カブトムシ(昆虫)の飼育方法
飼育期間は温度等の条件により異なりますので、目安として下さい。
当サイトの画像は「学研の図鑑」より、引用しております。
従って、画像の無断使用は一切禁止します。
カブトムシ
◆たまご
たまごは卵室(大きさ2cmぐらいのだんご状のマットの空間)に  あります。
産卵のイメージ 卵室のたまご
期間は10〜14日前後で、1齢幼虫になる。
 イラスト 大きさ 形状
産卵直後 2〜3mm 楕円
孵化直前 4mm位 球形 乳白〜クリーム
孵化する前に、幼虫が透けて見えることもある。
◆飼育のポイント
1.産卵から1週間ごとに卵を取り出し、別の容器へ移動させる。
早めに取り出すことでトラブル(親が卵を傷つけたり、卵に虫がついたり、卵がカビたりする)を事前に防ぐ。
2.その時、卵は素手で触らず、スプーンなどで取り出す。
3.卵はデリケートなので、取り扱いは注意する。
4.別の容器へ移動したあとは、振動などをあたえず孵化するのを黙って待つ。
5.カビが生えて、孵化しないことがある。
6.無精卵が産まれることもある。しかし、孵化はしない。
◆よくある質問
Q.カブトムシのたまごですか?
A.実際に見てみないとわかりません。
上記の特徴を理解した上で、各自で判断して下さい。
トップへ 次(幼虫の飼育)へ
リンク用バナー 当サイトは、リンクフリーです。
JavaScriptを使用しております。
Microsoft Internet Explorer 6.0にて確認