写真館
丹後の地名のトップへ

丹後の空、同乗記

ヘリコプターはきっとトンボをモデルに作ったもの。
見れば見るほどに、トンボ。
ミツバチにも似ている。

鼻先にあるのはピトー管、対外気との相対速度がわかる。航空機の速度計センサーである。零戦にも付いていたということ、古い技術だが、これがしっかりしていないと、ヘリの場合は真っ直ぐには飛べない。
さて準備をして…
燃料はこれ航空燃料という。
飛行プランの打ち合わせ。だいたい1時間の予定。

パイロット氏
空撮写真家・坂根正喜氏
有名な考古学少年・片倉利彦氏

コクピットの様子

ハンドルがなく、細い操縦桿一つというのも何か頼りなげに見える。
アクセルは中央のハンドブレーキのようなものらしい。
フットブレーキというものはない。
パイロット席に載せてもらう。これは一等席だ。
しかし狭いから、魚眼レンズが正解だった。魚がトンボになれば、このように見えるはず。
 狭い、というが、パイロットを入れて5人乗り、自家用車くらいの広さである。ぶっ飛ばすと200キロの速度が出る。
今度車を買い換える時は、ヘリコプターがいい。しかしお値段は1億円とか。運転も難しそう。
私の席側から見れば、こんな感じ。
彼にはここが一等席だそうである。
舞鶴西港。
青少年の島・戸島。

梅雨空のわずかな晴れ間であり、モヤがかかっている。コントラストを上げてやれば、そこそこの写真になる。
平の引揚げ港の上空。
前方や横手ばかりでなく、下も見える。足元の爪先部分もアクリルだからこのようによく見える。これは与保呂小学校。
つづきは、
「デジタル丹後」







写真館

このページのほかに
城屋の揚松明神事
ロシア艦隊入港
世界の美女たち
丹後にブルー・インパルス
丹後の空、ヘリ同乗記
神崎の湊十二社祭礼(扇踊り)平19年度
神崎の湊十二社祭礼(扇踊り)平20年度
今福の蛇綱2008
今福の蛇綱(2010)
浦嶋神社の延年祭
滝の千年椿
新井崎神社の祭礼
上山神社の和唐内
与保呂の虫送り
吉原のマンドロ
姫三社の舞:鈴鹿神社の祭礼(舞鶴市田中町)
筍の神事:篠田神社
籠神社の葵祭
大森神社の大名行列
2009(平21)7月22日の皆既日食
小橋の精霊船
成生岬のスダジイの巨木
赤ちゃん「初土俵入り」
お松明神事(舞鶴市城屋)
ありしその日:卒業生を送る
舞鶴の桜
春の花だより
冠島・沓島
おまつの神事:冨留山神社
菖蒲田植え(京丹後市市野々)
羽衣伝説の山:磯砂山登山
雄島参り '11
地頭太鼓・大俣太鼓2011 
才ノ神の藤'2012
雄島参り '12
文珠堂出船祭り '12
伊根祭 '12
本庄祭'12
こばりあい '12
日向水中綱引き'13
「鬼は内」の節分祭'13(大原神社)
若狭高浜・7年祭
大火勢(若狭おおい町)





丹後の地名のページへ今はありません


Link Free
Copyright © 2007 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved

ようこそ、写真館へ


丹後の空に同乗して、800枚も写しました。
一部を紹介します。ここに納まりきらないため、
多くの写真は右のブログに置いておきます。
「デジタル丹後」

 超強力サーチエンジン