ガ・ちんこ投稿塾々長 なんでもコラム


 (1/1日・274号)

 

いつもこの時期になると納得がいかない。
それは、 『元旦』 って言葉だ。
それを公共の電波上で聞くとなぜか腹が立つ。

いや、
『元旦』 を聞いただけでは腹が立たない。
『元旦』 の使い方を間違っているから腹が立つのだ。

『元旦』 って、元日の朝の事だよね。
それなのに・・・

まぁ、アイドル崩れのアフォなタレントが使うのはしょうがない。
だって バッキュ〜ン だからね。

「今度の放送は、元旦の夜の9時からで〜す。聞いてくださいね♪」
なーんて、バカ丸出し。

番組スタッフの誰か、教えてやれよ。
でも、
さすがに驚いたのが、ニッポン放送で、赤坂泰彦が、

「次の放送は、元旦の午後1時にお耳にかかりましょう!」
と、言った事。

あんなに言葉巧みな人がねぇ。
ましてや、もういい年だろうが。
なんか幻滅しちゃった瞬間だった。
お話が上手に出来てもバッキュ〜ンなのかぁ?

新年早々、どうもすいません。








前のを見る。
次のを見る。
塾長なんでもコラム集を見る。



トップに戻る。