ProjectD



メニューが表示されていない方はこちらをクリックして下さい。


原寸大○○○○○
制作過程公開中〜
下からお読み下さい。


2005/3/21




プレートでの処理も終わって完成〜・・・
と思って写真を撮る準備をしていたら、通りすがりの人が腕を壊しちゃいました・・・
な、なんだって〜!
泣く泣く腕を補修。
・・・
・・・

そしてついに完成





しっぽはこんな感じ。
いい感じにくっついてます。






プレート積分しちゃう前にもう一度一通り見てみましょう・・・




手のところも後からプレート積分にします。




ご覧のように近づいてみると結構ごつごつ。
遠くから見てる分には分からないので放置してもかまわないんですが、ここは自分のポリシーに従ってプレート積分にします。




でもまだ完成じゃないんですよ。
これから1x1プレートを大量に使って、頭をなめらかにしていきます。
今の段階では最小単位がブロック一つ分なので、それをプレート一枚分にまで細かくするわけです。




全体のバランスも問題なさそう・・・
っていつの間にか左腕が!
生えてきた訳じゃありませんので(笑)
ちゃんと時間掛けて作ってます。




もうほとんど完成に近いですね。




今度頭をひっくり返すときには必要となるのですが、今は必要ないので取ってしまいます。




頭のてっぺんについているのは、頭をひっくり返したときに安定させるためのものです。




右腕の設置具合はよさそうですね。




左腕はまだ。




いつの間に作ってん!という感じですが右腕設置。
一度作ってから腕の太さに不満があったのでもう一度作り直しました。
これは修正後の分。



2005/3/18




近くから見ると頭でっかちに見えましたが、遠くから見るとなかなかいいバランス。
頭と胴体のつながりもなめらかで問題なし。
ただ、頭は依然としてヒビが走っていて・・・まあ、こればかりはもう、どうしようもないのですが・・・。
会場まで持って行けるか心配でなりません。

ちなみに頭のてっぺんにある青い突起物はひっくり返して置くときに安定させるためのものです。
それについては前の分で確認してください。




鈴の周辺はまだ完全には埋めてません。
不完全という意味では、目の上の部分やひげの一部が未完成になっています。




とりあえず、のせること自体は成功。
近くから見るとこんな感じで、かなり頭でっかちに見えます。
の○太君の視線かな。




さてさて。
ついに頭をのっける日がやってきました。
1%の期待と99%の不安・・・
二人がかりでのっけます。
・・・・・・
カラカラカラ、ジャラジャラジャラ
・・・・・・
物凄く不吉な音がしています。
一部は作業中に内側に落としてしまったパーツがこぼれ落ちてる分なので、そっちは問題ないのですが、
少量ですが、いくつか中の補強材もこぼれ落ちてきました。おいおい。
あとから大変そう・・・



2005/3/16




鈴と首輪設置後の頭。
先ほど言っていたように鈴は仮設置です。

完成の時が近づいてきてます・・・。




青と白の境界線もきれいにつながりました。




足下。
やっぱり足短いですね。




ドッキング!
これで下半身は腕と鈴以外完成です。
鈴が若干大きく見えますが、頭と比較するとそれほど大きく感じません。




下半身は二部構成になっていて、実はまだそれらが接着されていません。
この写真に写っているのは足の方で、もうひとつ胴の部分があります。
補強も、予定していた分が完成し、ようやく接着できる段階まで来ました。




試しに・・・
ちょっと内側に入り込みすぎたかな・・・
あとからもうちょい手前に持ってきます。




鈴を設置するために下半身の前方を崩します。




後ろ側もかなり思い通りの形に仕上がりました。




しっぽを取り付けます。
なかなかいい感じ。
つつくとプルプル震えてグッド。




鈴と首輪を設置します。
鈴の方は最終的には下半身の方に取り付けるので、とりあえず様子見ということで。




2005/3/14




ブロックとプレートだけで作る球体としては完全体に近いかと思います。




しっぽです。
普通にブロックを積んでいくやり方でも良かったのですが、気分転換に新しいスタイルで。
小さめの球体を作るときにはこの手法が便利そうです。
野球ボール大で、強度はかなりのもの。
なんか応用できるかも。




先ほど騒いでいた歪みも修復済みです。
さっきの画像で「10」と書いていたところが、9ポッチに減っているのが確認していただけると思います。




まだ完全にはくっつけていないので、小さな隙間があります。
この隙間は歪みによるものではありません〜。




青と白の境界線は結構きれいにつながりました。




前方はほぼ完成です。
ポケットの部分を黒で縁取りした方がいいんじゃないか、と指摘してくれた人がいましたが、
黒で縁取りすると、ポケットが目立ちすぎるような気がしたので、そのまま盛り上げるだけにしました。
ここの部分は多少修正の余地があるかもしれません。




まだちょっとおしりに隙間が・・・




続きに、下半身にあった隙間を埋めてみました。




ふぅ。
なんとか前の状態にまで戻りました。




ひっくり返してさらにガンガン壊していきます。

結局、この部分を修正するのに半日かかってしまいました。
こんな作業しててもテンション上がらないよ〜




ガラガラ・・・
潰すだけならいいんですけど、また同じものを作らないといけないんですよ。
たまりまへん。




今回はなんとか修正してみることにしました。
下半身には後から20kg近い頭部が乗っかるわけですから、少しのミスが大惨事につながりかねませんので。
折角作った補強部分を壊していきます。
なんかむなしい・・・




画像中央で歪みが作られていました。(画像参照)
これはブロックの重みによって、とか、歪みが蓄積して、とかじゃなくて完全に制作ミスです。
今まで気づかなかったのが不思議なぐらいですが、これだけ大きいと気づかないものなんですね。
何度もチェックしたはずなのですが、相当数チェックポイントがあるのでこのミスに気づかなかったみたいです。
トリプルチェックなんてしませんし。

実はこういったミスはよくあることで、「D」の頭部でも同様のミスが一カ所発見されています。
ただ、頭部の方はすでに修正不可なところまで出来上がっていたので、無理矢理歪みを押さえ込みました。
頭部にヒビが入っているのはこれが原因だと思われます。

宇宙戦艦ヤマトのときも同じようなことが起こっていたのですが、そのときも無理矢理押さえ込みました(笑)
要するに数を数えるのが苦手なんですね(致命傷)。




久しぶりに制作再開。
もう下半身もほとんどできあがりだな・・・なんて思ってるとトンデモナイことを発見。





質問、ご意見などは掲示板までよろしくお願いします。
「何を作っているのか」という質問はなしでお願いします(笑)


2005年2月分
2005年1月分
2004年12月分
2004年11月分


トップに戻る

メニューが表示されていない方はこちらをクリックして下さい。