東須磨から須磨アルプス  
 

年月日:2010年06月27日 天気:曇り
ルート :山陽電鉄東須磨駅→高尾山→須磨アルプス
メンバー:単独

山陽電鉄東須磨駅から高尾山を経由して須磨アルプスへのルートを行く。山陽電鉄東須磨駅から北上し、交差点で一本西側の道を北上する。護国寺の横を通り、須磨裕厚病院の横を通りアスファルトの道をつめると地道になり、高尾山への道に合流する。ここから関電巡視路(と思う)を北上し、高尾山を経由して板宿から東山へのルートに合流する。東山から縦走路を逆に進み須磨アルプスに着く。

9:35

山陽電鉄東須磨駅
駅前にコンビニがなかった。おにぎりは諦めて、自動販売機をさがしてお茶と水を購入する。
駅から北方向へ進む。

 

護国寺の横を通り、須磨裕厚病院の横を通り高度をかせぐ。
六甲の山は、登山口までが大変(面倒)。
9:54

アスファルトの道をつめると地道になりと北西方向への登り道が現れる。
写真は正面の道から来て、振り返って撮影している。左への分岐がこれから登る道。
すぐ下には高尾台の団地が広がる。

高尾山の方向を見上げるが、最初の鉄塔しか見えない。
本日は曇りで、山は雲の中。
歩き始めは少し草が覆われた道。この道も関電の巡視路のようで整備されている。
10:09

鉄塔の横を通る。すぐに高尾山(181m)の山頂に着く。

 

10:15
再度鉄塔の横を通る。関西電力さんに感謝しながら道を遡上する。
10:22

小ピーク。右側にも道が繋がっているが、左が正解。右へは枝で蓋がされている。(何も注意していなければ、左側の道しか気が付かないが)

一部露岩の道。
チョッとした岩場の道。
この部分から下界がみえるはずだが、あいにくの雲で視界はまったくない。
10:34

板宿から須磨アルプスへの道に合流する。
合流してから振り返って撮影。
左の直進の道が板宿からの道で、右への分岐が高尾山からの道。

10:39

東山。
縦走路なのでいつもは人が休憩しているが、本日は誰もいない。

須磨アルプス側に歩き出す。
本来なら須磨アルプスの風景が見れるはずだが・・・
10:48

須磨アルプスに到着(ゴール!!)。

一部までしか見れない。
こんな日に山に来るなんて、ちょっと後悔したが、いつもと雰囲気が異なる。
 


 神戸背山の道へ / HPにもどる