(当サイトのページビュー数の現在までリアルタイム累計)
(同じものは各ページにもあります)

加佐郡鳥瞰図
『丹後の地名』へようこそ!
地名は現代人の盲点の一つ。「丹後の地名」も苦労はしても、意味の説明のできないものが多い。ご先祖がつけた地名なのに、なぜこんなことになったのだろう。私にも特にわかるわけではない、しかし何か手掛りを求めての模索の旅日記です。
地名は民衆が残した口承史料、彼らと呼ぶか我らと呼ぶか、丹後の地名が読み解ければ、丹後の真実の民衆史、我らの郷土史が編めるかも知れない。しかし誰も未だ成功したことはない。
至る所工事中だらけで申し訳もない、本当はまだ世に出せるものではありませんが、そこそこに出来るまで草稿を書いていたら、いつになったら公表できるか見当もつきにくい、未完成のままでも暇をみつけて少しずつ書き足しながら、いつの日にか完成させたいと思っています。このやり方がHPではできる、ズボラ者にはもってこいのメディアかも知れない。一人でやっております、追加や更新がまったく思うように進みませんが、どうかよろしく。
当初は5年もあれば出来ると考えていました、やってみればとんでもないことで、いまだに道けわしく旅なかばで、まだまだかかりそう。こんなものでも何もかもを合わせればすでに
310万を越すアクセスがあり、そうした大きなありがたい励ましにいよいよ先をめざしてがんばりたいと考えております。
丹後王国の根拠地ばかりでなく、後に丹波国となった王国の旧領の地名も調べてみたいと思い、丹波国へも越境する予定。
下のコンテンツ一覧からか、キーワード検索で入って下さい
( ごく最近にアップされたものは検索できません )
-PR-



坂根氏
坂根正喜氏はヘリコプターで、丹後を写している。こんなに夢のある、しかし銭のかかる試みは丹後開闢以来のことではなかろうか。それらの写真は近々HP上に公開されるというが、それまでに貸してくれといって何枚か借りてきた。空から見ると、日常見慣れた風景とは異なる顔を見せてくれる。さすがにヘリだ。地べたから写すのとは違う。次をクリック。9回飛んだそうである。
心のふるさと丹後
坂根正喜GALLERY
←こんな記録を見つけられた。刊行予定だそう。坂根・嵯峨根氏は西舞鶴のヌシのような氏族。古代の凡海氏で、笶原神社の祭祀集団。中世は佐武ケ岳城の坂根修理亮で知られる氏族。何かわかればと楽しみな話である



古代丹波歴史研究所
伴とし子さん↓↑のHP
伴とし子さん

12月開所。全国の会員が集まった。期待大きい。録音は最初の2分分だけ



足跡

(since '04/1/1)当サイトの延べ訪問数
このページの一番左上にあります。
キーワード検索6月のTop20 
左下にあります。

  
旧・菟原村 大身 友渕 高杉 菟原中 菟原下 旧細見村 田ノ谷 西松 中出  千束 草山 寺尾 芦渕 雄島参り '16 福知山城 内記 裏ノ 岡ノ 鍜冶 上紺屋 上新 下新 西長 東長  呉服 上柳 中ノ 下柳 菱屋 下紺屋 西 寺町 シベリア抑留(リニューアル版) 満蒙開拓青少年義勇軍(リニューアル版) 満州天田郷・第二天田郷 満州開拓団 鋳物師


  blog集
「デシタル丹後」丹後の空からの一部がおいてあります)
「デジタル民間伝承の森」
「心のふるさと丹後」坂根正喜氏のブログ)
Town Review」(このHPの姉妹版です)
You Tube(当サイトの動画はだいたいここに置いてあります)'08.7.5以降、660本ばかりをアップしています。これまでに延べ、
823,000 回再生されました。

返事が必要な方はメールしてください(すぐには書けないかも知れませんが…)。
  kiichisaitoh@hotmail.com
 あるいは kiitisaito@gmail.com








