長谷川 法世

近況報告   長谷川法世

エー、アー、私は13組・2年?くみ・35組の長谷川法世です。去年から博多に単身赴任しています。

1126日(土)福岡市長住の小林彰先生宅を訪問してきました。
写真はお土産にいただいた、先生丹精の薔薇の数々です。全部種類が違います。先生が薔薇を趣味にしていらっしゃることは前から知っていたのですが、讀賣新聞九州版で「大技小わざ」(これをネット検索すればこれまでのも見られます)というイラストルポを書いているので、その取材に行ったわけです。
奥様も同じご趣味ということですが、先生は福岡バラ会の研究部長、奥様は副会長で、奥様のほうが偉いのだそうです。しかし、先生は過去3回、日本ばら会で日本一に輝かれたのです。意外なことを聞きました。あの青柳君は外面とは違い、家では以前からバラの栽培を趣味にしているとのことです。私はこのところ、博多で講演が多いのですが、最近は「川上音二郎」の話ばかりしています。オッペケペー節で有名な音二郎ですが、実は、その後の無くなるまでの12年間がすごいのです。2010年が没後100年になるのでが没後100年になるので、ほら吹き・山師といわれることのある,音二郎の復権を目指しています。2010年までに、ボストン・シカゴ・ニューヨーク・ワシントン・ロンドン・パリ・モスクワ・オーストリアなど欧米諸都市を巡業した足跡を、各地の新聞記事などで検証したいと思っています。ぜひご協力ください。
目下は、「博多町家」ふるさと館館長・九州造形短期大学美術科まんが研究客員教授など、各職請負業みたいになっています。漫画は老眼になって目下沙汰やみです。以上」」」05.11.29

トップページヘ