ガ・ちんこ投稿塾々長 なんでもコラム


 (8/25日・435号)

 

RICOの公園友達で “ユメちゃん” って二学年下の女の子がいる。

そのユメちゃんの付き添いは、いつもおじいちゃん。

たまにお父さんもあるそうだが。

 

詳しくは知らないが、お母さんが不在のようだ。

死別か生別かも知らない。

それは別に何の問題はない。

ユメちゃんのお父さんのルックスは、いかにも優しいって感じの人。

まぁ、オデとも小・中学校の先輩後輩の間柄。

あちらは覚えてないそうだが くらだない昔の記憶だけは確かなオデ。

その顔を見た瞬間、 「サッカー部の先輩でしたよね?」

と、話しかけたくらいだった。

 

散々、公園でワイワイと騒ぎ、

今の時期、17時半になると 『おうちに帰りましょう』 のアナウンスが入る。

すると、散らかした砂場セットやらを片付けておうちに帰るのである。

 

それから二次会が始まるのだ。

 

公園から帰る途中、ポメラニアンを飼っているお宅があり、

そこにぞろぞろと移動するわけで。

垣根越しに顔を出しているポメラニアンを

皆して代わる代わる撫でたり 抱っこしたりと。

そりゃもう 大騒ぎ。

 

そのポメラニアンは “コーちゃん” という名前で、

とても子供達が好きだそうで。

その コーちゃんがとても可愛いってんで

オデも一回見たくて、覗きに行ったことがある。

 

すると コーちゃん、

牙を剥き出して吼えるわけで。

やはり、女・子供には優しいのだが、

オデのような 厳つい男は大嫌いのようで。

 

 

ところがだよ、

ユメちゃんのお父さんには尻尾を振るわけよ。

顔を出す回数が多いとか少ないとかの問題じゃないわけ。

ユメちゃんのお父さんって、お母さんも兼ねてるわけ。

ちゃんとそのことをコーちゃん、察知しているんだろうねぇ。

 

 

すごいなぁ。 動物の計り知れない電波をキャッチするアンテナって。

 

 









前のを見る。
次のを見る。
塾長なんでもコラム集を見る。



トップに戻る。