ガ・ちんこ投稿塾々長 なんでもコラム


 (3/13日・457号)

 

世間では、まだまだインフルエンザが猛威をふるっていたり、

暖冬の影響で、例年より長い間、スギ花粉の影響を受けたりと。

 

一昨年の冬から実行していること。

それは 『鼻ウガイ』

 

 

やはり、なかなかイイみたいだ。

 

真水や真温水でウガイすると 当然、鼻がツーンとなり

涙ボロボロとこぼれて ウガイどころじゃないのは前にお話したと思う。

 

塩水でウガイするのだよ。塩水で。

 

オデの場合、『アジシオ』   を利用している。

食塩より、若干割高だが、所詮は 塩。

どうってことは無い。

 

 

 

仕事柄、埃にまみれる作業がある。

そんな時は、一時でも早く家に帰り、鼻ウガイをしたくなる。

 

電車やバスを利用した時もそうだ。

人ごみで吸った汚い空気を鼻のフィルターがクリーンにしてくれている。

そのフィルターをすぐにでも 洗い流してあげたい。

 

 

今では 鼻ウガイの無い生活は考えられなくなったほどだ。

 

 

 

が、

ちょいと考えてみる。

 

鼻ウガイに使用している塩水。

これが イイ味なんだよ。

まさに イイ塩梅。

 

 

風呂場で体を洗い、頭を洗い、顔を洗い、鼻ウガイ。

口の中にイイ塩梅の塩味が残る。

 

それで風呂からでて 酒を呑む。

 

 

風呂 → 汗をかく → イイ塩梅の塩水  →  酒

 

 

このような流れなわけだ。

 

 

 

 

鼻ウガイが好きなのではなく、

こうした味付けの液体を口に含む作業により、

一層酒が上手くなる ってことが好きなのではないだろうか・・・・・・

 

 

と 最近は思ってしまう。









前のを見る。
次のを見る。
塾長なんでもコラム集を見る。



トップに戻る。