ガ・ちんこ投稿塾々長 なんでもコラム


 (6/25日・495号)

 

最近、 映画はシネコンで観ることがほとんどになった。

便利だし、HPも充実していて事前のチェックがし易いし、

おまけに特典もついてたりするから。

 

 

その特典とは、ネットで前売りチケットを購入する際、

『夫婦割引』 という項目がある。

 

通常、チケットは一枚1800円。

これを現地で購入すると 夫婦で行った場合 3600円となる。

 

これが ネットで前売り(直前でも構わない)で夫婦割引で購入すると 2000円になるのだ。

 

なんと、1600円も安くなる。

 

 

こんな特典を利用しないわけにはいかない。

 

 

この特典を利用してチケットをネット注文し、

現地で機械から暗証番号を打ち込んでチケットを購入し、

映画館に入る。

 

最初は、ご丁寧にも 夫婦であることを証明するために

うちら夫婦は手に免許証を。

係員にチェックされてもすぐさまパスできるようにと。

 

が、

なにも咎められないで入場できた。

 

 

 

先日も同じ方法でチケットを購入し、

場内にすんなり入る。

 

 

そこで 逆にこちらから係員に聞いてみたんだ。

 

 

「ね、夫婦かどうか確認しないの?」

 

 

すると こんな答えが返ってきたんだ。

 

 

「はい。お客様を信用しておりますので」

 

 

へーーーーーーーーーー。

 

 

 

ま、

うちらは夫婦に見えないわけではない。

 

(もしかしたら夫婦かな?) と見えても

とても聞きづらいことかも知れない。

 

ほら、不倫カップルだったり、キャバクラ嬢と同伴出勤前だったり。

 

 

 

 

よーーーし。

こうなりゃ どこまでが夫婦って線引きマニュアルがあるのか確かめたくなってきた。

 

 

 

 

 

 


前のを見る。
次のを見る。
塾長なんでもコラム集を見る。



トップに戻る。