前に戻る

2009年法理学研究会と東京法哲学研究会の合同研究合宿のご案内

 (以下の肩書きは当時のものです。)

 

日程  9月3日(木)〜9月4日()
会場  同志社びわこリトリートセンター(JR湖西線「北小松」下車)

スケジュール

第一日

 

14001530 報告1 白川俊介(九州大学)
                「国境を越える人の移動に関する一考察

 ――リベラル・ナショナリズム論と移民」(仮題)
               コメント 稲田恭明(東京大学)
               (報告40分、コメント15分、質疑応答35分の予定。以下同じ)

15
451715 報告2 中山尚子(立命館大学)
                「マーサ・ヌスバウムのケイパビリティ・アプローチ再考
                 ――リベラルなジェンダー正義論とは」(仮題)
               コメント 池田弘乃(東京大学)

17
301930 夕食(バーベキュー)
20
302300 コンパ

第二日
9
001030  報告3 綾部六郎(北海道大学)
                「ジェンダー・ノルム・理解可能性
                 ――ジェンダーと法についての一試論」(仮題)
               コメント 小久見祥恵(同志社大学)

10
451215 報告4 小林史明(明治大学)
                「法と文学研究の視座」(仮題)
               コメント 三本卓也(立命館大学)

12
15〜    来年度の打ち合わせ
12:30
1300 昼食

13
301530 スポーツ大会
          テニスを予定しています。ご希望の方は、幹事までご連絡下さい。

 

宿泊費

10,000円程度。院生・ODの方は金額を配慮いたします。

いくつかシングル・ルームを用意しておりますが、利用される場合は若干の割増料金を頂くことになります。

 <

 

 

問い合わせ先

法理学研究会幹事:浅野有紀<ayukiaaol.com>、濱真一郎<shamamail.doshisha.ac.jp>
             (* メールアドレスは、@を半角の@にしてご利用下さい。)