丹後の地名プラス

丹波の

西長(にしなが)
京都府福知山市西長


-PR-






京都府福知山市西長

京都府天田郡福知山町西長





-PR-



-PR-

西長の概要




《西長の概要》
西長の一角(福知山市)
西長町界隈。↑
福知山城の北に向いた大手門より、まっすぐに北に延びる町で、南北に長い町であるため長町の名でよばれる町筋の西側半分をいう。
西長町は、江戸期~明治22年の町名。明治初年~22年は福知山を冠称。江戸期は福知山城下15か町の1つ。大手門よりまっすぐに北に伸びる道筋で、呉服町通(今の「城下通り」)から1本西の通り長町筋西側の片側の町並み。
有馬豊氏時代および稲葉紀通時代の絵図では、京町通から下魚屋町通(広小路)までを東西に走る魚屋町通(魚ケ棚通)・職人町通により三分して上長・中長・下長町とし、西長町・東長町と東西に二分されるようになったのは江戸中期以降という。
当町も東長町と同様に問屋・金融業者などの大店が建ち並んでいたという。小売業者が多かった西隣新町筋のにぎわいと対比されて、福知山町づくしは「花の新町花娘」「大振袖の長町や」と歌っている。元和6年福知山より筑後久留米に転封した有馬豊氏は、久留米の城下町改造に際し福知山の町割を取り入れ、長町などの町名も見られるという。
明治4年福知山県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年福知山町の大字となる。
西長は、明治22年~現在の大字名。はじめ福知山町、昭和12年からは福知山市の大字。鉄道時代からとりのこされて、福知山の中心地が西へ移り、かつての活気はなくなった。


《東長・西長の人口・世帯数》 146・72


《主な社寺など》













《交通》



《産業》


《姓氏》


西長の主な歴史記録




伝説








西長の小字一覧




関連情報










資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引


50音順



市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索して下さい。




-PR-




-PR-




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『丹波志』
『天田郡志資料』各巻
『福知山市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2016 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved