Deathstar


今回は積分モデルの基本である球体を作ろうということで練習の意味をかねて制作しました。 裏側まで手抜き無くきちんと作りました。 レーダー部品を基本単位としたので直径26ポッチというやや小さめのサイズになりました。 普通ブロックは灰色ブロック全体の20%ほどしか使いませんでしたが、プレート部品は予想外に大量に使いました。 特に1x2や1x4のプレートに関して言えば、500枚は使いました。

細部をご覧になりたい方は画像をクリックして下さい。
deathstar1
deathstar2
deathstar3
deathstar4
皇帝もダースベーダーも将校も・・・

トップに戻る

メニューが表示されていない方はこちらをクリックしてもう一度入り直して下さい。