丹後の地名プラス

丹波の

新庄(しんじょう)
京都府福知山市新庄


-PR-






京都府福知山市新庄

京都府天田郡福知山町新庄

京都府天田郡下豊富村新庄





-PR-



-PR-

新庄の概要


《新庄の概要》


国道9号から豊富谷への入口付近で、通称「しんじょ」。
新庄村は、江戸期~明治22年の村。枝村に本庄がある。福知山藩領。明治4年福知山県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年下豊富村の大字となる。
新庄は、明治22年~現在の大字名。はじめ下豊富村、昭和11年福知山町、同12年からは福知山市の大字。昭和50年一部が厚中町となっている。
国道9号の向かい側、今は成和中学校がある辺りを小字・本庄と称している。古代荘園の政所の所在地だろうかという。新庄はこの本庄から分かれて発達した集落と伝える。背後の小高い山は安尾山といい、今はスカイランドホテルがあるが、中世和久城のあった山である。本庄からは弥生式土器が出土、安尾山東麓からも同種土器が出ている。

《新庄の人口・世帯数》 642・289


《主な社寺など》

粟島神社
粟島神社(新庄)
舞鶴にも何社かある。当系の神社は全国に1000社余りあるとされる。総本社は和歌山市加太の粟嶋神社。江戸期に淡島願人と呼ばれる人々が、淡島明神の人形を祀った厨子を背負い、淡島明神の神徳を説いて廻ったため、信仰が全国に広がったという。祭神の少彦名命は医療の神様とされる。当社も江戸期には淡島大明神を安置した神棚に小ぎれをつけて手に持った淡島願人が呪詞を唱え女人を勧進して諸地を歩き、各地で信仰を集め、丹後地方あたりまで婦人病平癒や縁組、子授け、安産、また裁縫・手芸上達などの神として崇敬されたという。
新庄は古来、天照玉命神社の氏子ではあるが、集落の産土神としては安尾山(茶臼山・スカイランドホテルのある山)南麓の厚の武(たけ)神社を崇敬してきたという。天和年間、粟島神社が当集落に対し不思議の霊験をあらわしたので、以来独立して産土神と仰ぐようになったと伝える。しかし武神社への参拝およぴ奉賛は明治末年まで継続していた。
栗島神社本殿内に慶安三年(1650)の年号のある小厨子があるので、それ以前の鎮座であろうかという。本庄の佐治街道近くの石地蔵に「右あわしま」と刻んであるのは、多くの参詣者があったことを物語るという。
『丹波志』
淡嶋大明神 新庄村
祭礼九月廿三日
本社五尺四面上家有 篭家三間二間 鳥居
境内山林東西拾八間南北十七間
社田下畑廿一歩 境外ニ二畝拾歩二ヶ所トモ村除

『天田郡志資料』
粟島神社 字新庄鎮座 祭神 少名彦命
婦女子の疾病、出産及裁縫、手芸の快癒上達の神徳あらたなり依て賽者常に多し


和久山常福寺(廃寺)
『丹波志』
和久山常福寺 古跡 新庄村本庄
薬師堂 一間半二間半
境内東西廿四間南斗三十五間除地


新庄城跡
粟島神社のある山を城山というが、そこに新庄城があった。
『福知山市史』
新庄城(字新庄)
岩ヶ端城址から西南方におよそ八○○メートル、同じ和久川の北岸に粟島神社があり、西の裏山に標高四七メートル、比高およそ三○メートルの中世城郭の遺構がある。東西でおよそ一四○メートル、南北でおよそ七○メートルが城域で、中央部の堀切りによって東の曲輪群と西の曲輪群とにわかれる。東の曲輪群は、曲輪跡と思われる粟島神社境内を含めておよそ七郭、落差約三メートルの不整形な曲輪が東西に四つ連なり、南側(和久川側)を帯曲輪が、北側を約四メートル低く、二つの腰曲輪が付属している。最高所の堀切り東側の曲輪は、東西約一一メートル、南北一六メートルで、堀切り側の西南部に、高さ三メートル、幅四メートル、長さ一五メートルの巨大な土塁風の道構がある。見張台とも矢倉台とも想定できる。堀切り西側の曲輪群は、その数四郭、西端の曲輪が最も広く東西約二○メートル、南北で約三○メートルの方形で、この曲輪の西南端にも大きな土塁遺構がある。郭内からの高さ約三メ-トル、幅三メートル、長さ約七メートルの盛土で、この曲輪が新庄城の主郭と思われる。東北部に約二メートル低く、一五メートルに一七メートルの腰曲輪が付属し、二つの虎口部分の遺構が比較的よく残っている。主郭の東南部にも二メートル低く幅約七メートに 長さ約四○メートルの細長い曲輪があり、北側に建物跡とも思われる盛土がある。
この西曲輪群で注目されることは、主郭の南側から西側をめぐり、更に北側へと回る空堀遺構である。上辺部で約六メートル、底辺部で二メートル、主郭側の深さで約五メートルの規模をもつ空堀で、その長さ数十メートル、主郭部分を半周して、北側ではタテ堀となって麓に落ちている。猪崎城の項でも触れるが、主郭部をめぐるこの手法の空堀が畿内で出現するのは天文末から永禄(一五五○~一五六八)にかけてであり、松永久秀の大和入部前後に多い。全体の縄張りが地形を最大限に利用した古風なものから推して、中世の末期に堀切りより西の一帯を改築して中核部分を、東から西に移したのではなかろうか。その時期の記録・伝承が皆無なので、『丹波志』の「奥野部」の項の「芦田氏来住」を利用して、赤井(荻野)氏の豊富谷制覇の永禄八年以後としたい。
新庄城跡


《交通》



《産業》


《姓氏》


新庄の主な歴史記録




伝説








新庄の小字一覧


新庄(シンジョウ) 阿洲 麻蒔 井ノ奥 鯰田 大木 岡ノ腰 樋ノ口 上大木 上河原 上石ケ坪 上渡り 金政 鍛冶田 鍛冶畑 カンヨモ 下り戸 五反田 御新庄屋敷 下大木 下河原 下石ケ坪 下渡り 塩唐 庄谷 庄着 砂川 清太夫 田入谷 高島 棚籠 塚ノ下 中石ケ坪 淵ノ上 本庄畑 本庄河原 前ケ島 向河原 山本 柳ケ坪  牛淵 中ケ坪 ストロ 狸谷 和久田 牛伏山 岡ノ腰 城山 牛伏 向山 狸谷

関連情報










資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引


50音順



市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索して下さい。




-PR-




-PR-




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『丹波志』
『天田郡志資料』各巻
『福知山市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2015 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved