丹後の地名プラス

丹波の

井倉新町(いのくらしんまち)
京都府綾部市井倉新町


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府綾部市井倉新町

京都府何鹿郡綾部町井倉新町





井倉新町の概要




《井倉新町の概要》

JR山陰本線「綾部駅」の北側の一帯。以前は広大な操車場になっていて出入り口はなかったが、今は駅北口なども設けられている。アンネのバラが出迎えてくれる。

福知山駅や東西の舞鶴駅の「駅裏」地区と同じように目下再開発中のよう、うまくいきますように…

井倉新町村は、江戸期~明治22年の村。慶長18年の有馬検地後に開かれた新田村。綾部組12村の1つ。綾部藩領。
当村は綾部村と井倉村の間に位置していて、山野がないため郷中入会山で薪・草肥を得ていたという。明治4年綾部県を経て京都府に所属。同22年綾部町の大字となる。
井倉新町は、明治22年~昭和28年の大字名。はじめ綾部町、昭和25年からは綾部市の大字。同28年大字綾部村の一部を合わせ綾部市の町名となる。
井倉新町は、昭和28年~現在の綾部市の町名。

明治8年(一八七五)頃成立の井倉新町の地誌には、東西154間、南北127間で村内に石風呂・瓜田・横畷・石ケ坪の小字があると述べる。また同書は新町の成立時期は不詳としているが、古老の伝聞として次のように述べているという。
 天正之頃稍ヤ繁昌シテ近傍市□(原注・街カ)ノ一タリシ、其比明智日向守巡見アリ井倉村字八幡擡(割注・今明智ケ岡ト云フ)ニテ休息、此時本村ノ老母茶之・ヲ呈ス、其賞トシテ本村高五十石ノ賦役ヲ許可ス、其後累年賦除タリシガ御一新ニ改革ニテ廃セラル
(「明智ケ岡」は今の宮代町の綾部八幡宮や綾部中学校がある高台)


《井倉新町の人口・世帯数》 


《主な社寺など》


《交通》


《産業》


《姓氏・人物》


井倉新町の主な歴史記録




伝説






井倉新町の小字一覧


井倉町・井倉新町 大将軍 上有行 下有行 長田 仲屋敷 土代 樋ノ元 東 溝淵 畦田 小庄司 杉ノ木 西門 舘 梅ケ畑 土居ノ下 日渡リ ーノ丸 下山 須ケ谷 西三十代 北三十代 東三十代 家ノ下 堀西田 上恵福田 下恵福田 南大町 北大町 上ノ切 嶋 古川 高芝原 下ノ切 南大橋 北大橋 土ノ上 中畠 宮坂 六反目 譲り葉 長塚石風呂 上大橋 横縄手 爪田

関連情報





資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市






【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『何鹿郡誌』
『綾部市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2017 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved