丹後の地名プラス

丹波の

東長(ひがしなが)
京都府福知山市東長


-PR-






京都府福知山市東長

京都府天田郡福知山町東長





-PR-



-PR-

東長の概要




《東長の概要》
長町通り(福知山市)
今の「城下通り」の一本西側の通りで、大手門からまっすぐに伸びる「大手通り」であった。↑広小路側から、突き当たりに大手門があった。左側が東長、右側が西長の片側町である。

東長町は、江戸期~明治22年の町名。明治初年~22年は福知山を冠称。江戸期は福知山城下15か町の1つ。大手門より北に伸びる。明治5年の福知山町測量図は長町通を大手通と記す。
有馬豊氏時代の絵図では、京町通から魚屋町通(魚ケ棚通)までを上長町、同通りから職人町通までを中長町、同通りから下魚屋町通(広小路)までを下長町と三分している。稲葉紀通時代の絵図でも変わらず、長丁・同中ノ丁・同下ノ丁と記す。江戸中期以降に東長町・西長町と二分して称されるようになったという。
大手門の正面通であり、町民のなかでも富裕な地主や金融業を営む豪商・問屋・卸商などの居住が多く、福知山町尽し歌にも「大振袖の長町や」と歌われている。この町の娘には大振袖を着る身分の者が多かったからという。
明治4年福知山県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。。同22年福知山町の大字となる。
東長は、明治22年~現在の大字名。はじめ福知山町、昭和12年からは福知山市の大字。


《東長・西長の人口・世帯数》 146・72


《主な社寺など》













《交通》



《産業》


《姓氏》


東長の主な歴史記録




伝説








東長の小字一覧




関連情報










資料編のトップへ
丹後の地名へ



資料編の索引


50音順



市町村別
京都府舞鶴市
京都府福知山市大江町
京都府宮津市
京都府与謝郡伊根町
京都府与謝郡与謝野町
京都府京丹後市
京都府福知山市
京都府綾部市
京都府船井郡京丹波町
京都府南丹市


お探しの情報はほかのページにもあるかも知れません。ここから検索して下さい。




-PR-




-PR-




【参考文献】
『角川日本地名大辞典』
『京都府の地名』(平凡社)
『丹波志』
『天田郡志資料』各巻
『福知山市史』各巻
その他たくさん



Link Free
Copyright © 2016 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved