丹後の地名

皆原(かいばら)
宮津市



お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索してください。サイト内超強力サーチエンジンをお試し下さい。


京都府宮津市皆原

京都府与謝郡宮津町皆原

京都府与謝郡城東村皆原







皆原の概要


《皆原の概要》


市の東南部で、神子川の中流域に位置する主要地方道舞鶴宮津線に沿う山村である。ほとんど誰も通りそうにもない狭い道で、今も車二台がすれ違うのが苦しい、古くからの与謝郡と加佐郡を結ぶ間道で山中越といい、そのかかりの村である。
皆原村は、江戸期〜明治22年の村名。慶長検地郷村帳に「下宮津之内」として「皆原村」とみえる、その後個別に高付され、延宝3年郷村帳に「下宮津皆原村」高150石余と記される。はじめ宮津藩領、寛文6年幕府領、同9年宮津藩領、延宝8年幕府領、天和元年以降宮津藩領。村高は「延宝郷村帳」150石余、明治22年城東村の大字。
皆原は、明治22年〜現在の大字名。はじめ城東村、大正13年宮津町、昭和29年からは宮津市の大字。

《皆原の人口・世帯数》92・33

《主な社寺など》
曹洞宗桃林山皆原寺がある
熊野権現
《交通》

《産業》


皆原の主な歴史記録

《丹哥府志》
◎皆原村(惣村の東)
【熊野権現】(祭九月)
【桃林山皆原寺(曹洞宗)】

《与謝郡誌》
桃林山皆原寺
 城東村字皆原にあり本尊聖観世音、明和九年正月智源寺宗山俊典和尚開祖。

《丹後宮津志》
邨岡良弼の日本地理志料理に宮津郷の区域を次の如く云へり。…宮津志云与佐宮阯在文珠村、郷名取此、…丹後旧事記如願寺在宮津市場一条帝時剏之本洲七大寺之一也、…今宮津町領二三十四坊一亘宮村、惣村、文珠、皆原、山中、脇村、中村、小寺、上司、波路、獅子崎、中津、矢原、田井、今福、小田村富久地、旧阯在普甲山云、久理陀ノ神社在上司、多由ノ神社在田井村ノ田井谷、杉末ノ神社在宮津杉末町、伊侶波字類抄、普甲寺延喜中建、在丹後ノ普甲山、普甲山一名与謝ノ大山又呼千丈ケ嶽以界二丹一。

城東村=惣・皆原・波路・山中・滝馬・宮村・獅子崎・鍛冶町・猟師町。世帯数284,人口1020



皆原の小字

《角川日本地名大辞典》より
皆原
細谷 家ノ下 家敷廻リ ウセンウテ ヤシキ下 中サ 石原崎 家ノ前 道垣中 道垣下 下ノ奥下ノ切 宮ノ下 宮河原 滝ケ鼻 香ノ辺 石崎 運勢 水口 中屋 中道下 宮ノ川原 道垣 高岸 稲口 稲口西ノ切 馬場 小島 栗田 ヘゴ谷 大麻町 桜ノ木 大神宮 上大神宮下 下大神宮下 清水 重敷 道ノ下 西小田石 小田石 堀奥 西垣 西垣下 大町 廿切 後茂下 後茂上 棚田上 棚田下 後茂 城塚 城塚下 地蔵谷上 梨子木谷 石ケ谷 椿ノ上 細谷上 椿 斧峠 大井垣 稲木場 家ノ向 ダケ 長町 屋敷上 一ノ瀬 丸山 田河原 屋敷下 道垣上 下ノ奥下ノ切中 下ノ奥 下ノ奥上ノ切 トビヤナ 森ノ上切 森ノ上 興六田 三反田 ナメラ 菅ケ谷 袋ノ下 袋道上 袋 岡ケ谷口 袋ロ コヘクビ谷 長畑ケ口 下大成 大成 大成道ノ上 口袋 中袋 打越 滝ケ谷 寺田 堂屋敷 月生フ ズラタ 小田 細田大町 細田 カジタ 三上田 三角田 スクモズカ 小山 和田 清雲寺下 浜 杉ケ坪 地蔵 立道 柳原 下寺田 上寺田 蒲ケ尻 スマデ 五平治下 瀬場戸 宮ケ谷 飛波 西垣口 砂畑 家ノ上 古屋敷 ウセンクチ ロクロクチ ロクロ下 丸山口 丸山下 義助屋敷前 嶋 コヘクビ 下奥上ノ切 下岡ケ谷 大畑ケ 向島 梅ノ木 孫田 天ケ谷 寺尾 新ケ寺裏 スゴタニ 官村口ノ切奥 地蔵ケ尾 六堂 石切 杉本谷 下尾ケ谷 クポ 大石 西垣 西谷 奥西谷 庵ノ奥谷 中ケ谷 長畑 薮谷 椿峠 石子谷 岡奥 ヨキ峠 糸井谷 松ノ木谷 ワサ田 コギダ 田ノ河原 花ノ木谷 北ケ谷 トイシ場 四十畑 桐ケ谷 コヘクビ 清次郎谷 サガ 岡ノ谷 コヘクビ谷東側 コヘクビ谷西側 長畑口 スリハチ 田坂寺ノ上 サソウ 八幡下 宮村口ノ切ノ奥 宮村ロノ切橋田ヨリ左 宮村口ノ切道ヨリ南側 八坂神社下

関連項目






資料編のトップへ
丹後の地名へ


資料編の索引

50音順

市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市






【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『宮津市史』各巻
『丹後資料叢書』各巻
その他たくさん




Link Free
Copyright © 2009 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved