'07GW和歌山縦断日帰りドライビング


今年もやってきたGW、そして“か→ぴぃ’ズ”大型連休恒例企画モノが!!
去年は飲み会の開催以外に目立った行動は起こさなかった面々であるが、今年は原点回帰!
5/3(祝)朝、出勤するウエバを見ただとか、多少の寝坊はあったものの、動き出す3Kとその他2名。
さぶストリームに乗り込み、枚方某所マクドにて朝マック中のジャイアンツ小笠原をチラ見しながら腹ごしらえ。
そして前日、くりさわハウスで練られたという今回の企画発表、、、
目指す目的地は那智の滝にあり!

しかし今回は、か→ぴぃ’ズの旅らしくなく日帰り?or1泊?、ともかく強行スケジュール。
「温泉があるらしい」、「ココ泊まれるらしい」っつう会話のごとに「置いて帰るから電車で帰れ」っつうさぶチャン、、、
全く、ツレね〜ヤツやの〜。
そんな会話をしながらも早くも奈良in、そして「携帯の電池なくなりそうや〜、オートバックスどこ?」と絡みだすタカシくん。
「大丈夫や、もうじき寝るからガマンしろ」と運転手さぶを励ますか〜ぴぃ&ひで。
そんなやり取りを何度か繰り返した後、生駒山沿いルートを外れてストリームは東進開始。
竹な中から巨大なかぐや姫が出てきてたり、オーダーメイドグラブshopを発見したり、
田舎景色に目をやり、街行く美女を探し求めたり、、、
ヒドイ渋滞に巻き込まれることもなく、高速も使うことなくサクサク進む。
そして石室解体で話題の高松塚古墳近くを通り、
奈良の奥山、吉野方面へと向けて山道をgo!
まだチラホラと桜咲く山を見ながら、一向は南へ南へ。
時間もそろそろイイ感じ。
昼メシを求めつつも、初夏の日差しを浴びながらのドライビン♪
そんな中、川沿いの絶壁に刻まれた文字を発見。
ちょっと小休止、川原に下りて記念撮影。


すぐに出発したものの、そっから目と鼻の先の場所でまたしても何かを発見。
「おぉ〜、デッカイ木に螺旋状の階段ついてる!」「あの上からエエ景色見れるんちゃうん?」「ダムやダム、行ってみよ」
そう行って巨木へと近づいてみる面々、、、「作りもんの木やん!」
ガッカリや、、、大滝ダムがっかりや。。。
まぁ無料でダムの仕組みが見れたり(興味津々な4人が写ってるヤツ)、大雨体験が出来たり(こちらは有料)するから興味があればどうぞ。

ダムを出て、そろそろ何か食いたくなった面々。
深い渓谷、ダムやループ橋を過ぎ行き、道の駅に停車。
「柿の葉寿司♪サンマ寿司♪」っつうひでぶ〜。
「サンマ寿司好き〜♪」と食いつくか〜ぴぃ。
旅といえば地元メシ。
名物を食わずに何を食う!
川原にて早くもはしゃぐ若者を見下ろし、勝手にアテレコ。
メニューに貼ってある写真にK-1武蔵発見。
では、山菜うどんに柿の葉寿司、サンマ寿司をいただきます♪

腹ごしらえも済まし再出発。
目指す地はまだまだ先、ココは奈良、和歌山までの道のりは長き道。
貯水池でのバス釣りに食いつく、最近バス釣りを始めたらしいタカシくん。
地元から遠く離れた奈良の奥山で、奇跡的に家族と車ですれ違うさぶチャン。
今か今かと出番を待ちわびるスクリームさんが、途中ガマンしきれず先走るものの、何とか抑えることに成功し、川沿いルートを離れ山道をひたすら南下。
そして三重県熊野にて海に合流!
海岸にたなびく鯉のぼり。
日は暮れつつあるものの、初夏の雰囲気感じさせる景色に一同喝采。

さらに景勝地獅子岩にてプチ観光。
熊野灘に向かって吼える獅子、、、確かに見える!
しかもコレ自然の産物らしい、、、スバラシ〜!
そして偶然にも縦じまタイガース仕様の車が、、、
ありゃ虎やったな(笑)

それにしても時間がおしてもた。
明らかに寝坊のせいだが、ここまで来ながら真っ暗な滝を見るハメになる可能性浮上。
しかも混みだす海沿い唯一の道R42。
砂浜にたったん、、、いやウミガメの産卵を見に行く時間もなく、道の駅でお茶する余裕もナシ。
そしてやっとのことで和歌山inし、日暮れが迫る中那智の滝へとラストスパート。
その甲斐あってか、何とか暗くなる前に到着。
って、か〜ぴぃジャマやねん!(笑)

ではご覧戴こう。
これが高さ133m、日本一の大滝、那智の滝である。

マイナスイオンに浴び、おみくじを引く2人。
妙に増えだした中国人観光客、ナゼか踊るジャージ姿の中国人女性。。。
辺りが本格的に暗くなりだしたところで、観光も切り上げ。
土産もん屋でオトコの御神体に過剰反応し、
「さっちゃんへの土産や!」と騒ぐ3K。
しかし、ぼったくり価格に誰も買わずじまい。
結局、地酒と栃餅で落ち着くことに。

さてさて、お次は晩メシ。
帰りの最短最速ルートを選択し、和歌山ラーメンが食いたいと言い出す約4名。
それを却下し、高速でそのまま帰りたいと反論するドライバー。
この男、どうしても日帰りにしたいようだ。

そんな意見は多数者優先で再却下し、地図を見ながら和歌山ラーメンの有名店をリストアップ。
どうやら近くに店はないようで、和歌山の海岸線をグルっと回り、一路和歌山市へと向かうことに。
しかし、到着予定時間は0時前後。
そんな時間まで空腹に耐えられるはずもなく、途中下車して海の幸を食らうことに。
那智・串本といえばマグロである。
てことで、橋杭岩(南紀のシンボルと言われる奇岩群)の前にある店へ。
ではでは、マグロ丼&めはり寿司をいただきま〜す。

ここでも「コノ店宿泊も出来るらしいで」と話を持ち出す面々。
しかしまたしても「紀勢本線で帰れ」とあしらうドライバー。
よくよく話を聞いてみれば、今晩帰った足でそのままシロウさんと名古屋へ向かうとのこと、、、そう、デート。
「なら最初からそう言えよ〜!」と日帰り決定。
「運転代わろか?」という誘いにもナゼか曖昧な返事をし、「代わったら家まで寝てしまいそう」と運転続けるサブちゃん、、、そして、お約束通り爆睡する3K。
高速とはいえGW、和歌山−大阪の境でプチ渋滞に巻き込まれるものの、大阪側に抜ければ後は快走。
あっという間に地元着。
そう、和歌山ラーメンは却下され、真っ直ぐ帰宅の午前0時半。
寝るもの食うなかれである(笑)

コノ後、さぶチャンはシロウさんと即名古屋へ直行、か〜ぴぃは「ちょっと遊びに」とエリちゃんと土曜から信楽&愛知へ出発。
そして、今年のGWも終わりを告げた。


3K寝すぎ!!さぶチャンもっと寝とけば良かったのに。 byスクリームの代役=謎のマスクマン
    


〜オマケ〜
ひでくん、寝てても下かい!


topページへ戻る 写真集topへ