軍事基地などないがいいに決まっている、まして外国軍基地などいらない
米軍基地断固御免

オスプレー基地御免
立憲独立国なら大恥、属国にこそふさわしい話ばかり。品格ゼロの情けないアホな話、少子化老人借金超大国が武力依存でメシ喰って、平和が保てるワケなかろう、これは滅びへの最短コース。
米軍基地予定地「袖志」
米軍基地予定地「尾和」
オスプレー基地予定地「碇高原」(ウワサです)
米軍経ヶ岬通信所

 原発再稼働で 双葉町を繰り返そう

「原発は明るい未来のエネルギー」と、全住民が避難している町の横断幕のように、政府は再稼働させます、だと。原発に明るい未来がないことは、事故によって示された通り。

もんじゅ(高速増殖炉)
美浜原発
大飯原発
高浜原発
高浜プルトニウム原発
40メートルの津波を伝える波せき地蔵
危ない!逃げ道がない−舞鶴被災難民(かきかけ)
久美浜原発

原発栄えて舞鶴亡ぶ国亡ぶ

舞鶴市・市会ともに再稼働容認表明(12/25)
ロクな説明会も避難計画もなしに!
強要されようとも、死んでも容認は言うな。舞鶴は「地元」ではない、不当にも蚊帳の外に置かれた、そんな立場で加害者になりかねないバカは言うな、責任を取れもしない者の言うことか。10万市民の命を預かっていることを片時も忘れるな、10万市民全体の奉仕者であって、一部市民だけの容認派やまして関電や国の奉仕者ではない、反対の市民からの申し入れもあっただろう。何度バカを繰り返すのだ、何度言ったらわかるんだ。市民の命を屁くらいにしか見ていないのか、片方の言うことだけをホイホイ聞くだけ、一番大事なことは見失うようなら何してもダメだ。避難計画や説明会の遅れは容認しない口実にするためにワザとやっているのだと思っていたが、そうでないのか、驚くというよりあきれた。アホくさ、即刻去れ。(容認派一部市民の「容認請願」も外部から強要されてのイヤイヤであったようだといわれ、今回のバカはどうやら全体が謀略に踊らされたもので、容認は容認派も含めて市民自身の判断ではなかったよう、どの筋の指示かは今は想像するしかないがきわめて悪質な自治干渉があったよう)

電力小売り自由化
再稼働させれば国策企業にバイバイしよう。


 花の時代の終焉か ヤシとインチキで 国作りができるのか

日本国憲法
前文
…われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。…

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


:経済を上向かせるためにはもう戦争しか手がないのであろうか。アメリカの子分として、大義なき戦争に日本の若者の命を捧げるのであろうか。

安保法案は違憲!
憲法学者に言われるまでもなく、おおかたの誰でも知っている真理であろう、憲法に反し神仏の教えに背く。ついでながら「核の傘」などは言うまでもなく日米軍事同盟は違憲、自衛隊も違憲。エゲツナイ法案である、これが戦争国家のやり方だ、日本国民であることも忘れてこれ以上は許してはなるまい。仮に政府与党が言うような危機があったとしても、それは鉄砲でなく、別の方法で防ぐよう対処しなければならない。国を守るというのはその国の憲法を守るということであり、日本国憲法も守れない者がどこの国を守るのか。アメリカはアメリカが守ればよいことで、世界一の軍事費を費やしているアメリカが自国も守れぬほとはアホではあるまい。安保法案は反対に日本の愚かさの極み、戦後70年のバカの頂点。戦争体験もなし先頭立って戦死する気など何もなしの金持ちのいかれたドラ息子どもに好きなようにさせてはなるまい、しっかりしようぜ、米帝の好きにされてとうとうこの国の最後をみたくなければ、日本国民よ。

