ホームへ戻る メニューへ戻る
ブラクラ対策
(ブラウザクラッシャー対策)

ホームページの閲覧中に画面たくさん出たと言う現象が起きたりしないでしょうか?

これはウィルスやスパイウエアの可能性もありますが

ブラウザクラッシャー(ブラクラ)の影響も考えられます。

ですから、ここでブラクラの説明と対策方法を記載しております。

■ブラクラの傾向■

ブラクラに被害にあってしまうパターンは掲示板、チャットがほとんどで

「面白い所があるよ」と書き込みをして

ブラクラサイトに誘う者もいたり、Flashと見せかけたブラクラもあります。

この他に自動登録リンクにも貼り付けてしまう人もいます。

これらのブラウザークラッシャーの多くはスクリプトを使用して作られているため

セキュリティーのJavaを無効にしておくのもいいかもしれません

さらにCookie(プライバシー)のレベルを最大にしておく事も有効です。

もし、ブラクラに出会ってしまった場合は、まずEscキーを押しましょう。

ブラクラの種類(メニュー)
Java Script無効の仕方 強制終了の注意事項
フルスクリーン型 ゾンビウィンドウ型
ウィンドオープン型 忍者ウィンドウ型
FDDアタック型 CONCON、クラッシャー型
メールトゥーストーム型 アラートオープン型
リンクリンク型 音声ストーム型
テーブルアタック型 マインドクラシャー型
サイト名:BrowserCrasherChecker
http://www.jah.ne.jp/~fild/cgi-bin/LBCC/lbcc.cgi

上記のURL先でブラクラのチェックが出来ます。
怪しいサイト(URL)があれば、こちらで調べて見る方法もあります。

■Java Script(ジャバ スクリプト)無効の仕方■

ブラウザのウインドウ上部の[ツール]をクリック
次にメニュー内の[インターネットオプション]をクリック
[セキュリティのタブ]を選択をします。
[レベルのカスタマイズ]で 右の表 にあるものをチェックを入れます。
これが Java Scriptの無効の設定の仕方です。

Java Scriptを使用しているからと言っても全てがブラクラではなく
動的のページを作成するために使用しますので
無効のままにしておくのも考えものだったりします。

またこの無効の設定にして、さらにすべてのCookieをブロックすると
スパイウエアを進入を抑える事も出来ます。
通常で最適な環境を求めてホームページを楽しむのでしたら
通常の設定で十分ですが用心は必要です。

Javaの無効設定
Java Script無効
アプレットのスクリプト無効
アクティブスクリプト無効

Javaの通常設定
Java Script
アプレットのスクリプト有効
アクティブスクリプト有効
戻る

■強制終了の注意事項■


【電源ボタンを数秒間押しっぱなしによる強制終了について】

電源ボタンを数秒間押しっぱなしの注意すべき事は
HDDのアクセスランプが消えていることを確認してから切って下さい

点滅しているときに電源を切ると、HDDが壊れる可能性がありますので大変危険です。

また、電源ボタンを数秒間押しっぱなしで電源を切った後は
再起動を行うことも忘れないようにしましょう

戻る
■フルスクリーン型■


フルスクリーン型とは
ウィンドウ画面表示の上部右側にある最大化ボタン操作の時とは違い
パソコンの画面全体を使って表示させる事であり
ウィンドウ画面の[メニューバー] [タスクバー] [ツールバー]等の表示を隠してしまうもので、
このために、ブラウザの「戻る」や「閉じる」などが出来なくなってしまいます。

ですからショートカットキーの操作でブラウザを動かす必要があります。

おもに「ホラー画像」「グロテスク画像」「エロ画像」などを見せるためによく使われ
俗に言うアンダーグラウンド(略してアングラ)系統のサイトによく見かけられます。

パソコン(インターネット)初心者にはコンピューターウィルスかと思ってしまうブラクラでしょう。

遭遇度[少] 危険度[小]

