ガ・ちんこ投稿塾々長 なんでもコラム


 (10/26日・214号)

 

つい先日まで世間を賑わせていたもの。 
この新潟の大地震でその存在は吹っ飛んでしまった。

これを見ている皆さんも忘れてしまったのではないだろうか。
それは、『熊』。

あれほど連日のように山から里に下りてきた熊を報道していたニュース。
今はその報道は見られない。
そりゃ、大地震の被害と熊による被害を比べたら当たり前だろうが。

いや、こう考えてもらいたい。
実は、熊はすでにどこかに隠れてしまったと。

あの熊、今回の大地震を予測していたのではないだろうか。
だから、食料を必要以上求めに山から里に下りてきたのではないだろうか。
人間とは違うセンサーを持っているに違いないはず。

うん。
きっと熊は知っていたんだよ。

今回の新潟の地震を予測していた教授が言っていた。
この次は関東だと。
茨城県沖か房総沖。
これは有り得るな。
東金地震から二十年かぁ。
うん。
有り得る。








前のを見る。
次のを見る。
塾長なんでもコラム集を見る。



トップに戻る。