カブトムシ(昆虫)の飼育方法
共 通
◆マットの水分量
よくあるのが、手で握って開いた時、固まらずに少し崩れる程度といいます。
しかし、この表現は初心者にとって難しいかもしれません。
実際、あまりシビアになる必要はないと思います。
こまめにチェックをし、乾燥したら水分を補充する方が楽かもしれません。
初心者でも簡単に湧くイメージとして、山の地面がいいと思います。
山の地面も、湿っている時や乾燥している時もありますが、この範囲内で水分を調節してあげればいいと思います。
トップへ
リンク用バナー 当サイトは、リンクフリーです。
JavaScriptを使用しております。
Microsoft Internet Explorer 6.0にて確認