【フルスクリーン、脱出方法】

「Altキー+F4」ウィンドウを閉じる

「Ctrl+W」ウィンドウを閉じる

他に下記の方法もあります。

「Altキー+←」1ページ分のウィンドウを戻す

「BackSpaceキー」1ページ分のウィンドウを戻す

【フルスクリーン、回避方法】

「Java Script(ジャバ スクリプト)無効」の設定で回避可能です。

戻る

■ウィンドオープン型■


ウィンドオープン型とは
ウィンドウ画面が勝手に次から次へと 無限に増殖して開いていき
マウスで閉じても増殖するために間に合わず
最後にはフリーズしてします。(動かなくなる)

最悪の場合はブラウザソフトやハードディスクの破損を引き起こす恐れがあり
修復でリカバリーで復活させても直らないことがあります。

変種としてはゾンビウィンドウ型や忍者ウィンドウ型をあわせ持つタイプもあり
自動接続プログラムを仕込んだタイプもある

遭遇度[中] 危険度[大]

【ウィンドオープン型、脱出方法】

「Alt+F4」数回押す

「Alt+F4」押しっぱなし
(こちらの方が効果的です。)

「Ctrl+W」ウィンドウを閉じる

「Alt」+「Ctrl」押しながら「Delete」
無限の場合はタスクマネージャから終了させる

注意事項
タスクマネージャから終了させると
タスクマネージャ無限増殖してしまいエラーが出ますが問題は特にありません

【ウィンドオープン型、回避方法】

「Java Script(ジャバ スクリプト)無効」に設定する

「ブラクラ対策ソフト」を入手してシステムを起動させておく

オンラインソフトで入手でき無料で提供されてあるものもあります。

戻る

■FDDアタック型■


FDアタック型とは
FDドライブに何も入っていないのにアクセスしようとすると、 FDDから音がします。

それを利用してFDドライブを何時までも動かし続けると言うブラクラで
そして、この間には、パソコンはフリーズ状態になってしまうので、何も操作できません。
そして、これをそのままにしておくとFDドライブが壊れる危険性があります。

バリエーションも様々あり中にはファイルを削除してしまう物もあるとの事です。

遭遇度[極少] 危険度[大]

【FDアタック型、脱出方法】

ブラウザの画面上部にある「中止」ボタンのアイコンを押す

または、「Escキー」を押す

それでもだめな場合は「強制終了」する

【強制終了の仕方】
「Alt」+「Ctrl」押しながら「Delete」でタスクマネージャで終了させる

または、電源ボタンを数秒間押しっぱなしで電源を落とす
(できれば、こちらの方は使わない方がよい)


強制終了させた後は不具合が起きないように、
なるべく再起動を行いましょう

【FDアタック型、回避方法】

〜情報提供により〜

CDからのブートの可能なOS(WinXP等)に
アップグレードし「外付けFDD」のみにし
必要の無いと時はFDDの電源を切るのが根本解決です。

殆どは「JavaScript」を「無効」にすれば安全ですが
ヘッダーを細工してブラウザレベルでは
どうしようも無いものもあます。

---貴重な情報提供のご協力ありがとう御座いました---

戻る

■メールトゥーストーム型■


メールトゥーストームとは
メーラーは通常のウィンドウオープンよりもパソコンに負荷がかかります。
それを悪用して複数のメーラーを開かせパソコンに負荷をかけさせます。
これではフリーズは免れないかもしれないでしょう。

これに、かかった場合は、そのページから出るか閉じるかをしてから対処しましょう

遭遇度[少] 危険度[大]

【メールトゥーストーム型、脱出方法】

「Alt」+「F4」押しっぱなし

画面上部にある「中止」ボタンのアイコンを押す

または、「Escキー」を押す

「Alt」+「Ctrl」押しながら「Delete」
無限の場合はタスクマネージャから終了させる

注意!タスクマネージャまで無限増殖してしまうこともあります

最終手段としては「強制終了」する
(電源ボタンを数秒間押しっぱなしで電源を落とす)
(できれば、こちらの方は使わない方がよい)


【メールトゥーストーム型、回避方法】

Java Script無効+ステータスバーを表示させリンク先の確認をして
信頼できないサイトの場合はクリックしないようにする

戻る

■ゾンビウィンドウ型■


ゾンビウィンドウ型とは
別のウィンドウが勝手に開き 閉じてもすぐに復活 してしまうブラクラで
(別のウィンドウ=ポップアップウィンドウと呼ぶ)

それを消したと同時に2〜7個ほど増殖するものもあります。

普通なら2度ほど閉じたら消してしまう事が出来ますが、
永遠に消せないダイヤルQ2や海外通信に切り替える自動接続プログラムを組み込んだものもあり、
またウィルス付きのサイトへと飛ばされるのもあり悪質極まりないです

ポップアップウィンドウのような広告に多用されておりますので、
遭遇しやすいブラクラであり特にアダルト系サイトに多く見られます。

遭遇度[多] 危険度[中]

【ゾンビウィンドウ、脱出方法】

「Altキー+F4」で脱出できます。
(無限ではない場合)

「Ctrlキー+W」押しっぱなしで脱出できます。
(効かないタイプもあります)

「Alt」+「Ctrl」押しながら「Delete」
(無限の場合はタスクマネージャから終了させる)

注意事項
ウィンドオープン型を含む場合はのタスクマネージャから終了させると
タスクマネージャ無限増殖してしまいエラーが出ますが問題は特にありません

ゾンビウィンドウの仕掛けがあるページそのものに問題があるので
そのページを出るのではなく閉じてしまう事が重要です。

【ゾンビウィンドウ、回避方法】

Java Script(ジャバ スクリプト)無効で回避可能です。

オンラインソフトでポップアップウィンドウ防止(除去)ソフトと言うのがあり、
たいていのそれらは回避できます。
「Yahoo!検索リンク ポップアップウィンドウ防止(除去)ソフト

■WindowsXP SP2■

WindowsXP SP2にはポップアップウィンドウの制御機能が付いていますので
表示にする否かは、ユーザー自身で選択します

戻る

■忍者ウィンドウ型■


忍者ウィンドウ型とは
ウインドウが 動いたり、隠れたり して、ユーザーを困らせます。

さらにウィンドウオープン型やゾンビウィンドウ型をあわせもつものもあります。

通常の忍者ウィンドウ型でしたら タスクバーから簡単に閉じる事はできますが、
ウィンドウオープン型やゾンビウィンドウ型のような
合わせ技を持つ場合は簡単に閉じる事は出来ません

遭遇度[少] 危険度[大]

【忍者ウィンドウ、脱出方法】

「Altキー+F4」で脱出できます。

「Ctrlキー+W」で脱出できます。

「タスクバー」から閉じる(無限でない場合)

「Alt」+「Ctrl」押しながら「Delete」
(無限の場合はタスクマネージャから終了させる)

注意事項
ウィンドオープン型を含む場合はのタスクマネージャから終了させると
タスクマネージャ無限増殖してしまいエラーが出ますが問題は特にありません

【忍者ウィンドウ、回避方法】

「Java Script(ジャバ スクリプト)無効」で回避可能です。

戻る

■CONCON、クラッシャー型■


CONCON クラッシャー型とは

「CON ファイル」を二回以上の指定を受けさせてシステム異常を起こさせるもので
Windowsのバグをついたものです。これを受けますと再起動させるしかありません

ブラクラの中では危険性もトップレベルですが
ブラウザソフトの「Internet Explorer5.5(IE5.5)」以上のソフトは対策済みで
Windows2000以上のOSにも対策済みです。
それ以下の「IE」や「OS」は警戒する必要があります。

遭遇度[極少] 危険度[極大]

【CONCON クラッシャー型、脱出方法】

不明、情報を求めます

【CONCON クラッシャー型、回避方法】

〜情報提供により〜

Windows自身のバグへの攻撃なので
アップデータ以外の回避方法は存在しないの事でした。

---貴重な情報提供のご協力ありがとう御座いました---

戻る

■アラートオープン型■


アラートオープン型とは
ウィンドウオープン型とよく似ており

アラートは警告窓の事で「右クリック禁止」などの別窓の事です。
それを無限にアラートを開けてしまうブラクラです。

遭遇度[中] 危険度[極大]

【アラートオープン型、脱出方法】

無限でなければ普通に閉じるで脱出できます。

無限でなければEnterキーも有効です。

「Altキー+F4」でも脱出できます。

最終手段としては「強制終了」する
(電源ボタンを数秒間押しっぱなしで電源を落とす)
(できれば、こちらの方は使わない方がよい)


【アラートオープン型、回避方法】

「Java Script(ジャバ スクリプト)無効」で回避可能です。

戻る

■リンクリンク型■


リンクリンク型とは

ランダムリンクの悪い使い方(騙しリンクの一種)をしていることで
リンクすると自動で勝手にランダムで
特定の別のページへ自動的に飛ばしてしまうものです。
(閲覧者側から見ると予測しにくいので不特定ともいえます。)

さらに「ウィンドオープン型」と合わせもつものもあります。

酷い場合には悪徳サイト誘導させたり

ウィルスに感染したサイト
に飛ばされる事もあります。

これはブラクラの一種とは言えませんが迷惑なのは変わりはありません

本来ならば訪問者を楽しませるために
設定していたりしますので全てが悪という訳ではありません

遭遇度[多] 危険度[中]

【リンクリンク型、脱出方法】

リンクをしたとたんに飛ばされますので脱出不可能ですが、
泥沼に落ち込む前に素早くページを閉じましょう

「Alt+F4」押しっぱなしも有効です。

【リンクリンク型、回避方法】

Javaの無効(Java Scriptによるリンク指定をしているのみ有効)

「Location ヘッダー」は瞬間的に飛ばされ履歴も残らないので回避不能

「META要素」による自動リンクは入ったら数秒後に別のところへ飛ばされますが
戻るの連打で回避できます。

自分が怪しいと感じればリンク(クリック)しない事
これにかかった場合は素早くページを閉じることが無難で
自動で飛ばされた先には、さらに別の危険なスクリプトなどがあるかもしれません

「CGIやPHP形式」などを使用している場合もあるので
「Javaの無効」にしていても無意味ですがステータスバーで確認できますので
予測することも可能です。



戻る

■音声ストーム型■


音声ストーム型とは
1つのページ内に複数の音声の要素を設置して
それらを一斉に音楽を流すというものです。

このために必要以上に負荷がかかるために落ちてしまうことも有り
これを[MP3]などのような容量の大きいものでやられたらたまりません

また、音声のボリュームも高く設定してスピーカーを痛めさせます。
しかし、最近のOSは自動的にプログラムの終了が働くために危険性は低いようです。

遭遇度[極少] 危険度[中]

【音声ストーム型、脱出方法】

そのサイトから素早く退室する
または、音声パネルを表示している場合はそれをひとつずつ止める

【音声ストーム型、回避方法】

「Fn+Shift」で 音声を下げる

または、タスクトレイにある「音量」で
ボリュームを下げておくか「ミュート」で音声を切っておく

戻る

■テーブルアタック型■


テーブルアタック型とは
1つのページ内に「TABLE」要素を多重に使ったもので
通信速度によっては、「TABLE」を読み込む表示スピードが異様に遅いので
この間、パソコンは読み込むのに必死で何も出来ません

このため、読みあがるまで、
ひたすら待ち続けなくてはならないので、ストレスを感じます。
また、古いブラウザはIEが落ちるか固まってしまいます。

テーブルとはこの囲いの事です。


遭遇度[中] 危険度[極小]

【テーブルアタック型、脱出方法】

ページが読み込まれるまで何も出来ないので
脱出は不可能です。

【テーブルアタック、回避方法】

ブラウザを最新のものに変える

戻る

■ノンバック型■


ノンバック型とは

ブラクラだ!そうではない!
このように意見が割れておりますが、こんな物もあるぞ!
と言う事で一応に紹介しておきます。

ノンバック型はブラウザの戻るをクリックしても、連打しても戻れない嫌なブラクラで
自分がほしい情報を検索して調べてる時(ネットサーフィン中)にやられると困ってしまいます。

自動で瞬間的に同ページに移動させるために起こり
結果として戻れないページが出来上がると言うわけです。

MATA要素、Location ヘッダー、Java Scriptによるものとに分けられます。

遭遇度[極少] 危険度[極小]

【ノンバック型、脱出方法】

履歴を使ってジャンプする

Location ヘッダー、Java Scriptによる
履歴消去
をするタイプもあるため
ブラウザを閉じてしまうか、
ブックマークで別のサイトへ移動するしかない

【ノンバック型、回避方法】

Java Script無効(Java Scriptによるタイプのみ有効)
CGIやMATA要素によるものはほぼ回避不能

戻る

■マインドクラッシャー型■


マインドクラッシャー型とは、
パソコンを攻撃するものではなく人の精神を破壊させるものです。

マインド(精神・心)クラッシャー(破壊・事故)略して「マイクラ」と呼びます

【マインドクラッシャーの内容】

限度を超える「残虐シーン」や「アダルト」や「ホラー」などの
目を覆いたくなるグロテスクな画像や映像を公開して、精神を傷つけます。

ほとんどがフラッシュだがビデオ写真を使用している事もある

【マインドクラッシャーの被害状況】

これを一度見てしまうと目に焼きつき、頭からなかなか離れないので
夢に出てくる可能性や食事が喉を通らなくなったり
精神崩壊人間不信になってしまったりするので
精神科医にお世話になるかもしれません

また、精神的に弱かったり心臓を悪くしてる方は
最悪ショック死を起こす危険性もあります。

コンピュータウィルスやブラクラよりもこちらの方が、はるかに危険です。

【マインドクラッシャーの遭遇場所】

自動登録リンク・掲示板・チャットがもっとも遭遇しやすい
これは、第三者が面白がって貼っていく人がいるからです。

製作元は海外のサイトが多いので、アドレスで見破ることも可能

日本国内ではこの様なサイトは許されません
被害者を死なせてしまったり精神障害を起こさせると、ネット犯罪となります。

遭遇度[中] 危険度[最強]

【マインドクラッシャー型、脱出方法】

そのサイトから素早く退室する

またはブラウザを閉じる

Javaを使用している場合もあるので「Altキー+F4」で脱出

Javaを使用している場合もあるので「Ctrlキー+W」で脱出

Javaを使用している場合もあるので
「Alt」+「Ctrl」押しながら「Delete」でタスクで終了する

【マインドクラッシャー型、回避方法】

インターネットオプションの詳細設定で

「画像を表示する」のチェックをはずす

掲示板やチャットで怪しげな人や初顔の人の紹介のリンクには警戒すること

「Fn+Shift」で 音声を下げる

または「ミュート」で音声を切っておく

Java Script(ジャバ スクリプト)の無効

Active Script(アクティブスクリプト)の無効
戻る

■ブラクラ対策のまとめ■


ここで説明しているブラクラはすべてのタイプを載せているわけではありません

ブラクラの多くは「Java Script」で作成されておりますが

なかには「Active X」や「HTML」で動作させるものもあります。

こちらの対処としては
Windows Updateで修正パッチの入手をおこないましょう

ほとんどのブラクラはInternet Explorerの脆弱性を狙ったものです。
しかし、別のブラウザソフトを使用すると安全であるとは言い切れず
Internet Explorerはもっとも普及しているために
狙われやすいだけであると言うことです。

ウィンドオープン型などの場合はタブブラウザでしたら対処は容易にできます。

掲示板、チャットでブラクラまたはマイクラを踏んでしまったときは、
これ以上の被害者を出さないために
このリンク(アドレス)先はブラクラまたはマイクラだと書き込んで皆に伝えましょう


--- Copyright (C)2003 kagemusya (影武者) All Rights Reserved ---