丹後の地名プラス

丹波の

市寺(いちでら)
京都府福知山市市寺


-PR-






京都府福知山市市寺

京都府天田郡福知山町市寺

京都府天田郡下豊富村市寺





-PR-



-PR-

市寺の概要


《市寺の概要》


弘法川の上流部で、南に室山(市寺山)がある。その前面台地の西南部に位置する。
当地にはかつて大伽藍を誇る寺院があったという伝えがあり、地名はそれに由来すると思われる。威憧寺廃寺との関係は不明。朽木氏が入部以後、当村を含めた近隣六ヵ村の地に新田が開発されてた。
市寺村は、江戸期~明治22年の村。福知山藩領。正明寺村の枝村。明治4年福知山県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同16年正明寺村から分離した。同22年下豊富村の大字となる。
市寺は、明治22年~現在の大字。はじめ下豊富村、昭和11年福知山町、同12年からは福知山市の大字。



《市寺の人口・世帯数》 104・43


《主な社寺など》

熊野神社
「市寺の毘沙門さん」と有名なようで、道案内の看板もあったが、4トンか2トンかダンプがその道を入っていく、どうやら工事中らしくナビもその道が赤色になっている。この道で鉢合わせするとどうにもなりそうにないので行ってみるのはやめた。
威憧寺廃寺の四天王像が残っており、そのうち毘沙門天の信仰が厚く、毎年2月朔日には参詣者が多いという。
『丹波志』
熊野権現社  正明寺村ノ内市寺
祭神    祭礼
本社 東向 篭家 鳥居有
境内
此社地ニ四天ノ像ヲ安置ス堂有 古威憧寺ノ四天ト云 古跡部ニ出

『天田郡志資料』
熊野神社 境内末社 字市寺鎮座 祭神 進雄命
土俗市寺の毘沙門さんと称より福の神として是亦近郷より参拝する者多し、祭日は一月二日賽者雲集終夜雑踏を極む。

威憧寺跡
『丹波志』
威憧寺 古ノ文字不定  古跡  市寺村
南ニ大山有市寺山ト云 東ノ方尾流室村ニ境 西ハ西ノ大山ト云 小野脇村境
古跡ハ産神熊野権現ノ社地ヨリ東ノ谷ヲ越二丁斗上ル所 小竹藪ノ平地有ル廿間斗四方ノ所ナリ 寺屋敷ト云所ゝニ土居并切岸等有泉水ノ跡有 凡三間四方水有杜若有テ于今咲ト云 本堂ノ跡ハ右ノ古跡ヨリ東ノ小谷ヲ越二三丁斗高キ所ニ平地有是亦廿間四方程ノ場ナリ今松茂レリ 又権現方谷一丁斗奥ニ鐘撞堂ノ跡有 又西ノ大山ノ辺ニ寺地且墓多シ 市寺山ト云頂ヲ犬ガ頭高(ツゴ)ト云 市寺山ノ松林ヲ通テ南ヘ三丁斗行所ニ自然ニくろむル松有 凡十間四方字ナ池壺ト云 旱天ニ水不涸?犬カ頭高ト云所ハ室村ノ内大谷ノ奥ノ頂也 仁王門ノ跡ハ今新田村ノ内ニ在 凡九七八丁 威憧寺ニ在リシ四天ノ像 今熊野権現ノ社地ニ堂有 四躰残レリ

弘法川の最上流をイトウ谷というのだそうである。下の小字一覧の「ウトフ谷」のことであろうか。


《交通》



《産業》


《姓氏》


市寺の主な歴史記録




伝説








市寺の小字一覧


市寺(イチデラ) アサ 井根口 稲場 □ケ谷 イナバ イガシリ 川畑 カセケ端 田中 谷畑 柵原 竹之下 滝之上 野畑 ムセノモト 山添 湯口 六地蔵 埜畑 ウトフ谷 山副 イ子ロ ウトフ谷 坂山

関連情報










資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引


50音順



市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索して下さい。




-PR-




-PR-




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『丹波志』
『天田郡志資料』各巻
『福知山市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2015 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved