくり、稲佐の浜にてこの国の主神である大国主命と交渉します。

大国主命と子供の事代主命は国譲りに賛成しますがもう一人の子供の建御名方命は承服しませんでした。
そこで建御名方命は建御雷神と力くらべをしますが負けてしまい国の献上に同意します。


演者

大国主命おおくにぬしのみこと  事代主命ことしろぬしのみこと  建御名方命たけみなかたのみこと  建御雷神たけみかづちのかみ  経津主命ふつぬしのみこと
 (出典 古事記上巻、日本書紀巻二神代下)

熊 襲くまそ (別名) 西日本
演目一覧に戻る

景行天皇の息子の日本童男が父の命により熊襲建を討つために九州に赴いたら、
熊襲建や家来たちが新築の祝いをしているのでその席に女装して入りこみ
熊襲建や家来たちが酔い潰れた時、日本童男が女装を解いて襲いかかりかれらを切り殺します。

熊襲建は死に臨み勇者である日本童男にタケルの名をおくりました。
それが日本武(やまとたける)です。古事記、日本書紀の物語です。


演者 

日本武  熊襲建(川上 梟師たける) (出典 古事記中巻、日本書紀七巻 景行天皇)


鈴鹿山  (別名) 田村
演目一覧に戻る

坂上田村麻歪は鈴鹿屍に循む虐が庶民を苦しめているので退治してくるようにと勅命をうける。
山道に迷った田村は里人に道を尋ね山の様子や鬼のことを聞くと、
東の東険山、西の地蔵岳、南の南京山北の北京山に悪鬼が住み、
都よりたびたび退治に来られるがすべて不成功に終わっていると聞く。

里人と鈴鹿山にむかうと鬼と出会いました。 鬼は手向かいすれば命はない、
天には金の網をはり、地には地神の火を燃やして必ず一命を取るといって襲いかかってきた。
しかし坂上田村麻呂は見事に鬼を討ち取り都に帰ります。

この神楽は鬼は人の目には見えないという設定で一本の帯を引き合って戦います。
他の神楽には無い踊り方です。(坂上田村麻呂は京都の清水寺を建てた人物です。)

演者

坂上田村麻呂   村人  鬼(二匹) (出典 謡曲 田村)


五朗王子 (別名) 五神 又は 五龍王
演目一覧に戻る

国常立王の子どもらで春青大王(第一王子)、夏赤大王(第二王子)、秋白大王(第三王子)、
冬黒大王(第四王子)、埴安大王(第5王子)で四王子で春夏秋冬の季節を配分して
それぞれの方角を占有して、国土安泰につとめ仲良く暮らしていたが、

土の神の埴安大王がほかの神に冷遇されていたので国常立王に使者を派遣して
領土の要求をしたところ兄たちが天下はすべて四神の国土であると言い張るため、
埴安大王は激怒して軍勢を押し出して四神との戦いになり、
その戦いの仲裁に式部の老人が五神たちに神勅を下し仲裁に入ると言う物語です。

この神楽は石見神楽社中最大の長編で衣装や面ももっとも豪華に作られています。
神楽の見所は内容が農業に関してのもので、昔からの知恵や哲学、倫理観を
埴安大王が駆使して四人の大王に問答をしかけます。

その兄の大王たちの質問に答える埴安大王(第5王子)の答えが見事なことから
仲裁の式部の老人も兄の四人の大王に八つ当たりします。


演者

春青大王  夏赤大王  秋白大王  冬黒大王  埴安大王  式部


八 幡  (別名) 宇佐八幡、 矢旗
演目一覧に戻る

九州豊前の国の宇佐八幡宮に奉られている八幡の神八幡麻呂の神楽です。
八幡麻呂が異国から日本に来た第六天の悪魔王が人々を苦しめているので
八幡麻呂がみずから出向いて神通力の弓に方便の矢をもってこれを退治するというものです。

神楽の見所は鬼が中天竺他化自在天の主で第六天の悪魔王で三界無辺の煙となって
人の生き血をすうというものすごい鬼ですのでその舞方が見逃せません。


演者

 八幡麻呂  



八十神  (別名) 大国主命
演目一覧に戻る

因幡の国の八上姫が、大国主命に召されることになったのですが、
大国主命の兄弟の多くの神が反対してこの結婚をなんとか阻もうと企んで
姫と大国主命との間を裂こうとします。
八上姫は母のすすめで素戔鳴命の神のいる根の国に逃げだします。

兄弟たちはイノシシがりに大国主命を連れて行き山の上から火の付いた大石を
イノシシだと云って投げ落としたり、大木を倒して命を奪おうとしました。
難をのがれた大国主命は兄弟と戦い降参させます。

古事記の記載による神楽ですから出雲国風土記とは内容が少し違いますが
兄弟に命を狙われたのは同じです。



演者

大国主命 八上姫(スセリ姫とも云います)  八十神(二人) 
(出典 古事記上巻)


貴 船  (別名) 丑の時
演目一覧に戻る

京都の下京の地に住んでいた女の呪いを題材にした神楽です。

この地に住んでいた女が男に見放され、その無念さに貴船神社に参詣して復讐を祈ったところ、
神が現れお告げをつげた”毎夜丑三つ時に呪いの着物を着て宇治の川瀬を渡ると金輪着(かなわぎ)の
鬼女に化身させてやると云うので、女は喜んで神の云うとおり毎晩かよいお告げのとおり鬼女となった。

一方男は毎夜夢見が悪いので陰陽師の阿部清明を訪ね相談したところ、
調伏の祈祷をして災いを避ける方法を教えてもらう、人形を作って身代わりにせよと云われたので
人形を作り家にいると鬼女が現れ、恨みの数々を述べ人形を捕まえて撞木(鉄輪原文 しもと
・ムチ・
で打ち、満足して退散します。

謡曲、鉄輪によったもので嫉妬を戒めるための内容になっていますが神楽面はかなりの怖さがあります。

     鉄輪(金輪)=火鉢などにかける五徳のこと。
演者

女  阿部清明  鬼女  男  三吉
 (出典 謡曲鉄輪、平家物語)

この演目は旧舞(六調子)の貴布禰とほぼ同じです。呪いをテーマにした神楽で明治以後長く上演を
禁じられていました。しかし現在は上演する神楽社中が有ります。
※ 丑三つ時、今の午前三時  【 丑の時(午前二時〜四時まで)を4つに分けて三つ目をいいます。】


十羅刹女  (別名) 十羅
演目一覧に戻る

日ノ御崎大明神の神徳を顕彰したもので出雲神楽の日ノ御崎と同じですが鬼神の名前が違います。
(出雲神楽=鬼神彦春 石見神楽=悪神彦羽根、十羅刹女は素戔鳴命の末娘と言われています)

悪神彦羽根がこの国に攻め込んできた時、十羅刹女が駆け付けこの悪神彦羽根を
改心させると言う内容です。


演者

十羅刹女  鬼 (出典 出雲国日ノ御碕鰐淵寺神話、謡曲 御崎


関 山
演目一覧に戻る

他国の僧(天竺の提婆の流れを汲む)が法力と行力の力を比べるため日本に来て、
神国を自分の道学のしもべにしようと企み関山に現れた。
この山には神の身化の大天狗が住んでいて、天狗と僧の法力と行力の戦になる
しかし僧は大天狗に敗れさり天狗は勝利の舞を舞う。

ほとんどの場合、僧と天狗が争う場合は仏法を妨げようとする天狗が敗れる結果になるのに、
この神楽においては神道を強調しようという意味合いが強く天狗が勝利をあげるのである。


演者

天狗  僧



切 目
演目一覧に戻る

多くは、貴利女又は刹面などの文字をあてており、鞨鼓の演目と一連の舞を形成しています。
切目の王子は和歌山県日高郡切目村に鎮座されており熊野大社の九九王子社の中の一つです。
(五体王子神社で若王子権現の一つ)

切目と介添の二人が登場して問答をしますが、内容が五行思想を含んでいて大変難解になっています。
切目の神と社人との問答で神の本体、陰陽五行説との関係を明らかにするもです。

切目と羯鼓とは熊野から全国に出向いた御師(おんし)、先達、または比丘尼(びくに)などにより
一種の芸能として石見地方に残された物を神楽にしたものです。


演者 

切目王子   介添



羯 鼓【かっこ】
演目一覧に戻る

紀伊の国の熊野の切目王子に仕える禰宜が、熊野権現の宝物について説明すると言う内容の神楽です。
羯鼓は高天原から紀伊の国牟婁(むろ)の郡のおとなし川に下ったもので、羯鼓の片方を打つときは、
天下泰平、国家安泰と鳴り、他の片方を打てば、五穀豊穣、商売繁盛と鳴る。

このたびこの羯鼓を当社の例祭に出品するにあたり、もっとも良く鳴る所に据えるので、
切目の王子がお出ましに成られた時には良く拝むようにと云う。
この演目は切目と一連の舞いになります。古い石見神楽六調子の演目の中にはこの演目はありません。
羯鼓とは宮中の雅楽で奏される際に左方楽に用いられる小さな太鼓のことです。台の上に据え
 両手で持ったバチで両面を打って鳴らします。)


演者 

神禰宜かんねぎ


風 宮 (風の宮)
演目一覧に戻る

弘安四年の蒙古襲来の時の神風を起こして蒙古軍を壊滅させた風宮の徳を神楽にしたものです。
石見神楽では伊勢の皇太神社の摂社にまつられている風の神、級長津彦命が勅命で異国から
兵船を率いて日本に来襲した悪鬼を迎え撃つ事になっています。

風の宮
 伊勢の豊受大神宮の別宮、祭紳は級長津彦命、蒙古襲来の時紳風を吹かせて紳威を示したそうです。

演者

級長津彦命しながつひこのみこと    (出典 紳風遺談、元寇記略)

頼 政
演目一覧に戻る

堀川天皇の御代に、毎夜丑の刻になると一団の雲が現れて御所の上を覆うと忽ち天皇の御悩みは
激しくなる。その正体は鵺といって、身体は牛、手足は虎、尾は蛇のような怪物でした。
天皇の命を受けた源 頼政は猪早田を連れて参内しこれを射落とします。

しかし鵺は猿に変じて飛び掛りますが、頼政がこれを殺すと猿はたちまち鬼に変わって襲いかかります。
戦いの末、頼政と早田はこの鬼を見事に退治するという物語です。
(平家物語 四巻 謡曲 鵺)


演者

源頼政  猪早田  ぬえ(鬼)  (出典 謡曲 鵺、平家物語四巻)


日本武尊
演目一覧に戻る

九州の熊襲(川上梟師)を平定したが今また東の国の蝦夷が朝廷にそむいているので、
天皇は再び日本武尊に蝦夷討伐を命じました。

大和を出発した日本武尊は途中伊勢の大神宮に寄り戦勝を祈願しました。
大神宮に仕えていた叔母の倭比売命は天叢雲剣と小さな袋を与え、
危ない時にこの袋の口を開きなさいと云った。

日本武尊は駿河(静岡県)にいくと、かねてより日本武尊のうわさを聞いていた
土地の豪賊相武国造は偽りの降伏をして、謀で日本武尊を殺そうと考え、
言葉上手に武尊を鹿狩りに誘い枯草が茂る広い野原の中に武尊を連れだした。
相武国造は武尊の油断を見て不意に四方から火を放ち焼き殺そうとする。

燃え盛る炎に武尊は驚いたが、すぐに腰の神剣を抜き枯草を薙ぎ倒し
叔母からもらった袋を開くと中から火打石がでてきた。
武尊は急いで火打石で火をおこし、枯草に迎え火としてつけると、
たちまち風が方向を変え相武国造の方へ吹き付けた。

この思わぬ逆襲で相武国造は惨敗した。この由来でこの神剣はのちに草薙剣と呼ばれる様に成る。
(古事記、日本書紀七巻)


演者 


日本武尊  日本姫  介添  
相武国造(兄弟) (出典 古事記中、日本書紀七巻景行天皇)


岩見重太郎
演目一覧に戻る

岩見重太郎は敵の広瀬軍蔵を討伐するために諸国を歩いていてが、その途中で石見の奥山に
不気味な白ヒヒが住んでいて毎年娘をさらい住民を悩ましていたので、これを退治します。

その後敵の広瀬軍蔵と会い彼と戦い勝利します。この物語の岩見重太郎は桃山時代の豪傑、
筑前(福岡県)小早川家の臣岩見重兵衛の子どもで 父の敵(かたき)、広瀬軍蔵を討ち取った後、
豊臣家に仕え大阪夏の陣で討ち死にしました。


演者

岩見重太郎  広瀬軍蔵  白ヒヒ  老人 (出典 読本 岩見英雄録)
(この演目の特長は葛篭の存在です。葛篭には周囲に七五三縄を張り巡らして有り、ヒヒの持つ怪異さはその葛篭に
近付くにほどに迫力を増すように演じます。その葛篭の中に岩見重太郎が潜んでいます。)


天 神
演目一覧に戻る

菅原道真は佐大臣藤原時平の讒言(うそのつげぐち)によって筑紫へ左遷られたが、
そのままにしておいては国の安泰はおぼつかないとして、天拝山に登って拆雷に命じて時平を
懲らしめようとする。

時平のこの讒言は成功したものの、官位のことで朝廷を恨み悪心を起こしたため鬼となった。
拆雷は時平をたおし道真は神にまつられ天神となった。
(拆雷(さくいかずち)とは黄泉国で伊邪那美神の身に生じた八種の雷神の一人)


演者

菅原道真  藤原時平  拆雷(随神)
  (出典 源平盛哀記三二巻、謡曲 雷電)

戻り橋
演目一覧に戻る

戻り橋とは京都市下京区の一条通りの堀川にかかる橋です。

源頼光の家来で四天王の一人である渡辺綱が勅命により鬼を退治しようと先を急いでいると、
そこに茨木童子という化相した老女が現れ、通りがかった傘売り善兵衛に傘を買うからと言って近寄ると、
いきなり鬼女の正体を現し襲い掛かる。そこに渡辺綱が現れ鬼女と格闘となる。

鬼女はさらに酒呑童子を呼び、酒呑童子の水火の魔術に渡辺綱は倒れるが、岩清水の神の幣を持った
坂田金時が加勢に現れて格闘となり、茨木童子は左腕を切り落とされので酒呑童子と共に
大江山に逃げ帰ると言う物語です。

この神楽は大江山の前編になるもので、茨木童子の左腕を切り落とされる演目で羅生門がありますので、
この演目も参考にしてください。


演者

渡辺綱  坂田金時  善兵衛  茨木童子  酒呑童子  老女 
(出典 平家物語 剣巻)


羅生門
演目一覧に戻る

京都の守護職の源頼光は毎夜羅生門に現れて人々を悩ます怪物を退治するように
平井五郎に命じましたが怪物が魔法を使うのでなかなか退治できません。

そこで四天王の一人の渡辺綱が怪物退治を命じられます。 渡辺綱はそうそうに羅生門に駆け付け
怪物、茨木童子と戦い左腕を切り落とし茨木童子は大江山へ逃げ帰ります。

しかし、切り落とした腕が煩いとなる懸念があるので安部清明の八卦をもって封印しようとします。
清明は渡辺綱に茨木童子が魔法をもって切り落とした腕を取り返しに来るので、
二十一日の間誰にも会わずに謹慎せよと言います。
謹慎中に渡辺綱の母に化けた茨木童子が言葉巧みに腕を取り返し大江山へ逃げ帰ると言う物語です。

この演目の見所は渡辺綱の母に化けた茨木童子と渡辺綱の問答にあります。
渡辺綱の母想いの感情がどのように変化していくのかに注目してください。


演者 

渡辺綱  茨木童子  姥  (出典 謡曲 羅生門)


八 衢【やちまた】
演目一覧に戻る

この演目は天孫降臨の神話を神楽にしたものです。

八衢は天上界で道が多方面に分かれていた所で、天孫 邇邇芸命(ににぎのみこと)が天降りしようとすると、
この八衢には天地を照らす神が居ると云うので、天の宇津女命に誰かと問わせると、
その神は猿田彦神といって天孫を先導するために出迎えていると言います。

そこで天の宇津女命は携えていた天の広矛を渡し、それを振って悪魔払いをしながら
先導することを依頼します。その場面を神楽にしてものです。
(邇邇芸命=瓊瓊杵命  天の宇津女命=天宇受売命)


演者

天の宇津女命  猿田彦神 (出典 古事記上、日本書紀二巻神代下)


紅葉狩
演目一覧に戻る

平維茂(たいらのこれもち)が長野県戸隠山で道に迷っていると農民の木の又権兵衛に会い、
この山は紅葉狩の名所であるが山奥に鬼女が住み人々を苦しめていると聞く、
平維茂が山奥に登っていくと上藹(じょうろう)たちが紅葉狩の酒宴を開いておりそれに招待される。

維茂が酔い伏すと上藹たちが正体をあらわす。それは、大王、白蜘蛛、赤蜘蛛であった。
維茂は夢の中で八幡神の警告を受け八幡大菩薩が幣と太刀をもって登場し神剣を授かり、
大王(鬼女)、白蜘蛛、赤蜘蛛と戦いう。 

