丹後の地名プラス

丹波の


石原(いしわら)
京都府綾部市石原町

これが回転してからスクロールして下さい。
-PR-






京都府綾部市石原町

京都府何鹿郡佐賀村石原





-PR-



-PR-

石原の概要



《石原の概要》

犀川下流部西岸に位置する。東部を府道小貝豊里線(488号)が南北に走る農業地域。


石原村は、江戸期~明治22年の村。綾部藩領。栗村組9村のうち。明治4年綾部県を経て京都府に所属。同22年佐賀村の大字となる。
石原は、明治22年~昭和31年の大字名。はじめ佐賀村、昭和31年からは綾部市の大字。同32年1月1日石原町となる。
石原町は、昭和32年~現在の綾部市の町名。


《石原の人口・世帯数》 75・23


《主な社寺など》

石原遺跡
『綾部市史』
いままでに比較的多くの遺物が出土しているのは石原遺跡である。この遺跡は、一〇〇〇平方メートルほどのせまい山すその台地上にあり、現在までに八点の石鏃と、他に石錘、チャートやサヌカイトの破片など数十点の遺物が採集されている。石鏃の形式もほぼ同一あるところから見て、縄文後期ごろの比較的短い期間に営まれた住居跡ではないかと考えられる。



三柱神社
『佐賀村誌』
無格社 三柱神社
所在地 大字私市小字石原。
祭神 火産霊命・奥津彦命・奥津姫命
創立年号由緒 不詳
祭日は陰暦九月十日佐須我神社祭典に属す。



武大神社





《交通》



《産業》


《姓氏》


石原の主な歴史記録




伝説








石原の小字一覧


石原町 岩鼻 丁田 川クゴ 長砂浦 長畑 沢尻 野々下 山根 岩ケ端 城山 坊ケ谷 栗ケ谷 奥山 堂ケ谷 岩ケ端 岩ケ鼻 山根

関連情報










資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引


50音順



市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索して下さい。




-PR-




-PR-




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『何鹿郡誌』
『綾部市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2017 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved