オセアニアの放送局で有名なのがラジオ・オーストラリア(日本語放送)。
日本から簡単に受信でき、QSLカードも美しく、BCLビギナーにとって
入門放送局でしょう。


  Radio Australia(オーストラリア)




リスナーズクラブの会員証 ペナント


このラジオ・オーストラリアも日本語放送を今は、廃止しています。
当時は、楽しい番組を提供してくれた数少ない日本語放送でした。
この放送局の番組は、宗教色も政治色も無く、純粋にオーストラリアの
紹介と楽しい音楽で構成され、気楽に聞ける内容だった
と思います。残念です。



HCJB Global(オーストラリア)



 















HCJBの日本語放送がAustralia送信で再開しました。
エクアドルの首都キトーからの放送で親しまれていたアンデスの声が、
オーストラリアのクヌヌラ送信所からの送信で復活。
右のQSLカードは、日本語放送再開の2006年6月3日当時ののQSLです。


アンデスの声当時のQSLカードはここから!!


Australia Broadcasting Commission(オーストラリア)





CVC International(オーストラリア)






CVC Internationalに名称が変更となり、QSLの中央の表示も変更になっています。

旧Voice International(オーストラリア)





Station VNG(オーストラリア)






Wantok Radio Light(パプア・ニューギニア)






National Broadcasting Commisson(パプア・ニューギニア)






NBC Radio East Sepik(パプア・ニューギニア)






Solomon Islands Broadcasting Corporation(ソロモン諸島)


 



Radio New Zealand(ニュージーランド)


 




ステッカー



Radio Vanuatu(バヌアツ)






Radio Tele Tahiti(タヒチ)


 



Trans World Radio(グアム)




   

 







Adventist World Radio(グアム)







Radio Station KFBS(サイパン)