世羅郡(せらぐん)

世羅町(せらちょう:旧世羅町・世羅西町甲山町の合併)

<旧・世羅町の城郭>

浦壁城(うらかべじょう)/別名 堀の城/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町賀茂字城/毛利家臣・栗原河内守元胤が居城。

大田城(おおたじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町三郎丸字大幡谷/城主不明

頭旗城(かしらはたじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町大字賀茂字天神山/城主不明

月山城(がっさんじょう)/別名 月美城/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町堀越字志路/小寺十郎左衛門・小寺佐渡守直秀が居城。

狐城(きつねじょう)/別名 七ツ井の城/形式・・山城/世羅郡世羅町西神崎字伊勢山/城主不明

久留毘城(くるびじょう)/別名 暮日城・重永城/形式・・山城/世羅郡世羅町中原字日和/建武3(延元元、1336)年、南朝方の竹内兼幸、小早川掃部助、府中青目寺別当弁房らが、北朝方の山内入道観西を攻めたが逆襲され、この城で敗北。

勝負迫城(しょうぶさこじょう)/別名 世宇布迫城/形式・・山城/世羅郡世羅町中原字正迫山/城主中原善右衛門兼勝

田屋丸城(たやまるじょう)/別名 多尾城/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町徳市字福永/城主毛利山城守

月ヶ平城(つきがひらじょう?)/形式・・山城/世羅郡世羅町青山字月ヶ平山/城主不明

羽山が城(はやまがじょう)/別名 早山城/形式・・山城/世羅郡世羅町本郷字早山/梨和中務少輔景盛・太輔景久・景守らが居城したと『西備名区』にあるが、『世羅郡誌』では佐々木政綱越後守・佐々木政反上野介・佐々木顕宗上野入道らが居城したという。

火野目山城(ひのめやまじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町大字賀茂字城府/南北朝時代、津口荘賀茂郷の地頭・山内七郎入道観西が居城か。

火室城(ひむろじょう)/別名 日室城/形式・・館/世羅郡世羅町戸張字瀬戸田/城主不明

平井城(ひらいじょう)/別名 平居城・長光山城/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町大字重永字日和/城主長満伊予守光綱

本の井城(もとのいじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町重永字三上/『西備名区』では重永小太郎が城主といい、地元伝承では松尾長門守が城主という。

森忠城(もりただじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町大字東神崎字吉実/上原元祐に仕えた角右馬允秀正が城主という。

安田城(やすだじょう)/別名 正国城/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町中安田字五反平/『芸藩通志』では、天野典厩の子・典膳が居城したという。

旧・世羅西町(せらにしちょう)

黒川城(くろかわじょう)/形式・・館/世羅郡世羅町黒川字城山/城主江村八太夫栄基

茶臼城(ちゃうすじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町下津田字中陰地/山内首藤一族・山内通氏、山内首藤三郎通継が居城。

堀の岡城(ほりのおかじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町小国字堀の尾/毛利家臣・長大蔵左衛門が居城。大蔵左衛門は永禄11(1568)年、筑前で戦功があり、毛利輝元から感状を受けている。

松本土居屋敷(まつもとどいやしき)/世羅郡世羅町上津田/旧世羅西町指定史跡/元和5(1619)年に没した松本義直を初代とする松本氏の累代の居館。

明神山城(みょうじんやまじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町下津田字明神山/『芸藩通志』では金築勝七郎もしくは庄野(勝野)七郎が城主であるという。『西備名区』では庄七郎が築城したという。

明神山城(みょうじんやまじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町黒川字明神山/城主黒川左衛門

龍王山城(りゅうおうさんじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町長田横坂字東奥山/城主不明

旧・甲山町(こうざんちょう)

赤城(あかじょう)/別名 赤堀/形式・・館/世羅郡世羅町川尻字池入堂/林肥前守就長もしくはその弟・右馬允が居城。

今高野山城(いまこうやさんじょう)/別名 甲山城・高山城・幸山城/形式・・山城/世羅郡世羅町大字高山字古城山/『芸藩通志』では、上原豊後元広・右衛門大夫元祐(上原民部少輔元輔)が居城したといい、『西備名区』では山内大和守直通・上原民部少輔元資・上原右衛門佐元佐・上原右衛門大夫元祐が居城したという。

宇根城(うねじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町東上原字宇根造/城主不明

円寿寺山城(えんじゅじやまじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町宇津戸字天神山/大永年間(1521〜28)、上原豊将が居城。天正年間(1573〜92)、毛利元就の9男・小早川秀包が居城。

尾首城(おくびじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町伊尾字宮の沖/湯浅越中守将宗の居城。将宗は美濃守元宗の子で、備後守護山名家に属していたが、大内氏に従い、その後毛利氏に従った。

小世良城(おぜらじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町小世良字迫谷山/城主世良能登守

久代城(くしろじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町東上原字奥が迫/鎌倉時代後期、南下してきた久代宮氏の城である可能性がある。

高山城(こうやまじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町赤屋字高山/城主天野大学能久

迫谷城(さこたにじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町小世良字迫谷山/城主不明

実竹城(さんだけじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町青近字実竹/城主安積弥右衛門

山伝城(さんでじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町宇津戸字万灯山/城主は高橋某で、大永年間(1532〜28)、上原豊将と戦ったという。

砂走城(すなばしりじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町赤屋字城山/城主和智豊後守

鷹の巣城(たかのすじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町小世良字大谷山/城主不明

高鉢山城(たかはちやまじょう)/世羅郡世羅町青近/永正(1504〜21)の頃、長谷部大蔵左衛門元信が居城したという。

茶臼城(ちゃうすじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町西上原字茶臼城/城主不明

鳶が丸城(とびがまるじょう)/別名 登井が丸/形式・・山城/世羅郡世羅町伊尾字城が平山/城主下見加賀守

沼城(ぬまじょう)/形式・・沼城/世羅郡世羅町甲山/城主上原氏

平家が城(へいけがじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町川尻/地元伝承では、平教溢の一族がいたという。

松岡城(まつおかじょう)/形式・・山城/世羅郡世羅町川尻字日向山/城主林就長(毛利氏)

宮地城(みやじじょう)/別名 玖城山/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町東上原字奥が迫/城主不明

山口城(やまぐちじょう)/形式・・山城(丘城)/世羅郡世羅町伊尾字龍王山/城主不明