丹後の地名プラス

丹波の

梅谷(うめだに)
京都府福知山市梅谷


-PR-






京都府福知山市梅谷

京都府天田郡金谷村梅谷






-PR-



-PR-

梅谷の概要


《梅谷の概要》


国道9号線に沿って西は天田郡夜久野町に隣接する所。牧川が東流する。地図で見るとたいらな所に見えたりするが、一帯は山地である。
梅谷村は、江戸期~明治22年の村。福知山藩領。丹波志に「梅谷ノ庄 宮垣 猪野々 田和) 上小田 下小田 十二 野鼻」とあり、宮垣村以下七ヵ村を含めて梅谷庄と呼んだようである。明治4年福知山県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年金谷村の大字となる。
梅谷は、明治22年~現在の大字。はじめ金谷村、昭和30年からは福知山市の大字。明治40年頃から坑夫10余名で閃亜鉛鉱を採掘し手選で選鉱し但馬の生野銀山へ送っていたが休鉱となり、昭和10年再び着手したがまた休山したという。

《梅谷の人口・世帯数》 105・42


《主な社寺など》

八幡神社
『丹波志』
八幡宮  梅谷村 産神
祭神   祭礼八月十五日
本社五尺四方上家有
境内廿五間四方  下田二畝廿九歩 中畑一畝七歩 村除


当社(宮垣の一宮神社)は清和天皇貞観三年九月出雲大社の御分霊を奉祀す。或は云梅谷八幡神社、猪野々二宮神社、田和有徳神社はもと一宮神社境内末社にして当時宮垣村と称せりと。後正暦五年の分村に際し各村名を選び該三社をも当社と分離して奉祀するに至れりと云。

高野山真言宗見滝山青蓮寺
青蓮寺(梅谷)

『丹波志』
見龍山青蓮寺 真言宗 梅谷村
高野山西院谷自性院末 開山弘栄法印
境内一反一畝四歩村除寺四間ニ六間庫裏トモ
正観音郡内巡礼廿五番札所

『天田郡志資料』
見瀧山 青蓮寺 (真言宗)  金谷村梅谷
 本尊 十一面観世音菩薩  開山 行基菩薩
 創建 天平年中もと瀧山の麓馬場の段に在りしを万治中、今の地に移れり。然るに明治九年類焼の厄に遭ひ堂宇、宝什焼失せり。
  郡西国第廿五番の札所なり(以上郷土史料)  郡新四国第三十二番の札所なり、

伝説・後醍醐天皇仮行在所跡
南方、牧川の南に台地があり、後醍醐天皇仮行在所跡との伝説がある。

『丹波志』
皇居 古蹤 梅谷村
字大野ト云芝原也俗説ニ後醍醐帝仮ノ皇居ト云伝
按天皇此国ニ臨幸シ玉ヒシ事古記ニ無之隠岐国遷幸ノ時モ播州ヲ行幸成奉リシ由ナリ太平記ニ曰正慶二年三月先帝後醍醐ヒソカニ隠岐国ヲ通シ伯耆国ヘ越ヘ名和長年ヲ頼ミテ舩ノ上山ヘ入玉フ山陽山陰国々ノ武士多ク来リ従フ六条少将忠顕朝臣ヲ頭中将ニナシ山陽山陰両道ノ兵ノ大将トシテ京都ヘ差向ラル其勢伯耆国ヲ立シマテ僅ニ二千余騎ト聞エシカ因幡伯耆出雲美作但馬丹後丹波若狭ノ勢共馳加ハリテ程ナリ廿万七千余騎ニ成ニケリ又弟六ノ若宮ハ元弘ノ乱ノハシメ武家ニ囚ハレサセ玉ヒテ但馬国ヘ流レサセ玉ヒタリシヲ其国ノ守護太田三郎左エ門尉トリ奉リ近国ノ勢ヲ催シ則丹波篠村ヘ泰会ス大将頭ノ中将斜ナラズ脱テ即錦ノ御旗ヲ立テコノ宮ヲ上将軍ト御奉…




《交通》



《産業》
梅谷鉱山
『福知山市史』
梅谷鉱山
福知山市西北部では、旧三岳村日尾から閃亜鉛鉱を産出し、磁硫鉄鉱を伴出する。また、旧金谷村字梅谷には梅谷鉱山があり、明治四十年ごろ稼業を開始したが、後休鉱となり、昭和十年再び着手したが、再び休山して今日に至っている。
 当時の鉱山主は大阪の人で、坑夫一○余名、選鉱は総て手選で、鉱石は売鉱として生野鉱山へ運び出していた。鉱床は鉱脈で黒色の閃亜鉛鉱が主であった。


梅谷の主な歴史記録


『丹波志』
梅谷村 右同
高 貳百五十五石
梅谷ノ庄宮垣猪野ノ田比上小田下小田十二野鼻








梅谷の小字一覧


梅谷(ウメダニ) 赤土 市ケ島 石風呂 猪野坂 池尻 イヲク谷 梅ノ木岶 大谷 大野 大野坂 大タクラ 川原 川原筋 上ノ谷 上黒増 兼垣 カノ谷 カジ畑 九十貝 熊ノ倉 小谷 五呂段 佐々木山 サジガタワ 下地 下ノ谷 下段 下開地 下黒増 白毛 シイノ倉 ジゲ スリ畑 セチゼン ソトワ岶 ソカズ 谷口 谷ノ尾 辻ノ堂 椿ノ本 鳥ノ尾 堂西 中ノ谷 中シ谷 中シ谷飛地 夏屋 西ノ宮 二反田筋 野々地 ノリ塚 幅 幅先 幅ノ段 花ノ木 羽屋口 橋ケ谷 八幡野 ハヲ ハヲ口 火ノ口 火谷 火谷奥 細岶 前田 前田イヲラ谷 宮ノ前 宮ノ下 三谷 三谷峠 三谷シロ付 道田 向島 森ノ下 モミガタワ 社 横尾 嫁ケ尾 米山 下の段の岡 三谷五反田 三谷白毛 三谷米山 川原田筋 下大ノ段 タガス 上大ノ段 大ノ段 猫田 三谷セチゼン 前田 宮ノ下 三谷サゝ 向山 横尾 市ケ島 大谷 下ノ段 谷ノ尾 鳥ノ尾 堂西 西ノ宮 福ノ段 八幡野 非ノ谷 三谷五反田 向山権倉 向山木戸岩 下大ノ段 上ズヘ 長岶 上大ノ段 タカズ 下ズヘ 才ノ奥 大野段 横谷 向山大迫 大谷峠 小谷ダコラ 本谷 中谷松木岶 向山峠 ユヲ谷 向山嫁ケ尾ハタ 三谷白毛 向山崩谷 前田才ノ奥 下嫁ケ尾 三谷峠又 三谷嫁ケ尾 三谷セチゼン クシゲ谷 中ノ段池尻 峠又 三谷ユメ谷 峠 ヒコノ

関連情報










資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引


50音順



市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索して下さい。




-PR-




-PR-




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『丹波志』
『福知山市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2015 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved