カブトムシ(昆虫)の飼育方法
カブトムシ
◆はじめに
1、世話をする前後は手を洗う。
手には、目に見えない細菌がついております。
それが原因で、幼虫がカビたりします。
2、幼虫には素手で触らない。
スプーン(レンゲ)などを使用する。
3、むやみに振動を与えない。
4、光を照らさない。
5、頻繁に幼虫などを触らない。
●保管場所
1、直射日光のあたらないところ。
2、冷暖房のない(温度差の少ない)風通しの良いところ。
3、静かなところ。
トップへ 次(便利な道具)へ
リンク用バナー 当サイトは、リンクフリーです。
JavaScriptを使用しております。
Microsoft Internet Explorer 6.0にて確認