カブトムシ(昆虫)の飼育方法
飼育期間は温度等の条件により異なりますので、目安として下さい。
当ページの画像は「学研の図鑑」より、引用しております。
従って、画像の無断使用は一切禁止します。
カブトムシ
◆成虫
●羽化(うか)
蛹から成虫になる段階
羽  化  の  よ  う  す
連続写真を見る(ファイルサイズ 450KB)
●成虫
期間は2〜3ヶ月間
◆飼育のポイント
1、羽化しても触らない。
※羽化直後は体が柔らかいです。
−変形や寿命が短くなります。
羽化して、1週間ぐらいでマットから出てきます。
その時、初めて素手で触ってください。
2、のぼり木をマットの中に半分ほど埋める。
−転倒防止になる。(樹皮も可)
3、マットの上にエサ、枯葉などを置く。
4、飼育ケース(中)に一匹ずつ入れる。
5、えさについて
専用のゼリーがいいようです。
スイカ、きゅうりは水分が多いので与えない
−下痢で死ぬことがある。
バナナ、リンゴ、パイナップルなど与えて下さい。
新鮮なものより、発酵している方がいいようです。
6、小バエ対策シートを使用すると、体をからませて死ぬことが
ある。
トップへ 次(産卵のさせ方)へ
リンク用バナー 当サイトは、リンクフリーです。
JavaScriptを使用しております。
Microsoft Internet Explorer 6.0にて確認