滝川一益

 「歴史の町」の「戦国武将」のところで中村一氏、滝川一益、和田維盛など著名な武将について書いておいたので、ここでは篠山系図に見える一益の系譜について記す。 
 有名な滝川一益が甲賀の出身か否か、これが一番の問題である。櫟野には「滝川城」があり、来歴の案内板も設置されている。十何歳まで櫟野にいたとか書いているが、それを裏付ける史料を見たことがない。小説に書かれている場合、その出身は大抵紀氏である一勝の子として登場する。これは、寛永諸家譜滝川(紀氏)によると思われる。先ずはそれから紹介する。



紀長谷雄――3代略――雄致(河州高安の庄司)――8代略――貞勝(八郎 江州一宇野城に移る)――一勝(八郎 久助 一宇野城主 後滝の城に移る。故に滝川と称す。)――一益(久助 従5位下 左近将監 のち伊予守と号す。 生国近江。その先を河内庄司といふ。幼年より鉄砲に長ず。河州にをひて一族高安某を殺し、去て他邦にゆき、勇名をあらはす。(後略) )
一宇野は現在櫟野と書く。櫟野城もあり、移ったといわれる多喜城も現存する。一益が河州で殺したといわれる某氏も系図上貞勝の孫にあたり如何にも本当らしい。小説家はイメージが膨らむことだろう。それに比べ伴氏出身説は説得力に乏しいが、このような系譜もあるということで以下に紹介する。
景高――忠景――景綱――景弘――景守――景次――景清――景恒――滝川三郎―――一益――滝川三九郎
                                                滝川三四郎――恒興――輝政
池田恒興と従兄弟の関係があり、恒興の母が信長の乳母(江州池田氏の娘)であったといわれる。そんな縁で一益が信長に推挙され家臣となったという説もある。この系図では従兄弟関係は出ている。