カブトムシ(昆虫)の飼育方法
飼育期間は温度等の条件により異なりますので、目安として下さい。
当サイトの画像は「学研の図鑑」より、引用しております。
従って、画像の無断使用は一切禁止します。
カブトムシ
◆マットの手入れ
●幼虫の場合
マットを使用する場合は、(幼虫のエサとなるので)
必ず発酵済みのマットを使用する。
1、マットをセットする前に園芸用の篩いにかける。
1−1、網目2.5mm
通過しないものはミキサーで細かくする。
1−2、網目1.6mm(ネット網)
通過したものを初齢、2齢に使用。
通過しないものを3齢に使用。
※ 手間が掛かるが、マットの節約になる。
2、糞が目立ってきたら、篩いにかける。
2齢は網目1.6mm、
3齢は網目2.5mmを使用
※ 初齢のマットは篩いにかけず、
  捨てる。
3、マットが不足したら、1の選別マットを補充する。
4、ダニがいたら、全部交換した方が良い。
※ ダニのマットは電子レンジ等で加熱すると、
  再利用可能
●成虫の場合
使用するマットは未発酵のものでも良い。
上記1−1の通過しないものでも良い。
基本的には交換の必要なし。
トップへ
リンク用バナー 当サイトは、リンクフリーです。
JavaScriptを使用しております。
Microsoft Internet Explorer 6.0にて確認