B-29 Superfortress



第2次世界大戦中、日本に無差別爆撃・原爆投下等を行った忌まわしき爆撃機です。
日本の「サムライ」たちも迎撃しましたが、B29の搭載する12.7mm機関砲の前になかなか上手く応戦できなかったようです。

オフ会用に制作したものです。アメリカの爆撃機らしく無骨で物量に任せた感じをイメージしてみました。
写真では大きさの見当がつかないかもしれませんが、翼は1m以上の長さがあります。
タイファイターのキャノピーが思わぬところで役に立ちました。先端部分に丸みを持たせるのにも苦労しました。
手に取って見てもらっても大丈夫なようにプロペラ以外は相当な強度になっています。 その分、かなり重くなってしまいましたが・・・
あと最低限のギミックとして爆弾投下用の扉も付けてみましたが、フラップがないことや、タイヤの格納ができないところが惜しいところです。
わかりやすい写真がないのが残念ですが、翼の部分の積分にかなり気合いを入れて作ってみました。

あとから砲塔搭載分を追加しておきました。制作に用いていた写真はが砲塔のないタイプだったのでそっちの方針で作っていたのですが、 主流のものは砲を搭載しているということなので後から追加しました。


細部をご覧になりたい方は画像をクリックして下さい。































全幅43.05m
全長30.18m
全高8.46m
自重31816kg
最大速度587km/h
巡航速度354km/h
航続距離5230km
爆弾搭載量9072kg


トップに戻る

メニューが表示されていない方はこちらをクリックしてもう一度入り直して下さい。