→携帯電話でご覧のみなさまへ 玉木宏ファンサイト >>It yearns for me 玉木宏<< 俺のたった1人の憧れの存在である、玉木宏さんについて語ります♪ <毎日更新中>
玉木宏ファンサイト >>It yearns for me 玉木宏<<
 [サイトからのお知らせ] [初めてお越しの方へ] [画面表示・推奨ブラウザについて] [ブックマークについて] [アクセスマップ] [search検索]  |English中文版Korean
玉木宏情報&感想関連玉木宏ファン交流玉木宏アンケート&ランキング玉木宏読み物玉木宏ファンネットワーク
TOP俳優論的 玉木宏>第四章・・・実年齢と役年齢

■第四章・・・実年齢と役年齢

 俳優にとって実年齢と同じ歳のドラマや映画はほとんどないだろう。11月に公開された『ただ、君を愛してる』の誠人役を演じる玉木宏さん。その年齢はとても離れている。誠人は18歳であるが、玉木宏さんは25歳(映画撮影時)と7歳も差がある。当然7歳というブランクはとても大きいし、映画の中では7歳年下の役を演じなければならない。
 しかし、ここで演技力が大きく出てくるところであろう。玉木宏さんはこの役を演じるときに、声のトーンを高くしたり、コンプレックスをかかえている役だからこそ余計に難しい役作りをした。
 そしてもう1点は、自分が経験したことがないコンプレックスを演じるということである。確かにコンプレックスは誰でも持っているものだけれども、この誠人の場合のコンプレックスはそう感じていないであろう。現に、鈍感なキャラクターである誠人を演じることが難しいと語る。経験したことがないことだからこそ、悩み、学び、成長していくのであろう。どの映画・ドラマ作品でも言えることであるが、実年齢と役年齢のギャップを思わせないようにすることは難しいし、見ている私たちにも違和感を感じさせないようにする責任感は大きいであろう。
 もう1つは原作があるということである。原作がある場合は特に、原作を読んだ人が映画を見て良いと思ってくれることはとても難しいのである。どうしても脚色してしまったり、雰囲気や場所が見つからなかったりして、原作ファンから不評を得てしまう場合がある。今回の映画も原作があり、純愛小説を得意とする市川氏の原作『恋愛写真』を映像化したものである。
 しかし、玉木宏さんは次のように述べている。「原作は撮影が終わったあとに読む」と。これは原作は原作として、映画は映画として見て欲しいという気持ちが込められているのではないだろうか。私たちは原作と映像を比較する傾向にある。原作はよかったのに映像化したものは良くなかったと。しかしながら、これからは原作は原作としての魅力、映画は映画としての魅力を私たち自身が発見していけるようなものが望ましい。
 これから俳優としての玉木宏さんはどのように成長し、どんなカラーをつけていってくれるのか楽しみである。




[→俳優論的 玉木宏 TOPページに戻る]

このサイトについて携帯サイトについてRSS・XMLについてメール(連絡窓口)プライバシー等についてこのサイトの略歴推奨ブラウザ情報等について掲示板・チャットの利用について広告について俺のプロフ&日常ブログEnglish中文版Koreansearch検索


このサイトは、玉木宏さん所属事務所及びファンクラブとは関係ありません。ファンである俺が制作しているサイトです。 また、ファンクラブでしか公開されていない情報等は表示・掲載していません。その他、このHP内で起きた出来事等に関しましても一切責任はとれませんので、ご理解のうえご覧ください。 何かございましたら、「メール」からご連絡ください。
※当サイトを正しく表示するためには、Internet Explorer のブラウザでJavaScriptを有効にしておく必要があります。また、最新のflashプレーヤーがインストールされている必要があります。