ガ・ちんこ投稿塾々長 なんでもコラム


 (2/28日・488号)

 

先日、町会用にと配布した資料について ダメ出しが来た。

 

歴代の役員を町会資料に基づき、作成したんだ。

さかのぼること 昭和48年まで。

 

 

 

 

 

竹田義男 /タケダヨシオ(仮名)  さんから直談判されたんだ。

 

なんでも 名前の表記が違うと。

正式には 『武田義生/タケダヨシオ(仮名)』 だと。

 

 

え〜〜〜〜〜〜?

そうだったんですか? 今まで 『竹田義男 さん』 で年賀状も送ってたじゃないっすか!

 

もーーーーーっ。

「今年も素敵な年賀状ありがとね。」 って言ってくれましたよね。

なんでその時に言ってくれなかったんすか・・・・・・

 

ただちに修正し、その修正とお詫びの旨を表記して回覧した。

 

 

 

 

もう一件、直談判に。

その人は70歳のおばさん。

 

「ねぇ、私さ、昭和43年に役員をやってるんだけど。それが表記されてないじゃない。」 と。

 

「あのですね、ちゃんと 『昭和48年以降の資料に基づき作成/それより以前の資料は存在していない』 って

 作成した歴代役員表には明記したでしょう。」

 

「いやね、他の人に 『私』 がまだ役員未経験だと思われないかと・・・・・・」

 

 

 

バッカじゃねーーーの?

そんなの誰も思わねーーよ。

 

 

そのおばさんには二人の子供がいる。

一人は娘でオデより2つ先輩。

もう一人は息子でオデより2つ後輩。

 

双方の子供とも、学生時代から ちぃーーーっとばかり 足りないようだった。

大人になった現在も、ちぃーーーーっとばかり 足りない気がする。

 

やはり、ちぃーーーーーっとばかり足りない というのは遺伝するんだな。



 









前のを見る。
次のを見る。
塾長なんでもコラム集を見る。



トップに戻る。