丹後の地名プラス

丹波の

旧・曽我井村(そがい)
京都府福知山市


-PR-






京都府福知山市和久市・天田・笹尾・堀

京都府天田郡福知山町和久市・天田・笹尾・堀

京都府天田郡曽我井村





-PR-



-PR-

旧・曽我井村の概要


《旧・曽我井村の概要》


旧曽我井村は今の和久市・天田・笹尾・堀にあった村で、由良川の左岸に位置する。同名の江戸期の曽我井村と明治22年の曽我井村がある、少し村域が異なっている。当地あたりではキサイベ(私部)とかササイベ(雀部)と言うが、ソガイベのベが脱落したものか。似たようなものは何鹿郡文井(あやい)郷か。不明の郷で、漢部郷のこととする説もあるという。曽我井が宗部郷のことなら文井は漢部のことかも知れない。
江戸期の曽我井村は、元和五年(1619)の奥書のある『曽我井伝記横山硯』の曽我井で、後の木村、南岡村である。曽我井村の両村への分村は正保年中(1645~48)と見られ、福知山城下町は当村の地内に建設されたとされている。
明治の曽我井村は、明治22年~大正7年の自治体。和久市・天田・笹尾・堀の4か村が合併して成立した。旧村名を継承した4大字を編成した。
明治30・31年に村内に陸軍歩兵第20旅団司令部・歩兵第20連隊。工兵第10大隊などが置かれ、「軍都」の中心的な村になる。同32年には阪鶴鉄道が大阪~福知山間に営業開始、同37年福知山~舞鶴間開通、同43年国鉄山陰本線京都~福知山間の開通によって「鉄道都市」の中心地でもあった。
大正7年福知山町の一部となり、村制時の4大字は福知山町の大字に継承された。




《交通》



《産業》


《姓氏》


旧・曽我井村の主な歴史記録




伝説







関連情報










資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引


50音順



市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索して下さい。




-PR-




-PR-




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『丹波志』
『天田郡志資料』各巻
『福知山市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2015 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved