ガ・ちんこ投稿塾々長 なんでもコラム


 (12/29日・271号)

 

インド洋で起きた津波は凄まじいものだった。
まぁ、伝染病などの二次被害もこれからだろうから、
もっと悲惨な状態になるのは間違いないだろう。


RICOの幼稚園の友達のY斗君。
彼の母親・J子さんと総裁は仲が良いのは 前出 でも紹介した。

そのY斗君のお父さん。
某電気機器勤務で海外出張が多いそうだ。
毎年、年末から年始にかけて家族で揃って過ごしたことがないらしい。
J子さんは 韓流ブームにまんまと踊らされてしまって、
ヨン様にぞっこんで、自分の旦那を 『健様』 と呼んでいるくらいだ。

そんな健様。
クリスマスの二日前あたりから東南アジアに出張したらしい。
総裁から遠まわしで聞いたので、
健様が東南アジアに出張していたのはオデも知っていた。

そして、このインド洋の大津波だ。
そのニュースは、26日に発生した翌朝に知った。

「なぁ、健様って、あっちの方に出張行ってるんじゃないの?」
「そうなのよっ! ペナン島よ、ペナン島っ!!」
「ゲゲゲっ! まずいじゃんかよっ! 大丈夫かね?」
「後でJ子さんにメールしてみるよ。」

と、まぁ、そのニュースを見た朝の、我が家の会話である。

その晩、J子さんから連絡があった。
どうだったかと言うと、悲惨ってもんじゃない。
その悲惨な話ってのは、明日につづく。








前のを見る。
次のを見る。
塾長なんでもコラム集を見る。



トップに戻る。