大王(鬼女)、白蜘蛛、赤蜘蛛は妖術を使って対抗しますがついには平維茂に退治されます。
 この演目は八幡信仰にもとずく八幡神楽の一つです。


演者

平維茂  木の又権兵衛  大王(鬼女)  白蜘蛛  赤蜘蛛 (出典 謡曲 紅葉狩)


五穀種元【ごこくたねもと】 (別名) 杵 、 杵根
演目一覧に戻る

天照大神に奉仕する天熊の大人(うし)は素戔鳴命に切り殺された
大気津比売神
(おおげつひめのかみ)の側にあった五穀を拾い集めすべてを天照大神の御前に持参しました。

これを御覧になった大神は喜ばれて、この五穀を天の村君をして天の挟田長田に
植え広めるように天熊の大人に勅せられた。

大人は五穀を授かり村君のもとへ急いでいき大神の趣旨を伝えました。
この詔を承諾した村君は、任務完了の時には必ず奏聞することを返答した。

村君は早速に大神のもとへ参内して、ことの由を奏上し大人によって八束穂の稲穂をもって
早速に新嘗祭を行う事になり、禰宜(ねぎ)を呼びに行って、火きり臼、火きり杵で餅をつき
これを撒いて祝い舞った。 と言う神話の物語です。


演者

天熊  禰宜  民
  (出典 日本書紀巻一神代上、古事記上巻)


大 蛇  又は八岐の大蛇、八戸、蛇舞
演目一覧に戻る

天照大神の弟の素戔鳴命は高天原から追放され、遠い出雲の国に降った。
出雲の簸の川を歩いていると川上から箸が流れてきたので上流には人が住んでいると思い、
歩いて行くと美しい少女と老夫婦が泣いていたのでその理由を聞きます。

老人は「私は大山津見神の子で足名椎(あしなづち)で、妻は手名椎、
娘の名は櫛名田比売(くしなだひめ)といいます。

私たちには八人の娘がいましたが、この地には恐ろしい高志の八岐の大蛇と云う
大蛇が毎年出てきて、娘を一人ずつ食べてしまうのです。
いままたその時期となりこの娘も食られるかと思うと、悲しくて泣いているのです。」といいます。

素戔鳴命はその八岐の大蛇はどの様なものか尋ねると。
足名椎は「その身体は一つで、頭が八っあり、尾が八っあり、身体には苔や桧、杉が生い茂り、
目はほおずきのように赤く、その長さは八っの谷と八っの峯にわたるほどで、
腹はいつも全体に血が流れ真っ赤にただれています。」といいます。

それを聞いた素戔鳴命はそれならその大蛇を退治してやろう、安心しなさい、
私は天照大神の弟で今高天原からここに降りてきたばかりだ。
そなたの娘を私の嫁にくれないかと言うと、
老夫婦は「それならば、おそれ多いことですが娘をさしあげましょう」と云いました。

素戔鳴命は少女を櫛に化身させて自分の髪に刺し、足名椎と手名椎に強力な酒を作らせ、
垣で囲み、垣に八っの門を作り、それぞれの門に八っの棧敷(さじき)を作り、その棧敷ごとに酒が入った
かめを置いて大蛇が来るのをまった。

間もなく天地をとどろかせ、空の曇り、生臭い風があたりをつつみ大蛇が現れました。
大蛇は大好物の酒の臭いで八っの門に頭をつっこんで酒を飲み干し、酔いつぶれてぐっすり
と寝込んでしまいました。

素戔鳴命は大蛇に忍び寄り、十拳剣(とつかのつるぎ)を振って大蛇をずたずたに切り刻みました、
なおも尾の方まで切り進んでいくと中から一振りの太刀が現れました。

大蛇のいた所にはいつも叢雲がたなびいていたのは、この剣のためであったかと思い、
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と名づけ、のちに天照大神にお詫びとしてこの太刀を献上しました。
以上がこの演目の物語です。


演者

素戔鳴命  櫛名田比売(稲田姫)  足名椎  手名椎  大蛇(四〜八匹)

 (出典 古事記上、日本書紀一巻神代上)

 
恵比須 (旧舞6調子に恵美須の演目が有ります。)
演目一覧に戻る

恵比須様と普通呼んでいますが事代主命が正しい名前です。竿を手に持つ姿を見たことがあると思います。

その竿に含まれている意味はほとんどの人が知らないと思いますので紹介しておきます。
つり竿は心が素直になることを表し、釣り糸は寿命を長くし、釣針は万の神宝を釣り上げる事をさします。

事代主命は大国主命(大黒様)の子どもで、出雲の国王でした。島根県の美保神社に事代主命は祀られ、
大国主命は出雲大社に祀られています。


演者 

恵比須、大人 
 (出典 古事記上巻、日本書紀巻二 神代下)

恵比須の舞人は一人で釣竿、鯛を持ち舞う演目が各神楽社中に有ります。こちらの方が一般的かもしれません。


神 迎
演目一覧に戻る
儀式舞いの中で最も重要な舞です。神の御降臨を願うもので東西南北の四方に中央を迎えた五方の
天神地祇に神楽のこの座に降り給えりと願います。
幣、鈴、扇子などを持ち五方に向かって礼拝しながら舞います。


四 紳
演目一覧に戻る
古代の四方神、東方の久々能智命、西方の金山彦神、南方の迦具突智命、北方の罔象女命が
手をとって舞い、中央の埴安命を迎える意味の舞です。もともと神迎えの一つの舞ですが
神楽囃子の急調子の楽に合わせて、四人の舞い人が剣を持ち、剣先を取り合い、飛び跳ね、
廻ります。上から見るとまるで八の花が開閉する様に見えるので、八つ花とも言われます。
(剣舞、四人舞とも呼びます)

注意
この舞いは高津神楽社中では四紳として舞われています。前歌としてサイハイヤ此処も高天の原なれば
集まり給え四方の神々と始まりますが、剣舞いとしてもう一つ四剣と云う舞が有ります。
四剣の演目の舞は高津社中の四紳の舞と似ていますが、始まりの歌が違います。

四剣の神楽の始まりは、出雲には神はあれども鈴がない土器鈴で神遊びせうやと云い神楽歌が始まります。
叉別の神楽団では四紳の歌は高津神楽社中と同じなのですが、剣は持たずに採物、小さな幣、輪鈴、扇をもって舞います。

塩 祓
演目一覧に戻る
神の御降臨を願う前に神楽の場を清める舞です。東西南北の四方を祓うところから四方祓いが
転じたものと考えるところもあります。



帯 舞
演目一覧に戻る
石見神楽八調子の舞です。帯を持つわけは応神天皇(八幡神)の誕生にあたり、
天より白幡四流と赤幡四流が天下り、神々が祝ったと言う伝説に基ずいたものといわれています。



真 榊  (別名) 手草、柴舞、榊舞
演目一覧に戻る
神の御降臨に際して榊を神前に供えて清める儀式です。儀式舞いは一般的に緩調子のものが
多く有りますが、この演目は比較的急調子です。



天 蓋
演目一覧に戻る
天蓋によって神の御降臨のようすを目の当りに現そうとする儀式舞いです。神職が神文を唱えるうちに、
神職または氏子が天蓋に結びつけた鋼を手にとって、天蓋を引き動かします。
その鋼の引き方によって天蓋は上下、左右、前後に揺れあたかも神の御降臨の様子を伺わせます。



神 楽 【しんがく】
演目一覧に戻る
儀式舞いの前奏曲です。 一人舞いで、神の御心を宣布する様に舞われます。
しかし、最近の神楽ではこれを省略して真っ先に神迎えを舞うことが多いようです。



神祇太鼓 (胴の口開け)
演目一覧に戻る
舞の無い神楽で、平安末期からあったような献詠の形で存在し、一種の歌占いの信仰を伴う。
一基ずつの太鼓と鼓に手平鉦と笛とを交えて合奏する打楽で華美な曲打ちを行う、
一種のドラムソロみたいです。
胴とは鼕(とう)の事で、口は端緒の意味です。演目は前段、中段、後段の
3段に別れ、その段の内容に合った演奏になります。

              以上が石見神楽の代表的な演目です。

【参考資料 日本の美を舞う 石見神楽  著者 矢富 厳夫 】
発行所 石見神楽高津社中
〒698−0002 島根県益田市下本郷324
Tel 0856-22-1271

参考資料 校定石見神楽台本 著者 篠原 實 】
発行所 細川神楽衣装店
島根県浜田市大辻町檜ヶ浦75の2


(サイト管理者が付け加えた文章もあります)

陰陽神楽写真コンテスト