ホームへ戻る メニューへ戻る

パソコン用語(PC用語)か〜こ
【か】
「カードスロット」

主にノートパソコンの拡張性を高めるために装備され、PCカードやメモリーカードなどを差し込むためのスロットです。

「外字」 (設定)

JISコードで定められた「ひらがな」「漢字」「記号」などがそうで基本ソフトに登録されています。
プログラムのアクセサリにある外字で独自に作成することも可能ですが、
自分のパソコンでしか表示できないためインターネットでは、ほとんど役にはたちません

「解像度」 (設定)

パソコンの画面に画像の細かさを表現する度合いで画面表示能力のドット数の事をいいます。
標準的な総ドット数は1024×768で、この他にも様々な総ドット数があります。

有効表示サイズはまた別のことで、こちらの言い方のほうはウィンドサイズの事を言います。

「海賊版」 (名称)

違法改造ソフトや不正コピーソフトのことです。
DVDやパソコンソフトなどを低価格で発売していますが
著作権法に違反しておりますので手を出さないようにしましょう

「解凍」

圧縮ファイルから中身を取り出して圧縮されたソフトなどを使えるようにすることです。
圧縮形式も様々あり、解凍するにはそれに合った解凍ソフトが必要です。

「顔文字」 (文書)

横書きで記号や文字を使って顔の表情や仕草を表現したものです。 (例)「キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!」などがあります。
「掲示板」や「メール」や「チャット」でよく使われています。

「カキコ」 (掲示板)

おもに掲示板で「書き込む」と言う言葉から略して「カキコ」と言います。

「拡張子」

ファイル名の最後に「.(ドット)」に続けて付く略語のようなもので画像ファイルなら「gif」テキストファイルなら「txt」などで、
3〜4文字で表示されているのが普通です。

この拡張子を付けることによってパソコンに、どの様なファイルかを認識させる為のものです。

例えるなら、ここに一冊の本があるとします。
しかし本のタイトルだけではどの様な内容かわかりません、
そこで「小説」か「漫画」か「教本」などのように認識させているわけです。

「拡張スロット」

拡張カードを差すスロットです。拡張バスの種類ごとに拡張スロットの大きさや形が違いますので注意しましょう

「拡張バス」

拡張ボードを使用して機能を拡張するためにあるバスのことです。

「画像ファイル」

画像ファイルは「gif」・「jpg(jpeg)」・「png」・「bmp」・「TIFF」などのタイプがあり用途に合わせて使用します。

「拡張ベイ」

パソコン本体にあるハードディスクやCD-ROMなどを内蔵するための空きスペースのことです。

「拡張ボード/カード」

パソコンに内蔵して機能を拡張する基盤です。PCカードとは外付けのカードですので意味がかわります。

「画素」

ピクセルとも呼びます。
これは画面を標示する点のことでデジタルカメラでどれだけ鮮明に撮影できるかと言う数値を表しています。

「仮想メモリー」

ウィンドウズの機能で、ハードディスクを見せかけるようなメモリー「RAM」の一部として利用するもので。
本体のメモリーが不足しないようにメモリーを記憶の一部を自動的にハードディスクに移します。
尚これらの作業は自動的におこなわれますので利用者は気にする事はないでしょう。

「管理者/管理人」

その個人や企業などのホームページを新規、作成、編集などをおこなっている人のことです。


メニューへ戻る
【き】
「機種依存性文字」 (文書)

メール・掲示板・印刷時に文字が別の文字に変化してしまう現象の事で
「文字化け」ともいう
WindowsやMacintoshでの一部の文字コードが違いで
「学術記号」や特に「丸字」の文字は文字化けしてしまいます。

WEBページにおいての文字化けの場合ではエンコードで調整してみる事も可能ですが それでも調整できない文字もあります。

半角のカタカナは機種依存性文字ではありませんが
こちらも文字化けしてしまうので使用するのはやめておきましょう

「鬼畜サイト」 (サイト)

アンダーグラウンド(アングラ)の一種で、
人道的に並外れた残虐・残酷・惨劇的で公には見せられない画像・映像を公開しているサイトのことです。
特に人の「死」や「血」が関わっている現実の画像のため人の尊厳が疑問視されているサイト
ほぼ「マインドクラッシャー」のため幼い子供にはまず見せられないでしょう

「逆アクセスリンク」

CGIなどを利用して自動的にアクセス元を探し出したリンクのことです。
これをWEB上に公開してアクセスの多さでランキングをおこなっていたりします。

「キャッシュ」

キャッシュとは「インターネット一時ファイル」のことで
ダウンロードしたファイルを一時的に保存させている機能のことです。

「キャッシュ(リンク)」

「Google」などで行われているサービスで対照となるのホームページのサーバーがダウンした場合でも
ページの内容が見られるように保存されており「キャッシュ」をクリックすると、
そのホームページを見られますが それが実際のページではありません

「キャプチャ」

画面に表示されている内容を画像・テレビ・ビデオの映像を取り込んでパソコンのデータに変換することで使われる言葉です。

「キャンセル」 (操作)

操作の取り消しや中止することをいいます。

「強制終了」 (操作)

なんらかのトラブルが起き基本ソフトや特定のソフトが動かない時に無理に終了させてしまうことです。
強制終了した場合は一度パソコンを起動させた後に再起動することをお薦めいたします。

「キリ番」 (サイト)

ホームページにあるアクセスカウンターのキリの良い番号の事で、
1000とか5000やぞろ目の777とか語呂合わせなど色々あります。
またあるサイトではキリの良い番号を踏むとプレゼントがもらえる所もあります。
サイト管理者側でこれを設置するにはCGIの知識が必要で、面倒ならばレンタルのカウンターで簡単に設置できます。