いよいよ進軍ラッパ    の暴走
神聖な十字軍遠征にでも加わるかのように夢想する幼稚な幻想でしかない。軍事的同盟というなら、少なくとも国是が一致したほぼ同じくらいの国力の国が対象となろう。専守防衛、非核三原則などは譲れない条件である。アメリカがこれらの条件に当てはまる国だろうか。世界一の核軍事超大国とはベタベタに組み、そのほかの国々へは憎悪と敵意をむき出しにする。こうした方向に未来があろうか。一日も早い退陣を求める。
すすめ  すすめ へいたい すすめ
実質「憲法改正」後の小1国語教科書↑はこうなる。本体の「改正」ムリなら閣議決定で行う、「積極的平和主義」でんがな、閣議決定は憲法より上のものらしい。憲法はそれほどどうでもいいものだろうか。政府自民党公明党よ一体ナニ様のつもりだ。
どうやらいまさら言うのもあほくさいわかりきったことを言わねばならない連中のようである。アメリカは何も正義感から「世界の警察」役をはたしているのではない、そうしたことで世界一の軍事費を費やしているわけはない、自分一国の大モウケのためにやっているだけのハナシ、それにくっついて地球の裏側までも子や孫やひ孫が派兵され、殺し、殺されることとなるが、モウケの分け前はもらえまい。

日本の政治の頽廃と狂いの極み、号泣地方議会だけでなく、国のレベルでもそれ以上の深刻なムチャクチャ。この国はすでにもう終わっているかも知れない。
核超軍事大国の米帝を平和憲法の日本が守るのだそう、日本の政治はオカシイ。戦争は人殺しである。安全な戦争はない、安全な兵站任務や後方支援などはあり得ない。

民意に反して、フクシマ前が始まった。戦前もまたはじまるのか。反動に鉄槌を!

時事通信7月世論調査より↑
愚か無謀 な政治屋連とそれにただ盲従する国民によって再び過去の惨禍を繰り返すことなきようしたい。

丹後の戦争遺産
歴史は人間が作るもの、その人間はよく間違える、よく流される、深くは考えない。マサカとか、私に関係ないでしょう、といった気持ちで、ハードルを下げて、信頼性の薄い政治屋どもと、ウワッといけば、とんでもない世の中、破滅に逆戻りかも。
戦後60年が過ぎた、2000万人のアジア人を犠牲にした戦争を、ぼつぼつ忘れ始めてはいないか。舞鶴はことのほか貴重な戦争遺跡が数多く残されるが、私たちは超愚か超無責任にもそんな過去を忘れ始めてはいないか、まさか市民を騙して戦争への道を歩もうとする者どもはいないか、残された戦跡遺産を見ながら検討を加えてみよう…。(書きかけの途中だけですが…)


−浮島丸事件−

浮島丸事件(3):入港から爆沈まで
浮島丸事件(4):爆沈
浮島丸事件(5):触雷か自爆か
浮島丸事件(6):船体引き上げ
浮島丸事件(7):関連略年表



−舞鶴引揚記念館−
舞鶴引揚記念館(1):設立の趣旨
舞鶴引揚記念館(2):シベリア抑留
舞鶴引揚記念館(3):満蒙開拓義勇軍
舞鶴引揚記念館(4):満州開拓団
満州天田郷・第二天田郷



−資料・データー−
第二次大戦の犠牲者数
舞鶴と戦争の歴史・略年表




−引揚の歴史−
引揚の歴史1:概要
引揚の歴史2:援護局設置までの時期
引揚の歴史3:「上安時代」

32隻の引揚船


−舞鶴周辺の戦争遺産−
「赤レンガ倉庫」などを「近代化遺産」などと美化する呼び方もあるが、というよりそうした呼び方しか今の舞鶴にはないが、はたしてそうしたとらえ方で、戦争遺産は未来に役立つものしてと正当に受け継がれていくのだろうか。思い上がりばかりで反省がなさ過ぎはしないか。右も左もそうしたことなのだが、市民意識の間に分け入って検討してみよう。
軍艦地名:舞鶴の戦艦通り(日露戦争)
軍艦地名:日清戦争時代の軍艦通り
舞鶴工廠軍艦85隻の最後 
舞鶴要塞
舞I空襲
明治舞鎮
大正舞鎮

舞I海軍航空隊(宮津市栗田)
宮津空襲・伊根空襲
福知山海軍航空基地




−福知山二十連隊と南京事件−
福知山20連隊と南京事件−1−
福知山20連隊と南京事件−2−
福知山20連隊と南京事件−3−
福知山20連隊と南京事件−4−
福知山20連隊と南京事件−5−
福知山20連隊と南京事件−6−
福知山20連隊と南京事件−7−
東史郎氏の「北支戡定戦日誌」
『地獄のDECEMBER−哀しみの南京− 』舞I公演


