超小型電池の作製(その2')  アルミ箔と酸素系漂白剤による電池の応用

 

1.はじめに

 身近な素材を使った安価で簡単にできる電池を紹介する。スーパー等で手に入る素材で低電圧・低電流で作動する電子メロディーが数分間なんとか鳴る条件でアルミ箔と酸素系漂白剤による電池を再検討した。安価なスチールウールで可能で作成費も1個あたり約0.3円以下となった。

 

2.準備 (1個あたり)

 アルミ箔(5cm*3cm),ティッシュペーパー(5cm*3cm),スチールウール(約0.04g),水道水,酸素系漂白剤(約0.04g),耳かき,電子メロディー

3.実験

  (1) スチールウールを少量取り,4cm位の棒状にする。

 

  (2) ティッシュペーパーに酸素系漂白剤を耳かき1杯分まんべんなく置き、1が中心にくるように巻く。水道水を2・3滴たらし周囲にアルミ箔を巻き付ける。ただし,銅線とアルミ箔は直接触れないようにすること。

  (3) スチールウールが正極,アルミ箔が負極とした電池になる。電子メロディーにつなぐとなんとか数分間鳴る。

 

 

4.考察

 酸素系漂白剤には過炭酸ナトリウムと言う物質が含まれており、酸化剤として作用する。この物質は炭酸ナトリウムと過酸化水素の混合物であるらしい。ただ、口に入れないようにする必要がある。

 作成後すぐ使用するより、3分ほど放置後使用すると酸素系漂白剤が溶けよかった。

 応用として11円電池(1円+10円)や6円電池(1円+5円)も可能であった。


もどる

 

メールアドレス 

 


このページは です 無料ホームページをどうぞ