無事終了しました。ありがとうございました〜!!


笹子重治さんを囲む会

— 笹子さんにあれこれ聞いてみよう!—

 

ショーロクラブコーコーヤなどのリーダーとして活躍中のギタリスト・笹子重治さんをお迎えして、その演奏スタイルだけでなく、曲作り、アレンジ、プロデュースなどの魅力に迫ります!


また、笹子さんのルーツとなるショーロやブラジル音楽についても、普段のライブではなかなか聞けないようなおもしろい話が聞けるかも!?


さらに、特別ゲストとしてヴォーカル・吉田慶子さんも駆けつけてくださいます!!

 

 日時:2013519() 12:45開場/13:00スタート

 場所:ハーミットドルフィン浜松市中区田町326-25 KJスクエア2F

 料金:2,000円(小学生以下無料)
    ※ご入場時に1ドリンク代500円が別途必要です。

 定員:25名(先着予約制)

 講師:笹子重治さん

 特別ゲスト:吉田慶子さん


お問い合わせ、お申し込みは谷口(090-3850-0937)まで


こくちーずからも申し込みできます!


 ※笹子さん、吉田さんへの質問も随時募集します。

  こんなことやあんなことを聞いてみたい!などありましたら、

  是非、 facebook メールなどでご連絡ください。




講師&ゲストプロフィール

 

笹子さん画像笹子重治

 

1958年、神戸市生まれのギタリスト。86〜87年にかけてブラジルで活動し帰国後ショーロクラブを結成、これまでに23枚のアルバムを発表。単独でも、吉田慶子、鈴木重子の他、EPO、比屋定篤子、鈴木亜紀、古謝美佐子、Ann Sally、畠山美由紀、桑江知子、NUU、松田美緒、大島保克、手嶌葵、amin、大島花子、照屋美穂、かとうかなこ、小松亮太等、J-POPから民謡までの歌手やインスト奏者のサポート、サウンドプロデュース、レコーディング、アレンジ等多方面で活躍中。一昨年は、初のソロアルバム「onaka-ippai」リリース。昨年には自身の第二のユニット「コーコーヤ」の2作目の作品集「FREVO!」をリリース。最新作は、ショーロクラブによる作曲家武満徹の作品集「武満徹SONGBOOK」。



吉田さん画像吉田慶子

 

東京生まれ。幼少の頃からクラシックピアノを始める。1950年代前後のブラジル音楽、特にボサノヴァに魅せられてからは、ピアノをギターに持ちかえ仙台のライブハウスから活動を開始。2000年には単独でブラジルに渡り、半年程の滞在中に現地でレコーディング。2001年ファースト・アルバム『愛しいひと〜bem querer』を発表。以後、ライブ活動を中心に『COMO A PLANTA〜ひそやかなボサノヴァ』(2007)『サンバ・カンソン』(2007)『DEPOIS DA BANDA PASSARパレードのあとで〜canta NARA』(2009)など、6枚のソロアルバムを発表する。暮らしの小さなあれこれをゆっくりと楽しみながらマイペースで歌い続けている。