    -私の自己紹介-
どうかよろしく!  斉藤 喜一
斉藤喜一
1947年舞鶴生まれの舞鶴育ち。郷土とか地域と呼ばれるもの、地名や歴史に興味を持ち出したのは30歳くらいの頃だったか。会社社会しか知らない者には驚きの連発だった。
30年間もやっていてもまだご覧になる程度のもの、迷宮深く迷い込んでしまった、しかしこれではこの先、死ぬまでやったところでタカが知れていると気が付いた、まことに人生は短く、学成りがたしである、木乃伊とりが木乃伊になりそうである、現在書けるところから書き始めて迷宮の木乃伊状態から抜け出してみるより仕方ないと思い立った。
丹後古代史などは特にその感が強いが、私としては、あまり満足できる書がなく、誰に聴いたところでそんな昔を知るはずもない。これは自分で書くより手が無いなと、自分向けに書いている途中です。
古代の表玄関。異様に輝く丹後の古代史を解くカギはこの海を越えて渡ってきた渡来人にあるとネライをつけています。丹後のいたるところに海を越えてきた渡来人たち(彼らこそが我々丹後人の祖先)の姿が見えるまで、丹後の歴史をさかのぼらせたいと思い苦闘中です。
21世紀は古い古代と同じように、日本海の時代となろう。過去ばかりを眺めているわけにはいかない。歴史とはそもそも現代のためにこそ書かれるものであろう。ならば愛すべき郷土の現代的課題にも黙っているわけにもいかない。これもまた郷土史家に課せられる重要な役割でなかろうか。取り立てて政治的な発言をしようとは思わぬが、やはり若干は問題はそこに及ばざるを得まい。
本来は郷土建設のための勉強であるはずなのだが、何故かその志は忘れられ、この分野からの発言は昔から一般に保守的、あるいは反動的に権力に追従するようである。大郷土史家と定評たかい人たちすら侵略戦争反対などといった者は一人もいない。郷土研究者が何のために中央権力にしっぽを振るのか。狭い地球上で万物の霊長と自負する人間様なら鉄砲や核を撃ち合うような情けないことはやめようではないか。
深い慚愧の念を抱く者からのみ新たな21世紀の郷土史家が誕生するであろう。その一人にでもなれればと念じながら書いております。
 
TABLE OF CONTENTS   
(大まかな内容紹介)

 加佐郡の地名        丹後の加佐郡からですが、取り上げる地域に特に順番はありません、どこから読んで頂いてもけっこうですが、できれば最初から目を通して下さい。
加佐郡の地名の総目次
以下のものの総目次
はじめに
「平成の大合併」で郡名が消えていく。人も地域も消えることにならないか。
加佐の郡名についての考察の歴史をふりかえる。
朝代神社と朝禰神社
西舞鶴の総産土神を祀る朝代・朝禰は古くは千石山にあった姉妹の神社である。アサとは何か。
九社明神と九重神社
西舞鶴の地主神、九社明神とはどの社か。何を意味しているのか。九重はどう読むべきなのか。西舞鶴の古代史と深く関わる神社群についての考察。広田神社の祭主氏族
水銀地名−女布
女布は朱の産地を意味する地名。イカリ姫も水銀である。西舞鶴の発祥の地と水銀や金属との関係を考える。
水銀地名−邇保・二尾
二尾も朱の産地。舞鶴銅鐸と当地の歴史について。長浜。ニホの湖水。赤レンガ建造物群。
水銀地名−大浦半島の大丹生・浦入・禰布・赤野
大浦半島は舞鶴文化の発祥の地、海を使った交易だけでなく、ここには水銀と鉄があり、巨大な仁王像をもつ多禰寺がある。若狭湾漁民の信仰を集める冠島。日森神社・齋神社について。タイラとはタタラのこと
大浦半島2
成生あたりの考察。日神信仰とかかわりのある地名か。
朝来と志楽(志楽郷)
朝来・志楽と名を聞くだけでも古い東舞鶴の歴史を秘めていそうな、何か身震いしそうな地。朝来の地名と日本得魂命、枯木浦。枯木川。湾内4島。浮島丸事件。白糸。息津鏡・辺津鏡。世界樹
朝来の古代
志楽郷つづき
青葉山、大飯郡青郷 青海神社、泉源寺、白鬚神社、鈴鹿神社、鹿原・安岡 
元伊勢宮
元伊勢と呼ばれる社が丹後には幾つか残されている。加佐郡にもあり、その歴史についての考察、意外と金属文化とつながりが深そう…。
元伊勢宮つづき 上の続き
鉱山伝承の有道郷
京都府一の大河・由良川筋。古い歴史があるといわれる、アリとは蟻と言う…。
与保呂の里 ヨホロとは 日尾池姫神社 大蛇退治伝説 射矢神事
祖母谷と高橋郷 天藏神社 山口神社 三国岳 貴布禰神社 
弥加宜神社1 舞鶴の弥加宜神社
弥加宜神社2 大江町の弥加宜神社など
別所と鉄と俘囚 書きかけ
Column(ひと休み)
サシスセソの大昔はどんな発音だったか。大江季雄選手と友情のメタル


