同じベクトル・違うベクトル


まず前準備


上の図で、
青のベクトルを
黄緑のベクトルを
黒のベクトルを
緑のベクトルを
赤のベクトルを
水色のベクトルを
茶色のベクトルを
ピンクのベクトルを
紫のベクトルを
とします。(見にくくてすみません>(_ _)<)

“ベクトルが等しい”とは?

前回も説明しましたが、
ベクトルとは「大きさ」と「方向」を持つものです。
だから、大きさと方向が同じであれば、同じベクトルです。

例えば上の図の場合、
は同じベクトルで、
です。

「でも、矢印の位置は違いますが・・・」
いいえ、位置は関係ありません。
ベクトルは「大きさ」と「方向」さえ一緒であれば、同じベクトルとみなすのです。

「でも、青色と茶色って、色が違うから・・・」
ベクトルに色は全然関係ありません。
ベクトルは「大きさ」と「方向」さえ一緒であれば、色が違っていても位置が違っていても、同じベクトルとみなします。

「でも、青色のベクトルの方が、矢印の線が太く見える気が・・・」
ベクトルには線の太さは全然関係ありません!!!
方向と大きささえ同じであれば、いいのです(←しつこいかな?)

等しくないベクトル

しかし、青のベクトルとピンクのベクトル は違うベクトルです。
この二つ、大きさ(矢印の大きさ)は同じなのですが、
向きが違います。
は、互いに逆の方向を向いています。
ベクトルは「大きさ」と「方向」の両方が同じでなければ「同じベクトル」とみなせないので、
この2つのベクトルは方向が180°違うため、同じベクトルではありません。


また、赤のベクトルと黒のベクトル は方向が同じですが、大きさが違っているので、「同じベクトル」とはみなせません。




もしよければ、他にも同じベクトルのペアを自分で探してみてください。
全部で同じベクトルのペアは3組ありますねっ☆

ゼロベクトル

ベクトルは「大きさ」と「方向」を表しますが・・・

大きさのない・・・つまり大きさが0のベクトルをゼロベクトルといい、

と表します。

このベクトルを矢印で表そうとしても、ベクトルの大きさが0なので、
「矢印の長さ」も0になってしまう、つまり「ただの点」になってしまいます。
ただの点では、方向も表すことができないですね・・・。

よって、ゼロベクトルとは、方向も大きさも持たないベクトルなのですが、
それでも一応「ベクトル」と呼びます。

戻る