メニューへ戻る
【く】
「クイックタイム」 (映像)

アップルコンピュータが開発した映像、音楽を再生する技術でクイックタイム形式のデータを再生するには、クイックプレイヤーが必要です。
アップルコンピューターはマッキントッシュのメーカですが、クイックタイムはウィンドウズでも利用可能です。

「クッキー」Cookie

ウエブサーバーからブラウザに送られ、パソコンに保存された情報ファイルをやり取りする仕組みで、
Cookieはユーザの識別に使われています。
これは、おもにIDやパスワードなどを保存してログインするたびに入力しなくてもすみますのでとても便利です。
掲示板での名前やメールアドレスなどフォームなどで入力した文字を保存できるが
これを悪用する人もいますのでプライバシー(セキュリティー)面で不安感があります。

「クライアント」

「依頼人」と言う意味でインターネットでは、サーバーから機能を提供してもらう側のパソコンの事をいいます。
つまり一般ユーザーのパソコンがクライアントになります。
別の言い方をしますと、サーバーが「探偵」で一般ユーザーのパソコンが「依頼人」と言う事になり雇い主のようなものですね

「クラスタ」

ディスクにデーターを記録する時の最小単位です。
これは基本ソフト(OS)が管理しているので普段は気にする事はないでしょう

「クラッカー」 (名称)

コンピュータ技術や知識に優れた人ですが、インターネットを利用して他のコンピュータに不正アクセスしたりデーターを盗んだり、
破壊したりする悪い人のことで「ハッカー」とは区別されて「悪いハッカー」と言う意味になります。

語源は不明ですが「クラッシュさせるハッカー」→「クラッカー」が有力な説なようです。

「クリック」 (名称)

マウスでのボタンを押す操作の事で、 「クリックして下さい」とあれば、左クリックのことです。
※右クリックの時のみ「右クリック」と「右」を付け加えて言います。


メニューへ戻る
【け】
「掲示板」 (サイト)

電子掲示板またはBBSとも言います。、 意見交換や伝言板として利用されホームページの作者との交流の場として使われているのがほとんどです。
掲示板のタイプは「トピック形式」・「ツリー形式」・「スレッド形式」・「一言レス形式」・など多くの掲示板のタイプが存在しています。

「検索」 (操作)

パソコン内部にあるファイルやフォルダなどの情報を探す時に用意されている機能です。
(ホームページを探す検索する場合は検索エンジンを利用します。)

「検索エンジン」 (サイト)

インターネットで公開されているホームページの中から利用者が見たいと思っているホームページを検索するためのホームページで、
サイト名が分からなくてもキーワードを入力するだけで見つけることが可能になったりします。「Yahoo!」や「Google」が有名です。


メニューへ戻る
【こ】
「光学式マウス」 (機器)

従来のマウスは底部にボールがはめ込められていますが、光学式は光で読み込むタイプです。
光で読み込むがためにマウスパッドなどが光沢のあるものを使用しますと
光が反射するために正確に動作しないと言う弱点がありますが
ボールのように塵が詰まったりしないため手入れ(掃除)がしやすいと言うのが特徴です。

「更新」

パソコンやそのソフトのデーターおよびソフトの不具合の修正などを最新の状態にすることです。
サイトの情報を最新の状態に書き換えることも更新とよびます。

「購読」 (情報/操作)

メールマガジンや更新情報などを定期的に情報を自分に送ってもらう事です。
「有料」と「無料」と「一定期間お試し無料」などのサービスがあります。

「互換性」 (操作)

相性が良いという意味
つまりソフトやハードディスクなどが使えると言う状態です。
OSや機種、メーカーによって互換が合ったり、合わなかったりしますので
オンラインソフトをダウンロードする時にも
対応機種とかランタイムパッケージなど利用するのに注意が必要です。

「固定ハンドルネーム」 (名称)

略してコテハンと呼ぶこともあります。
ハンドルネームはID名とは異なって、何時でも変更出来るのですが
それを変更せずに、いつまでもそのハンドルネームを使い続けることを言います。
顔が見えないためハンドルネームを変えられると相手側が本人を判別できなくなるため
固定したハンドルネームを持つようにしましょう

「コピー&ペースト」

略して「コピペ」と言う人もいます。マウスの左クリックで「ドラッグ」した文字をコピーして別の場所にそれを貼り付けることです。
ホームページの作成によく利用されています。

「ごみ箱」 (操作)

いらなくなったファイルなどを削除するための置き場所で、誤って削除してしまっても
「ごみ箱」にファイルが残っていればもとに戻せる事が出来ます。
ごみ箱のアイコンを右クリックで「ごみ箱を空にする」を選択する事で完全に削除する事が出来ます。

「コンテンツ」 (サイト)

ホームページ(サイト)の場合では「作品」と言う意味で
本来の意味は「データ内容」の事で、辞書的の意味では内容物・中身・書籍の目次
音楽であろうが写真であろうとも、意味のあるものは「情報(データ)」と言えます。

「コンピュータ・ウィルス」 (プログラム)

コンピュータ・ウィルスは実際のウィルスとは違って人に感染するわけではなく、
コンピュータに取り付いて悪さをするプログラムの総称です。
このウィルスは、ほぼ毎日に新種や亜種のウィルスが世界各地のどこかで発生していますので
週に1度はウィルス対策ソフトの更新をしましょう


ホームへ戻る メニューへ戻る