-PR-


本文に入れられなくて、見捨てるには惜しい丹後の伝説などをここに置いておきます。
目次(1〜20) 目次(21〜) 索引(あ行〜さ行) 索引(た行〜) 
第一集 第二集 第三集 第四集 第五集 第六集 第七集 第八集 第九集 第十集 第十一集 第十二集 第十三集 第十四集 第十五集 第十六集 第十七集 第十八集 第十九集 第二十集 第二一集 第二二集 第二三集 第二四集 第二五集 第二六集 第二七集 第二八集 第二九集 第三十集 第三一集 第三二集 第三三集 第三四集 第三五集 第三六集 第三七集 第三八集 第三九集 第四十集 第四一集 第四二集 第四三集 第四四集 第四五集 第四六集 第四七集 第四八集 第四九集 第五十集 第五一集 第五二集 第五三集 第五四集 第五五集 第五六集 第五七集 第五八集 第五九集 第六十集 第六一集 第六二集 第六三集



陸耳御笠の伝説

「丹後の伝説」の別枠です。日子坐王に退治されたというミカサはどんな人物か。23号台風の被害。
丹後の神社
本文でもかなり取り上げていますが、十分に取り上げ切れなかった神社です。

加佐郡神名帳
 青葉神社 弥加宜神社  
与謝郡神名帳須代神社)
丹波郡神名帳
竹野郡神名帳
熊野郡神名帳


丹後の地名(草稿)
ここから下は加佐郡には納まりきらない項目です。草稿ですが取りあえずおいてあります。今のところは読んでいただけるほどのものではありません。
クシフルの地名
   
丹後に残るクシフル地名を考察。木積神社・大宮売神社・荒塩神社・アラスの地名。
如意寺の分布
   
女布・売布の地名と神社
   
私も連れてってョ !
Grace of Tango 丹後の神宝

むずかしい事を言うなという人向けかも。
写真や動画でビジュアルに丹後を楽しみたい人へ

揚松明神事
2ロシア艦隊入港
3世界の美女たち
4ブルー・インパルス

5丹後の空、同乗記
07.07.19。坂根正喜氏に同乗させてもらいました。
笛ケ浦上空

43若狭おおい町・大火勢
42若狭高浜・7年祭(佐伎治神社) 
41「鬼は内」の節分祭'13(大原神社)
40日向水中綱引き'13
39こばりあい '12(伊根町のおべっさん)
38本庄祭 '12
37伊根祭 '12
36天橋立文殊堂出船祭り '12
35雄島参り '12
34才ノ神の藤'12
33地頭太鼓・大俣太鼓2011
32雄島参り '11
31羽衣伝説の山:磯砂山登山
30菖蒲田植え(京丹後市市野々)
29おまつ神事:冨留山神社
28冠島・沓島
27春の花だより
26舞鶴の桜
25ありしその日:卒業生を送る(舞鶴・与保呂校)
23お松明神事(舞鶴市城屋)
22赤ちゃん「初土俵入り」
21成生岬のスダジイの巨木
20小橋の精霊船(舞鶴市小橋)
19(平21)2009年7月22日の皆既日食
18大森神社の大名行列(舞鶴市森)
17籠神社の葵祭
16筍の神事:篠田神社(綾部市篠田町)
15姫三社の舞:鈴鹿神社の祭礼(舞鶴市田中町)
13吉原のマンドロ(舞鶴市吉原)
12虫送り(舞鶴市与保呂)
11上山神社の和唐内(伊根町菅野)
10新井崎神社の祭礼(伊根町新井)
9滝の千年椿(加悦町滝)
8浦嶋神社の延年祭(伊根町本庄)
7今福の蛇綱(宮津市今福)2008
24今福の蛇綱2010
6扇踊り(神崎・湊十二社祭礼)平19年度
14扇踊り(神崎・湊十二社祭礼)平20年度


丹後の地名  資料編舞鶴市
福知山市大江町
宮津市
伊根町

与謝野町
京丹後市
福知山市

地名資料集など、現在だいたい1000ページばかりあります。

50音順


 スポット・ライト

『丹後の地名』はもう飽きたという方へ。視点を変えてもう一度丹後を見てみる。

日本唱歌:松平夏奈さんConcert(14.6.8)
燕になりたい(松平夏奈さんコンサート13.7.7) 
春の日の花と輝く(松平夏奈さんコンサート13.4.14) 
平林華風師傘寿記念華展
Xmas曲'12:松平夏奈さんConcert(12.12.15)
舞鶴小唄2:松平夏奈さんコンサート12.10.28
クラシック名曲:松平夏奈さんコンサート(12.7.8)
翼を下さい:松平夏奈さんコンサート(12.4.22)
花:松平夏奈さんコンサート(12.2.25)
クリスマスコンサート:松平夏奈さんコンサート11.12.24
舞鶴小唄:松平夏奈さんコンサート11.10.23
久遠の河:松平夏奈さんのコンサート11.7.10
春の宴:松平夏奈さんのコンサート(2011.4)
坂根正喜氏写真集出版記念集会(11.4.16)
『地獄のDECEMBER−哀しみの南京− 』舞I公演
「心のふるさと丹後U」発刊
愛の賛歌:松平夏奈さんのconcert
世界に求む:松平夏奈さんのConcert
城屋の稲刈り2010
松平夏奈さんの "At home concert"
港湾のうたごえ全国祭典2010
松平夏奈さんの"Summer time Concert"




       Top 20

 最も多く見られたページ6月最後2週のTop20

第二次大戦の犠牲者数
元伊勢内宮:皇大神社(福知山市大江町内宮)
引揚船32隻の画像
与謝野鉄幹(与謝野寛)
丹後の地名(このページ)
引揚船のリスト(舞鶴港)
万願寺(舞鶴市)
野原(舞鶴市)
冠島・沓島(舞鶴市)
舞I空襲
細川ガラシャ夫人
天橋山智恩寺(宮津市文珠の文珠堂)
白糸浜神社(舞鶴市)
舞鶴引揚記念館1
丹後の伝説44:成相寺の伝説
真名井神社(宮津市大垣)
杉山(舞鶴市)
松尾寺:西国観音霊場29番札所
二瀬川渓流(福知山市大江町仏性寺)
冠島のオオミズナギドリ(舞鶴市)






いい書籍との出合いを!
 当サイトはどなたからも費用を頂いているわけでもありません、取材費が莫大になりボランティア精神だけではどうにもならなくなり始めました。スポンサーといえばナニですが、世界一の本屋さんの手伝いです。
 いい人との出合いは運次第、思うようには巡り会えないかも知れません、それが人生。
しかしいい本との出合いは、この本屋さんを探せば、いくらでもあります。
GOOD LUCK !


丹後の伝説・民話の本のショップ





Link Free. 
 Copyright © 2016 Kiichi Saito (kiichisaitoh@hotmail.com
All Rights Reserved